可愛くてエッチな従妹とスリル満点の浮気エッチ・中編

この体験談は約 5 分で読めます。

今までの話は、今から5年くらい前の話。
で、これからするのは、1~2年前の話。

俺には高校から付き合った彼女がいた。
すでにその頃から、彼女とはセックスしたり高校生のくせにラブホテルに行ったりして、かなり性に関してオープンな関係。
だから彼女というよりフィアンセみたいな感じ。
だからセックスは、飽きたって言うと失礼になるけど、飽きた(笑)
お互いにもう知り尽くしてるし。
彼女はいわゆる庶民的な女の子で、可愛い感じだけど美人とは違う。
服はおしゃれだと思う。
だからやっぱり、妻みたいなというか、運命的な関係で萌えとは違う。

俺の兄弟は多く、弟2人に妹1人、そして親父と愛人の子供で俺と同じ歳の姉貴が1人いる。
自慢じゃないけど、自分の血縁は全国レベルで見ると容姿がいいほうだと思う。
なんか顔が整ってて鼻筋が通ってて色が白い。
4年前に義姉を初めて見たときは、すっげー美人だと思った。
うちの妹も、だんだんその義姉に似てきた。
今は高校2年、身長は160センチくらいで、陸上部に入ってて痩せてる。

で、従妹の真理は妹の由衣より1歳年上で、今は妹と同じ高校。
身長は160センチくらい、部活はしてないが普通に美人。
ケバいわけでも地味でもなく、香水をつけてたり髪を軽く染めてるけど不良少女って感じではない。
妹と従妹は容姿も似てて姓も同じだから、高校では姉妹と間違われるらしい。

妹と俺は結構仲がいい。
真理と由衣は、ひょんなことから俺の彼女と知り合って、由衣は俺の彼女とも仲がいいのだけれど、従妹の真理は俺の彼女をあまり好きじゃないようだ。

ところで、従姉の真理とのことだけど、それから何の進展もなかったかというと、答えはNO。
俺は受験があったのでその時は会ってなかったが、大学に入って一人暮らしをはじめると自由な時間も増えて、真理と会うチャンスはいっぱいあった。
残念ながら初めての相手は俺じゃなかったみたいだが、今でも真理は俺に好意を持っている。
それは独占欲とかじゃなく、割り切った好意だと思いたい。

叔父の家、つまり真理の家に勉強を教えに行くこともよくある。
その時、真理と話をするけど会話は普通だ。

真理「ねえ・・・◯◯さん(俺の彼女)とは上手くいってる?」

俺「普通だけど」

真理「普通って何?(笑)」

俺「普通に結婚を考えてる関係だよ。別れることはないだろうな」

真理「仲がいいんだね」

こんな会話から読み取れる通り、俺と彼女は公認の関係。
でも他人には言えない、俺と真理の2人だけの秘密がある。
それは、今もセックスをしていることだ。
真理も、その頃は胸もかなり膨らんでて、体のラインは女らしくなったし、仕草も可愛い。
でも発展途上っていうのかな、成人の女ってわけじゃなく線の細い女子高生。
まだ肉付きが足りないっていうか、太ももとか肩とか華奢。
でも、それが逆にいい味を出してて、彼女とは違って新鮮味がある。

叔父は昼間は仕事に行ってて、叔母さんと真理しか家にはいない。
叔母さんがリビングにいるとき、真理とトイレでセックスしたのは最高だった。
俺が便器に腰掛けて真理が膝の上に乗る感じ。
自分は175センチで身長は普通。
別にデカくも小さくもないが、真理とは体格差を感じる。
俺のカチンカチンになったチンポを真理に入れる瞬間は最高だった。
従妹だからやってはいけない倫理観があったが、それを破る行為は興奮する。
入れるというより、突き刺すとかぶち込むとかのほうが合ってる。
俺のチンポはMAXに勃起してるのに、真理の足はカモシカみたいに華奢で白い。
根元まで入れたら腹の中心まで届くんじゃないかってくらいの差がある。

入れる瞬間はワクワクして、早く入れたいという衝動に駆られる。
入れた後は、やっちゃったーって感じ。

これがいつもの真理とのセックスだが、今回のシチュエーションは比較にならないほど萌えた。
当然、叔母さんがいるから2人とも無言なわけだが、俺は真理にも自分にも見えるようにゆっくり深く刺す。
真理は息が荒くなり、腰がビクビク動きっぱなしになった。
整った顔が淫乱なアへ顔になって、とにかく表情がやらしい。
そのまま真理の手首を握って座ったまま突き上げるようにする。
真理は今ではセックスも上手くなり、女特有のしなやかさで尻を突き出して背中を反らせたような弓なりの姿勢でクネクネとそれに応える。
5分続けばいいほうで、それ以上は限界だった。
普通はコンドームをつけて真理をベッドで抱いたりするが、そのときは生でやった。
しかも2日くらい溜めた精液を思いっきり中に出した。
強い力で体を押さえて突きまくった。
真理も限界に近づいてきており、真理がイク瞬間に合わせて思いっきり中出しした。

真理「ンンンンンンンンー!!!」

それまで経験したことがないくらいに真理はパニクって、仰け反って腰をガクガクさせて目の焦点も定まっていなかった。
顔も真っ赤、意識喪失みたいな感じでぼーっとなってた。
本当は、「あああああああ!!!」って喘ぎ声だったかもしれないが、俺がとっさに真理の口を塞いでトイレを流して絶頂の声を聞こえないようにした。
真理はアソコから潮か失禁かわからないが、液を少し出した。
そのまま5分くらい挿れたまま動かずにいた。
キスしたり、目と目で見つめ合ったり。

引き抜くとき、白いものが真理のアソコから出てきた。
それが俺のチンポと真理のマンコとで、いやらしい糸を引いている。
このとき初めて真理も俺も、(やっちゃった~)と思った。
言葉には出さないけど、そんな空気だった。
幸い妊娠はしていなかったけど、真理が言うには危ない日だったとか。

おそらく、いや絶対に、妹は俺と真理の関係を知っていたと思う。
彼女を実家に呼んだとき、必死に真理の話題を遠ざけていたから。
妹の由衣は彼氏はいないけど、年の割には大人な考えができるやつで、恋愛のなんたるかを知っていたし、周りへの気配りに関しては頭が下がるくらいだ。
だから俺と真理が不思議な恋愛感情みたいなものを持っていることにも気が付いてたと思う。
真理は活発で社交的なタイプだが、妹は冷静で無駄口は言わないタイプ。
でも、あのときは状況が違っていた。

ある日、お盆に親戚で集まる時があった。
うちの家は毎年そういう行事をしているのだが、弟2人は夏休みに遊び呆けて友達と旅行に行ったりしてて家に残ったりはしない。
それは毎年のことで、最終的には俺と妹と従妹の3人で遊んでた。
子供の頃とは違って、2人にもう彼氏がいても不思議じゃない年で、そんな2人と打ち上げ花火を見に行ったり海水浴に行ったりプールに行ったり。
何も知らない他人から見れば、仲のいいカップルに見えてもおかしくない。

俺はこの頃、何の抵抗もなく真理とキスをしていた。
体の関係もすでにあったから。
さすがに妹の前ではしないが、人のいないところではしょっちゅう真理は俺に抱きついたり、キスをねだったりした。

真面目でとっつきにくい雰囲気の妹の由衣とは違って、真理は話してると元気が出てくるというか、少なくとも俺との相性は最高で、日常会話も真理がボケをかまして俺が突っ込みを入れるみたいな。
当時付き合ってた彼女とはまたタイプの違う、笑顔の可愛い女の子だった。
相変わらず体は細いけど、胸はC~Dカップくらいに発育していた。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました