近所のお姉さんに処女のお尻を愛された・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

人妻の私が体験した熟女レズ体験です。

開け放った縁側から田舎道を挟んでサワサワと竹林をなびかせる涼風に頬を撫でられる。
逆さまに見上げる垣根と庇で陰になっていても、午後の日差しはうだるようだった。
肩甲骨まで捲り上げられたワンピースの下、ひんやり気持ちいい畳にシャワーを浴びたばかりの裸の背中を横たえさせているというのに、1本ずつ深々と絡めた指の先までも汗ばみ、ビクンビクンといやらしく背中が跳ねて、その度に彼女にコントロールされる体がきゅうっと芯から引き攣ってしまう。
絡めとられ、解きようのない聡美さんの指は、しなやかでとてもエッチなのだ。
純和風のほっそりした面立ちに柔らかな笑みをたたえ、しっかり右手はあたしと繋いだまま、自由な方の手が下半身めがけてつぅーっと肌を焦らすように蕩けさせるように這っていく。

「我慢しないで。律子ちゃんの声を聞かせて、ね」

「あ・・・あ、あ」

必死で腰を浮かすのに、四つん這いで膝をつく聡美さんからは逃れられず、前後同時に指の腹でふにふになぞられ、柔らかく熱した鋭敏な縁を2本の指で開かれたまま、ぎゅっと我慢してた後ろのすぼまりの周りを揉みほぐされちゃうと、もう頭の中は真っ白。
恥ずかしさと変な疼きで身も心もいっぱいいっぱいになり、朦朧とした意識がさらにドロドロのぐちゃぐちゃになってしまう。
横の座布団には聡美さんのサブリナパンツが上品に畳まれていて、目を瞑っていても鮮やかに焼きついた聡美さんの大胆な姿が脳裏に浮かびあがってしまう。

「いいの。お願い、私を見て?」

「だって、聡美さん・・・大胆で、裸より・・・恥ずかしい・・・」

「主人にも見せたことないのよ。こんな私を知っているのは律子ちゃんだけ」

顔を覆った指の間から恐る恐る薄目を開けるあたしの前で、誘うように聡美さんは腰をよじり、キャミソールの上半身と靴下だけの下半身をふりふりして見せる。
白くたわわに肉づいたお尻の切れこみから覗く、排泄の穴に食いこんだ黒々した栓。
そして、そこから垂れさがるリングの取っ手がぷらんと揺れていた。

「律子ちゃんも私と同じで。ここが感じすぎてヒクヒクしてるじゃない?」

「ダメ、ダメです・・・汚いですから、お尻なんて・・・弄らない、で・・・」

「あら?」

不思議そうに首を傾げ、それでも愛撫をやめずにあたしの反発を喘ぎ声で封じながら、聡美さんはチューブのような物から自分の手にたっぷりとジェルを塗りつける。

(まさか・・・)

そう思い、ぞくっと全身をこわばらせて身構えたあたしを見て、それでもほんのり頬を上気させただけの聡美さんは、逃げだそうとしないあたしの無抵抗な反応を楽しんでいるようだ。
でもあたしだって、ほとんど恋愛というか崇拝に近い憧れを持っていた人に迫られて、拒絶できるほどの勇気なんかなく・・・。

「分かるわ。初めて人にされるときは怖いし、恥ずかしいし、嫌がって当然よね」

「さ、聡美さん・・・?」

「でもその拒絶感があればこそ、一度、挿れられちゃうと狂ったように燃えちゃうの」

「あたし、そんな・・・変態じゃ・・・」

「素直じゃないのね」

「お尻はすごいのよ」なんてぞっとする台詞を口にして、そして不意に聡美さんから貞淑な人妻の雰囲気がさっと拭い去られた。
目が少し冷え冷えしている。

「だいたい律子ちゃんも楽しんでたじゃない。昨日、このプラグで。この間から便秘の薬を使っているのも、そっちのための嗜みからでしょう?」

「そんなっ、どうしてそれを・・・」

「ほら。律子ちゃんだって私と同じ。お尻で楽しむことができるんだから」

彼女の下腹部から垂れ下がるリングに目が吸い寄せられ、どくんと心臓が弾む。
動揺した、一瞬のことだった。
ジェルまみれの指先がするりとお尻の谷間に滑り込み、力を込めていた括約筋のすぼまりをこじ広げたかと思うと、呆気なく、つぷんと侵入してしまったのだ。
異物感に瞳孔が広がり、あたしの体は弓なりに跳ねあがってしまっていた。

「あっ、は、ひッ」

息が詰まって喘ぎも出せず、すっぽり第2関節まで楽々とあたしを犯す聡美さん。
その聡美さんの指を、あたしの下半身がちぎれるほどに食い締める。

うそ、どうして、こんなことに・・・。
夢よ、きっと・・・。
夏休みだから避暑に来ただけなのに・・・。
あたし、聡美さんにお尻を犯されてる・・・っ!

ご近所だった聡美さんとは家族ぐるみの関係で、やさしい笑みと控えめな物腰に憧れたあたしは、彼女をお姉さんのように慕い続けた。
だから、結婚したばかりの聡美さんから、「夏の間だけでも遊びに来ない?」と誘われた時なんか、家族にからかわれるほど舞い上がったのだった。

結婚式でお見かけした旦那さまはやっぱり優しそう。
連れ子の健太君も人懐っこい子で、毎日朝から健太君と野山で遊び、午後は予備校の教師の経験がある聡美さんに付きっきりで宿題とか勉強とか教わり、のんびり避暑していたのだけど・・・。
その一昨日の午前中、留守番を任されたとき・・・あたしは、見てしまったのだ。

むっと熱気の篭った聡美さんの部屋。
夏日に晒された机、探してた宿題のプリントの陰に転がる、黒々した大人のおもちゃ。
正直ショック・・・だったと思う。
だって新婚なのに、こんな器具なんかって・・・。
頭がぐるぐるして、怯えた目を周囲に配り、ひとりきりの静寂にじっとりと体を包まれ、あたしは重苦しさに汗を滲ませていた。

節電のためなのだろう、クーラーを切られた部屋で訳もなくそれを握る聡美さんの手の幻があたし自身の手に被さり、ごくりと唾を飲む音にびくっとして、それが自分の喉の音だと気がついて、ドキドキしつつも、でも知識だけは知っていたから、ぼんやりそれを手に取って、濡れてもいない逆三角錐の先に指を這わせ、そして、それから・・・。
あたしは、やっちゃいけないことをした。

朦朧とした感覚にカラダを支配され、まるで幻の指に導かれるみたく、小さなプラグの先に唇を寄せ、丸めた舌先でねっとり湿らせていったのだ。
なんでだろう、おかしなことなのに、いけないことなのに、あたしは明らかに興奮していた。
もどかしくワンピースの裾を摘み、それを口で咥えたまま、もう十分に潤っていた雫に少しだけまぶして・・・つぅーと這わせた禍々しい異物を、お尻に、ちゅぷんと埋めていたのだった。

お尻でのオナニーを覚えたのは割と早くからだった。
1人で慰める方法を知りたての頃、弾みで割れ目の奥に指が刺さり、泣きそうなほど痛かったことがあってから・・・。
でも、それ以上に、いけないところ、普通じゃないところの刺激であそこがドロドロになっちゃうという変態っぽさに溺れていたのかもしれない。

だから、お尻でのオナニーは後ろめたさ裏腹だった。
いけないと思えば思うほど体が燃え上がってしまうのだ。
前は、たまにクリトリスを刺激する程度、めったに弄らないし、そんなに方法も知らない。

聡美さんの密かなおもちゃがアナル用、しかもミニサイズだと見ただけで判別できたのもそういう理由からだった。
もちろんあたしは持ってないけれど、大人のおもちゃにはずっと興味があった・・・。

軽く指で穴の周りを解すと、お尻はあっさりプラグを飲み込み、エラの張ったカサの硬さにゾクゾクっと立ったまま軽くイッちゃったあたしは、その日1日、抜き方さえ忘れて、ちょうどいい食い込み加減のプラグを甘くきつく噛み締め続け、異物感に夢中になってヒクヒク震えていたのだった。

必然、その日は聡美さんの顔をまともに見られず、軽くお尻を叩かれただけで飛び上がった。
でも、こっそりプラグも洗って返したし、ひとときのエッチ体験は絶対にバレていないはず、なのに・・・。

1日空けた今日、裏山から戻って健太君とお風呂で汗を流し、彼が塾に出かけたあとのマンツーマンのお勉強会は、どこかドキリとする濃密な気配を漂わせていた。
開け放った縁側で、あたしを見つめる聡美さんは、いつになく色気をしっとりと滲ませ、解説のたび額がくっつくほど顔を寄せてくるのだ。
ドギマギしっぱなしのあたしは、きっと赤い顔をしていたと思う。

「その問題が解けたら休憩ね。ご褒美あげるわ」

(なんだろ、ご褒美って・・・?)

胸を昂ぶらせつつ、うだる熱気の中テストが終了した。
そうしたら聡美さんが回り込んできて、背中から手を伸ばして採点をはじめちゃうから、人妻の熟した胸の感触に耳まで赤くなる。

「84点。合格ね。よくできたわ、律子ちゃん」

「ひゃっ、さ、聡美さ・・・」

耳元にふう~と息をかけられて、ゾクゾクっと飛び上がって抗議しようと口をすぼめたとき・・・聡美さんの燃えるような唇が重ねられ、あたしは吐息を奪われていた。
その瞬間に思ったのは、(嫌だ)でもなく、(女同士でキスなんて汚い)でもなく、(温かくて柔らかくて力が抜けちゃう・・・)という甘美な実感ばかりだった。
舌先と舌先がざらりと擦れた途端、そのあまりのいやらしさに頭がショートし、くなくなっと力の抜けた身体はくるんと反転させられ、あたしは畳に押し倒されていた。

「ご褒美よ・・・。ううん、ご褒美をもらっちゃうのは私の方かしら」

「は、はふっ、あに、あにを」

ようやく唇を解放されて呂律もまわらず、でも聡美さんにエッチなことをされているという事実は、本当は痛いほど認識できていたから、相反する感情に裂かれてあたしはどっちにも動けなかった。
鮮やかな手つきで白いワンピースを剥ぎ取られ、初めて他人の指による愛撫をカラダに許し、経験豊かな指先に思う存分翻弄されて、とうとうこんなにも爛れたカラダにされてしまったのだ。

「お尻、いいでしょう?ゾクゾクしない?どう動かされるか分からないものね」

「ふぁ、ふぁぁぁ。だから、あたし、何のことか全然・・・」

「ほーら、どう?」

「あはぁっ、ヒァ、んきィィ・・・!!」

まるで三歳児の泣き声だ。
きゅうきゅうと繊細な指でアナルを掻き回され、快感をこらえる最後の防波堤か何かのように握りあう聡美さんに指をきつく食いこませ、自分から最初に手を差し伸べて指を絡めたことを思い出し、さらに耳まで赤くなった。

「プ、プラグって、あたし知らない・・・」

あたしの抗弁を聡美さんが薄い笑みで受け流す。

「甘いわ、律子ちゃん。だってあれは律子ちゃんを試すためにわざと置いたんだから」

「え、あっ、はふぅうン」

「うふふ、頑張り屋さんね。可愛いわ。虐め甲斐があるもの」

ドキッとする言葉にすくむのも束の間、ぐりぐりっと指が腸壁、穴のすぐ裏をえぐるように弄って、たったそれだけで口が半開きになっちゃう。

(信じられないけど、いい・・・)

全身からドバっと冷や汗が吹き出して、割れ目がドロドロになっちゃう・・・。

「昔から好きだったの、律子ちゃんのこと。私、本当は女の子が好きなの。こういう意味」

「ひっ、はひ、あ、ひ」

「だから律子ちゃんに引かれる覚悟でね、誘いをかけてみたのよ。まさかアナル経験者だとは思ってなかったけど(笑)」

クリクリと指であたしを操り、妖しくねっとり視線を絡めてくる。

聡美さん、ほ、本気だよ・・・どうしよう・・・。
あたし、あた、しっ・・・こんなに弄られて、もう、後戻り・・・。
ううん、欲しい!

あたしのカラダは薬でも盛られたみたいに疼いていた。

<続く>