会社の同僚7人で混浴体験

この体験談は約 2 分で読めます。

半年ほど前のことだが会社の同僚7人で一泊二日の旅行に行った。

面子は男3人女4人。
全員独身だが俺とTは付き合ってて、みんなも知ってる。

で、旅行の目的は温泉だったんだが、あろうことか混浴。
女たちも最初は文句言ってたが、だんだんノリノリになってきて一緒に入浴することになった。

女たちに「Tの裸見られちゃうねー」とからかわれ、俺は内心あせりつつも、まぁバスタオルを巻くだろうとタカをくくっていた。

そしていざ温泉へ。
平日だったこともあり先客もおらず、俺たちは先に湯につかっていた。

と、そこへ女たちの甲高い笑い声。
脱衣所は別になっていて、濃い磨りガラス越しに4人の人影が。

男2人がひょーっと歓声を上げ、それを聞くと、俺の鼓動も高鳴ってきた。
するとガラス戸がガラガラガラと開き、黄色い塊が・・・。

俺は目を疑った。

女たちはいわゆる軍艦巻きにはしておらず、黄色いバスタオルを両手で肩のあたりに持ち、辛うじて体を隠しているだけだった。
2人はさらに歓声を上げた。
俺は軽いめまいを感じた。

Tを見た。
頼りない暖簾一枚で隠れているそのすぐ下には、あの胸、腰、ヒップ、そして大事なところが・・・。

女たちは湯船の中へ。
うまいもんでよく見えなかった。
湯気のおかげもあったかも。
7人全員が湯船につかり、他愛もない世間話。
男2人も意外に大人しくしていて助かった。
しかし安泰も長くは続かなかった。

K(女番長)がメインの湯船の奥にある小さな湯船に行こうとTを誘い始めた。

Tが仕方なしにコクンと頷くと、Kはガバっと立ち上がりくるりと向きを変えた。
男どもの前にKの大きくて弾力のありそうなお尻が現れた。
2人はまた歓声を上げている。

俺もKの尻に惹きつけられかけたが、そんな場合ではない。
TもKと同じように立ち上がり振りかえって、俺たちの前に、白い丸いお尻を晒すのだ・・・。

俺は頭が真っ白になった。

そんな俺にTはちらっと目線を送り何か言いたげだったが、次の瞬間、彼女は立ち上がり、Kと同じようにくるりと回れ右をした。
見慣れたお尻だった。
右手の甲をお尻の割れ目にあてがい、彼女は歩き出した。
全然隠れていなかった。

残った4人に散々からかわれ、男の一人がTの真似をして汚いケツを披露したときには、本気でぶん殴ってやろうかと思った。

そのあとしばらくして中年男性のグループが入ってきたため女たちは出て行った。
その親父たちに見られることはなかったのでよかったが、あとの女二人の尻は見そびれたのは残念だった。

あのときKに誘われたのがその二人のうちのどちらかだったらよかったのに・・・。