自分が産んだ息子に中出しされる背徳の快感

この体験談は約 3 分で読めます。

私は37歳で、主人は5つ年上の42歳。
そして15歳の息子がいる3人家族です。
主人はエンジニアリング会社に勤めるサラリーマンで、月のうち半分は出張でいませんが、寂しいと思ったことはありません。
それは、もともと私は淡白な性格でセックスがそれほど好きではなかったのと、主人とは性格が合わなかったからだと思います。

ところが半年ほど前、私は息子と間違いを犯してしまったのです。
私は少しも知らなかったのですが、以前から息子は私のパンティーを使って手淫をしていたそうです。

そのとき、私はテレビを観ながらうたた寝をしていました。
息子は私の寝姿が扇情的だったからだと言いますが、私は太ももまで露出しており、横になって寝ていた私を仰向けにするだけで股の奥まで見通せたそうです。
息子は寝ている私に夜這いを仕掛け、パンティーをハサミで切り裂き、性器の匂いを嗅いだり、弄り回したりしたそうですが、私は少しも気がつきませんでした。

私が気がついたのは息子が挿入しようとしていたときで、膣にペニスをあてがっていました。

「たかし、やめて!だめよ!よして!」

私は精一杯抗いましたが息子の力には敵いません。

「母さん、いいだろう。1回だけだよ。お願いだから」

息子は興奮して声がかすれていました。

「だめよ。許して、お願い、たかし」

私と息子はそんなことを言い合いながら揉み合いましたが、とうとう挿入を果たされ、近親相姦してしまいました。

「母さん、ごめん」

挿入されたとわかった途端、抵抗する力が急速に失せてしまいました。
私の性器は溢れ出る愛液でヌルヌルになっており、息子の硬く逞しいペニスが膣内を占領していたからです。
息子は思いつく限りの言葉で快感を訴え続け、程なく射精してしまいました。
私も物凄くいい気持ちで、うわ言のように快感を訴えたそうですが、よく覚えてはいません。
私は主人と結婚して16年になりますが、こんなにセックスが気持ちよかったのは初めてでした。
そして1回きりのはずが、息子はそのときだけで6回も射精しました。
私も気持ち良くて良くてどうしようもないほどで、何度もアクメを経験しました。

それからというもの、夜昼関係なく暇さえあれば母子相姦をするようになってしまいました。
私が生理になったときには口でやり、1日も欠かさず性交しています。

それから3ヶ月、体調の変化に気がつき、昨日産婦人科へ行ってきました。

「お医者さんの話では3ヶ月だそうよ」と主人に電話で話すと、「おめでとう。ぜひ産んでくれ」と言いました。

しかし、お腹の中にいるのは主人の子ではありません。
間違いなく息子の子ですが、主人は自分の子だと思っています。
息子にはまだ話してはおりません。
嬉しいような怖いような複雑な心境ですが、子供は産もうと考えています。

現在も息子との母子相姦は続けており、やめる気はありません。
自分の産んだ子の精液を飲んだり、膣の奥深く射精されるのはたまらなくいい気持ちで、一度やったら絶対にやめられません。
主人とは今もアリバイを作るために夜の営みはありますが、本当はやりたくありません。
私はこのように罪深い妻であり、母なのです。

タイトルとURLをコピーしました