泥酔した母の白いブラと小さな胸の谷間に興奮して

この体験談は約 3 分で読めます。

母とした事実・・・。
時が経つにつれ、あの日、あの夜に起きた出来事は夢だったのかなと思うようになりました。
でも、今でも鮮明に覚えています。

その日、母は友達との飲み会で、自分は車で迎えに行く約束をしていました。
23時すぎに携帯に電話があり、出ると母の友達からで、迎えに来てくれのこと。
行ってみると、母はかなりの泥酔状態でした。
苦労して家まで辿り着き、ソファーに寝かせても一向に起きる気配はありませんでした。

その時まで考えもしなかった出来事がありました。
母のブラウスのボタンの間から白いブラジャーが見えたのです。
それだけで興奮してしまいました。

(もっと見たい)

そう思い、ブラウスのボタンを2つだけ外しました。
小さな胸の谷間にさらに興奮しました。
そうなると乳首も見たいとなります。
ブラジャーを持ち上げて、たぶん自分が赤ちゃんの頃に吸ったであろう乳首を見て、しごいていました。

起きる気配がまったくないことをいいことにスカートを捲りました。
パンティーを見た時には、すでに理性というものは、まったくなかったのだと思います。
母の足の付け根辺りからパンティーを持ち上げるようにしてずらし、毛で覆われている縦筋を見た時には頭がクラクラするほど興奮しました。
気がつけば、匂いを嗅ぎ、舐めていました。

それからの行動は早かったと思います。
母が起きないように最大限の注意を払いながらパンティーを脱がすことに成功しました。
もう挿入することしか頭になかったと思います。
今考えれば、無謀であり、あり得ない行動だと思いますが、あの時は、起きてしまった時の言い訳を考えながらも、挿入するという目的しか頭になかったと思います。

肉棒に唾をたくさん塗りつけて、ゆっくりと母の性器に宛てがい、挿入を試みました。
意外にもスムーズに入りましたが、あくまでもゆっくりと挿入し、奥まで辿り着きました。
なるべく母の体を動かさないように、起きてしまわないかと顔を見ながら腰を振ると、1分ともたずに射精してしまいました。

過ぎ去る快感と共に恐怖感が襲ってきて、すぐに私は抜きました。
初めての中出しだったというのもあり、ザーメンがあんなに母の膣から溢れ出てくるとは思わなかったので、かなり焦りました。
本当はすぐにこの場から離れたいのに、証拠隠滅のため、ザーメンを拭き取りました。
もうザーメンが出てこないことを確認して、パンティーを穿かせました。
そして逃げるようにして、その場を離れました。
部屋に戻り、冷静になるとさらに怖くなり、またザーメンが溢れ出てないかと心配になりました。
30分ほど経った頃、母の所に戻り、またパンティーを脱がして確認しました。

次の日、母と顔を合わせた時に、「昨日はありがとうね」と普通に言われた時の安堵感は忘れられません。
完全犯罪が成功したと思ったと同時に、もっとしておけば良かったと思いました。

タイトルとURLをコピーしました