海辺で会ったお姉さんの白いお尻

この体験談は約 6 分で読めます。

子供の頃、梅雨入りする前くらいの時期に、家族旅行で海辺の大きなホテルに泊まった。
普段は海から遠く離れた場所に住んでいるから単純に嬉しくて、「散歩してくる」とだけ伝えて、1人で広々としている砂浜の波打ち際を遠くまで歩き回った。

その日は、天気もいいし、日差しは強いけども、それほど暑くない。
海風が心地よくて、ただ海を眺めて歩いているだけで楽しい気分になった。
この辺は観光地みたいだけど、海水浴のシーズンではないこともあって、まだ人はほとんどいない。
それでもよかった。
学校嫌いだった僕は、このまま帰りたくないと思っていた。

しばらく1人で歩いていると、かなり遠くまで歩いてきてしまったので、日はまだまだ高いものの、そろそろ戻ることにした。
今度は砂浜ではなく、近くに見つけた階段を上がって、海岸の歩道を歩いてきた道を戻っていくことにした。

来るときは何も気にしていなかったのだけども、海岸沿いの傾斜地に海を見下ろすようにおしゃれな造りの白い家が建っていた。
ちょっと派手な雰囲気のきれいなお姉さんが、広めの庭に作られたウッドデッキ内で洗濯物を取り込んでいた。
お姉さんは、きりっとした眉に、細身で薄っすら茶色がかった髪を後ろでお団子にくくっており、服装は、胸元が開いて袖のない、膝くらいまでの長さの裾がひらひらした感じの白の薄いワンピース。
だけど、ここの家に住んでるの人なのかなってくらいのもので、そのまま通り過ぎようとしたら、急に強い風が吹き上がって、裾がすごい勢いで腰の辺りまで一気に捲りあがった。

お姉さんは下着を穿いていなくて、裸の白いお尻が丸見えになった。
お姉さんは『あらっ!』って感じで慌てて後ろを押さえているのだけど、風はまだ吹いたままで、全部隠し切れずに、お姉さんの裸のお尻の割れ目が少し見えたままだった。
風が収まった後も、僕はつい、目に飛び込んできた大人のお姉さんの白くてきれいな丸出しのお尻にじっと見惚れてしまった。

(女の人の裸のお尻・・・)

僕は何度も心の中で呟いて、どぎまぎした。
クラスの女の子の下着なんてものじゃなくて、きれいなお姉さんの裸のお尻。
眩しいくらいに白くてきれいな大人のお姉さんの裸のお尻。
子供の僕には刺激が強くて、すぐに勃起してしまった。

その後、すぐにお姉さんと目が合ってしまい、僕に気付いたお姉さんは裾を押さえたままの姿で、僕を見て楽しそうに笑っていた。
僕はすごく恥ずかしくなって、どうしたらいいのかわからず、その場であたふたしてしまって、迷った挙句、やっと逃げようとした。
逃げ足には自信はあったけど、勃起してるから上手く走りだせない。
そうこうしているうちにお姉さんは笑いながらこちらにやって来た。

「どこに住んでるの?この近く?」

お姉さんが聞いてきた。
僕は旅行でここの近くに泊まっていると答えた。

「そう・・・」

ちょっとの間の沈黙。

「それで、お姉さんのお尻見ちゃった?」

別に怒った様子はなかった。
でも恥ずかしいから黙っていたら、お姉さんはにこにこと笑いながらお尻をこちらに向けるようにして、少し裾を捲った。
つい見たくて前のめりになって見つめたんだけど、見えそうで見えなかった。
勃起したままなのが恥ずかしかった。
お姉さんは、僕が真っ赤になって戸惑ったり、勃起を隠すために前屈みになってるを面白がっているみたいだった。

「もう1回見たい?」

そう言って僕を庭の中へ連れて行った。
傾斜地に作られたちょっと広めのウッドデッキからは海や海岸が遠くまで見渡せた。
しばらく海岸に見惚れていたら、「こっちを見て」とお姉さんが言った。
僕が振り向くと、塀に手をついて僕を見ながらお尻を突き出して裾を掴んでいた。
そして、ゆっくりと持ち上げ始めた。

僕はお姉さんのお尻の前までくると、食い入るように見つめていた。
背の高さの加減で、ちょうど目の前にお姉さんのお尻があった。
お姉さんは、ゆっくりと裾を持ち上げていった。
お姉さんのお尻の割れ目が見えだした。
ちょっと収まっていたはずの勃起がまた始まった。

お姉さんは一度手を止めた。
僕はもっとよく見ようと顔をお姉さんのお尻に近づけた。
と思ったら、お姉さんは一気に裾を捲り上げた。
下着を穿いていないお姉さんの白くてきれいな裸のお尻が丸見えになった。
先ほど見えた、もう1回はっきりと見てみたかったお姉さんの裸のお尻が目に飛び込んできた。

僕はすっかり興奮して、勃起を隠すために前を押さえながら、はあはあって呼吸しながらながら、お姉さんの生のお尻に見入っていた。
僕が前を押さえていると、お姉さんは笑いながら「可愛い」と言ってくれた。
恥ずかしかったけど、嬉しかった。
触れるくらいに顔を近づけていたから、僕の「はあっはあっ」っていう呼吸がくすぐったかったのか、お姉さんのお尻がプルプルと揺れた。

「触っていいよ」

僕はお姉さんのお尻に手を伸ばしてぐっと掴んだ。
すごく柔らかかった。
何度も掴だり揉んだりしてるうちに興奮しきってしまった。
間近に裸のお尻があることで我慢でなくなって、僕はお姉さんのお尻に抱きついた。
そのまま甘えるみたいにお尻の肌に何度も頬擦りして、キスをして、顔をうずめた。
お姉さんの白くて柔らかいお尻の感触が気持ちよかった。
そして僕がこんなことしても、お姉さんは嫌がることも怒ることもしなかった。

お姉さんは少しずつ腰を下げていくと、地面にうつ伏せになるような格好になった。
僕もそれに合わせて体勢を落として、引き続きお尻に顔をうずめた。
そうやって散々お尻の肌に頬擦りした僕は、はあはあ興奮しながら、這いずるようにしてお姉さんの腰の辺りまで移動して後ろから抱きついた。
抱きつきながらズボンを脱いで、お尻の肌に勃起を押し当てた。
オナニーするみたいにお姉さんの裸のお尻に何度も体重をかけて、グニグニって勃起を押し当て、時間をかけてゆっくり腰を動かして気持ちよくしていった。
柔らかいし張りがあって、このままずっと押し付けていたかった。

お姉さんはうつ伏せのまま、お尻に押し当ててオナニーしている僕をくすくすと笑っているみたいだった。
射精するまで続けて、僕の喘ぎ声と一緒にたくさんの精子が出て、お姉さんの白くてきれいな生のお尻にかかった。
すごい恥ずかしいことをしてしまったけど、道路側にはちゃんと塀があるから、誰かに見られる心配はなかった。

お尻に抱きついて果てた僕を、お姉さんはゆっくりと体を起こして、落ち着くまで抱き締めてくれた。
海風と、お姉さんの胸の感触がすごく落ち着いた。

「ありがとう。お姉さんと遊んでくれて。お姉さんは1人だから。君みたいな素直な子と遊べて楽しかった」

そう言ってくれた。
なんだか寂しそうだった。

帰り際に、僕が好きなお菓子がたくさん入った袋をくれた。

「僕は学校にも仲のいい友達がいないし、お姉さんみたいに笑って声をかけてくれる人もいない。だからもっとお姉さんと色んなことしたかった。普通に遊んだりもしたかった・・・」

僕がそう言うと、お姉さんは何も言わずに頭を撫でてくれた。
そして「ほら、頑張って」と、わざと色っぽい感じで言いながら、僕のすぐ目の前でもう1回、裸のお尻をゆっくりと突き出して見せてくれた。
僕はもう1回、裸のお尻に抱きついた。
お別れするように、お姉さんのお尻を撫でて掴んで頬擦りをしてキスして舐めた。
お姉さんのお尻がプルプルと揺れた。

「自信を持ってね。そして、元気でね」

「ありがとう、お姉さん・・・僕、元気でいるから、お姉さんも元気でね・・・」

いつの間にか半泣きになっていたからハッキリと言えなかったけど、お姉さんは嬉しそうに笑っていてくれた。
まだ日は高かったけど、僕は逃げるように走った。
振り向いてお姉さんを見たかったかったけど我慢した。
なぜか、このまま帰らないといけないって思った。

そしてホテルの部屋に帰った。
その夜はお姉さんを思い出しながら、こっそり何度もオナニーして、もうあのお姉さんとはこれっきりなんだなって思って、1人で泣いてた。

僕はすっかりお尻が好きになってしまった。
お姉さんを思い出してのオナニーはもちろんのこと、これ以降は、クラスの女の子のお尻にも見惚れるようになってしまった。
ほとんど、それだけのために学校に行っていたようなものだった。
他にも、お尻を自慢に思っている女の子がいたら、それとなく褒めてあげた。
相変わらず学校嫌いは続いたけど、ちょっとずつ頑張るようにした。

お姉さんのことは、さすがに今は気持ちの整理はついているけど、それでもちょっと寂しい。
どういう人なのかは子供だっかたらわからないけど、少なくとも僕に何でもいいからやってみることで道が開けるかもしれないという、ちょっとだけ自信をくれた人だった。
大興奮の思い出もくれた。

僕は大人になってからも、挫けそうになるとお姉さんのこと考える。
そして時々だけど、お姉さんのお尻を思い出してオナニーをしている。
今でもすごく興奮するし、気持ちがいいから、オナニーするといっぱい出る。

タイトルとURLをコピーしました