筋肉を鍛えたらエッチな女の子にモテるようになった

この体験談は約 5 分で読めます。

僕は学生時代は特にスポーツをやっていなくてガリガリ体型だったのですが、25歳を過ぎた頃から会社の福利厚生でスポーツクラブに通いはじめて、すっかり筋トレにハマってしまいました。
もともとの筋肉量はほぼゼロの状態でしたが、筋トレをすればするほど結果に結びつき、31歳になった今では過去最高に細マッチョな状態に仕上がり、過去最高にモテています。
筋肉自慢をすると、セックス好きの女の子が寄ってくるようになりました。

僕は筋トレで自分の身体に自信がついてきた頃から、夏はなるべくピタッとしたTシャツを着るようにしたり、タンクトップや胸の開いたシャツで筋肉を強調するようにしました。
そして友達にバーベキューに誘われた時とかは、「暑い暑い」と言って上半身裸になったりしていました。
すると、友達の友達のまだ話したこともない女の子から、「◯◯さんって筋肉すごいですね~」とか「触ってもいいですか~」なんて声をかけられるんです。
で、触らせてあげると一気に距離が縮まります。

そのうちの1人が、会社の後輩の大学時代の同級生、27歳の麻沙美ちゃんです。
麻沙美ちゃんは明るめの茶髪に派手めな顔、ばっちりメイクで、バーベキューにしては気合いの入ったワンピースで来ていました。
上半身裸の僕に対して、「触ってもいいですか~?」と言って上腕二頭筋や胸筋を触っては「わ、硬~い!」とはしゃいできたので、胸筋を触れるときにわざとちょっと身体をひねって、他のメンバーにはバレないように、麻沙美ちゃんに自分の乳首を触らせて反応を見ました。
僕がわざとぴくっと感じたふりをすると、麻沙美ちゃんは「あっ」と手を引っ込めましたが、しばらくすると自分から同じ場所をツンツン触ってくるようになりました。
なんとなくイケそうな気がしたので、連絡先を聞いて種まき完了です。

それからはジムのトレーニング報告のついでに、筋肉質な体を強調した写真を送って、男くさい自分をアピール。
すると麻沙美ちゃんが筋肉を褒めてくれるので、ハートマーク付きのスタンプを返信して距離を縮めていき、最終的には焼き肉をごちそうするという口実で、紹介者の後輩をすっ飛ばして、麻沙美ちゃんを呼び出すことに成功しました。

すでにバーベキューのときにボディタッチ済みなので、初めて2人で会ったのに麻沙美ちゃんの警戒心は少なく、特にこちらからアピールしなくても、頼れる人、男らしい人というイメージで僕のことを持ち上げてくれます。

適度にお酒も進み、飲み気持ちよくなってきたところで、麻沙美ちゃんの方から、「やっぱりすごく硬~い」と身体を触ってくるようになりました。
僕はまた身体をひねって乳首を触らせて、「うっ!」と感じたふりをしつつ、「麻沙美ちゃんって最初からずっと僕のこと誘ってるの?絶対誘ってるよね?」とからかいました。
麻沙美ちゃんは、「そんなことないよ~!ただ触ってるだけ。筋肉を触るのって楽しいじゃん!」と言い張りました。

「もっと触らせてよ~」

「だ~め。麻沙美ちゃんはわざと誘ってくるから」

意地悪を言った後で思い切って、「ホテルでなら触らせてあげるけど」と言ってみます。

「え~、それって◯◯さんが誘ってるじゃん!」

「違うって、触らせるだけだから!俺も筋肉自慢がしたいし!」

そんな会話の30分後には、僕たちはラブホにチェックインして乳繰り合っていました。

「やっぱり硬いよね~。鍛えすぎでしょ~」

「麻沙美ちゃんの腹筋も硬そうじゃん」

「あ、触った!てか、そこ腹筋じゃないし!」

「いいからいいから」

「ちょっと~、おっぱい触らないで!」

「麻沙美ちゃんだって俺の乳首をさんざん触ってたじゃん!」

「それはそうだけど~」

筋トレをはじめる前は引っ込み思案で目立たない男だった僕は、自分でもここまで自然に積極的になれたことに驚いていました。
僕は麻沙美ちゃんのおっぱいをノースリーブのアジアン柄のワンピースの上からモミモミしながら、舌を入れるキスをして、ワンピースの脇や胸元、足首、スカートを捲り上げて太ももの裏側と、あちこちを探っていきました。
僕の方から特別な触り方をしなくても、麻沙美ちゃんの中で僕は“男らしくて逞しい人”になっているので、「あ~ん、いい・・・」とうっとりしながら僕の方にしなだれかかってきて、もう乙女っぽさいっぱいでした。

麻沙美ちゃんも僕の身体を早く暴きたいとTシャツを脱がし、ハーフパンツも脱がされてしまいました。
僕のぴったりしたボクサーパンツはテントを張った状態になっています。
麻沙美ちゃんは僕の上腕二頭筋や背筋、胸筋、腹筋を順番に撫でながら、筋肉に見惚れているようでした。
万歳をさせてワンピースを上から脱がせ、その下に着ていたタンクトップを脱がすと、麻沙美ちゃんはグレーのヒョウ柄の上下お揃いのブラとパンツ姿になりました。

「ワイルドじゃん!やっぱり最初から俺のことを襲うつもりだったんでしょ?」

「襲ってるのはそっちでしょ?」

「なんだと~。じゃあ本気で襲う!」

「きゃ~、こわ~い!」

僕は麻沙美ちゃんをベッドに押し倒し、ブラもパンツもずらして、Dカップくらいのおっぱいの真ん中にある、ちょっと濃い目の褐色の乳首や、小さく整えられた陰毛の奥のおまんこにタッチして、そして探っていきました。
先におまんこの入り口を触って、指に愛液を十分にまとった後で、円を描くようにクリトリスを愛撫。
麻沙美ちゃんの乳首を僕の唾液で濡らし、濡れた乳首を指でこねくり回したり、舐め回したりしました。
わざと音を立てるように刺激するとさらに麻沙美ちゃんの反応は良くなり、「あ~ん、変な気持ちになっちゃう!もうやばい、やばい!」と訴えるような声になって、息遣いも激しくなりました。

「もっとして!もっとして!」

僕はクリを執拗に攻め続けて麻沙美ちゃんをイカせました。
クリイキさせた後で指をおまんこに侵入させ、Gスポットを攻めました。

「アッ、ああっあっ!」

麻沙美ちゃんは今にもイキそうな声を出していました。

「続きはちんこを挿れてからでいい?」

「お願い!お願い!早く、欲しい!」

急かされながらコンドームを装着し、麻沙美ちゃんの両足を思いっきり広げてベッドから腰が浮き上がった状態にして、下から突き上げるように挿入しました。
ちょうど亀頭がGスポットに当たったみたいです。
もともと僕はそんなにテクニックがあるわけでもなく、あまり長持ちしないのはわかっていたので、筋肉キャラでワイルドな印象を持たれているのを利用して、初めからガンガンGスポットを突きまくりました。
突き上げるように2、3分もピストンすると、さっきの手マンでイク寸前まで高まっていた麻沙美ちゃんは、「ああ~!イクイクイク!!」と大きな声を出し、腰を前に突き出すようにしてオーガズムに達しました。
僕もその刺激をペニスで受け止め、脈打つペニスを麻沙美ちゃんの奥に押し込み、根元まで麻沙美ちゃんに包まれた状態で、ドピュピュッとフィニッシュしました。

今まで、女の子の方から寄ってくるほどモテたわけでもない僕が、麻沙美ちゃんのようなエッチ好きな女の子と最初のデートでエッチまで行けたのは、やっぱり日頃の筋トレの成果だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました