友人の妻を夫婦の寝室で犯す状況に激しく興奮した

この体験談は約 4 分で読めます。

入社して1年が経った頃、同期入社の友人Tが結婚しました。
それを祝うため、みんなで盛大にパーティーをしました。
その席上、私は花嫁である麻里さんに初めて会いました。
同期入社と言っても、高卒の私と大卒で2年浪人している友人Tとでは年が6つも違います。

麻里さんはTより3つ年下、私より3つお姉さんでした。
美人でした。
芸能人で言うと、和久井映見さんの背がもう少し高くなった感じ。
その上、気さくで優しい麻里さんに、私は人目で魅了されてしまいました。

それから半年くらい経ったある休日の午後、私は、田舎から送ってきた果物をお裾分けに持って行きました。
それまでも麻里さんの顔を見たいがために、口実を作っては度々友人Tの家を訪れていましたので、随分麻里さんとも親しくなっていました。
その日も笑顔で迎えてくれ、すんなりと家に上げてくれました。
Tは、居ませんでした。
前日から2週間の予定で出張中とのことでした。

色々と話をしました。
でも新婚生活の話になると、少し麻里さんの顔が曇るのがわかりました。
Tが残業が多くて帰りも遅いことは前から知っていました。
麻里さんの話では、仕事の疲れからか結婚して以来、Tはほとんど麻里さんとセックスしていないようでした。
それよりも麻里さんが気にしていたのが、Tの独身時代の女性関係のことでした。
麻里さんと結婚する寸前まで、もう1人付き合っていた女性がいたことが結婚してからわかったらしいのです。

少し涙ぐんでいる麻里さんを私はそっと抱き寄せました。
少しの間見つめ合い、唇を重ねました。
麻里さんは抵抗しませんでした。
その場に押し倒し、服を1枚ずつ脱がせると、私は息を呑むほど綺麗な麻里さんの体にむしゃぶりつきました。
形のいい乳房を思い切り堪能した後、股間に顔を埋めていじめ尽くしました。
念入りに時間をかけて舌で秘部を舐め尽くしました。
同時に乳房を揉み、乳首を転がします。
可愛い鳴き声を上げながら、麻里さんは立て続けに絶頂へと昇りつめていきました。
体を思い切り反らせ、髪を振り乱して喘ぎ続けています。
秘部に張り付いている私の口の中に、溢れ出た愛液が洪水のように流れ込んできます。
私はそれを残らず飲み尽くしました。

30分余りの時間、私は麻里さんの股間を舐めまくり、指で膣の中を掻き回し続けました。
激しく指をピストンし、クリトリスを舌で転がしながら麻里さんのGスポットを擦り続けました。
麻里さんは悦びの声を上げながらイキ続けていました。
私の頭を抱え込み、腰を迫り上げて股間を押し付けてきます。
そのうち指と舌だけでは我慢できなくなったのでしょう。

「お願い!入れて!」

そう麻理さんは叫んでいました。
私は麻理さんをいつも夫婦で寝ているベッドの上で犯してみたくなりました。
麻理さんを抱き上げると、そのまま夫婦の寝室へ運びました。
私は麻理さんの足を肩に担ぐようにしてのしかかりながら、麻理さんの望み通り、勢いよくペニスを突き立てました。

「あああああっ!!イクっ!!イッちゃう!!」

ペニスを動かし始めてすぐに麻理さんはイキました。
私は麻理さんの唇を貪るように吸いながら、夢中でペニスを突き入れ続けました。
両手で乳房を揉みくちゃにしながら、速く、遅く、強く、弱く、リズムを付けてペニスを打ち込み続けます。
いつも夫婦で使っているベッドの上で友人の妻を犯しているその状況が、私を異常に興奮させていました。
私は、その体位のまま延々とペニスを突き入れ続けました。
一度目の射精を終えるまで、麻理さんの快感に喘ぐ顔を見続けていたかったのです。
麻理さんは私が最初の射精を迎えるまで、間断なくイキ続けていました。

私が一度目の精を麻理さんの中に注ぎ終えたとき、麻理さんはあまりの快感に気を失ってしまったようでした。
でも私はまだ満足していませんでした。
気を失っている麻理さんの股間から私の精液が流れ出てくるのを見たとき、私の中に再び力が満ちてきました。
すぐにペニスは元の大きさを取り戻していました。
気を失っている麻理さんの腰を引き付けると、再びペニスを埋め込みました。
そして今度は力任せに突きまくりました。
麻理さんはすぐに目を覚ましました。
そして、また声を上げながらイキ始めました。

その日、昼過ぎから始まったセックスは外が暗くなるまで続きました。
休憩を少し挟みながら、私は麻理さんの中に5回射精しました。
あまりに快感が激しすぎたのか、麻理さんは腰に力が入らないようでした。
しばらくベッドに横たわったまま動けない麻理さんと抱き合ったまま、いつまでも唇を求め合っていました。

「明日も来てくれる?」

帰ろうと着替えている私に、裸のままでベッドに横たわりながら、麻理さんはそう言いました。
言われるまでもなく、毎日でも来るつもりでした。

それから友人Tが帰ってくるまでの2週間、平日も休日も麻理さんのところに通い続け、毎日セックスし続けました。
3日目くらいには麻理さんも積極的になり、自ら私の上に跨がって腰を振るようになっていました。

当時、私はもう1人の人妻、美和さんとも付き合っていました。
2週間の中には、美和さんのところでセックスした後、少し時間を置いて麻理さんのところへ通う日もありました。
結構ハードな2週間でしたが充実していました。
友人Tが帰ってきてからも麻理さんとの肉体関係は続きました。
週に2度ほどのペースで関係を続けました。

それから3年ほどして、友人Tは会社のプロジェクトのメンバーとしてアメリカに行きました。
麻理さんも一緒に行ったため、そこで私たちの関係は終わるはずでした。
しかし、はじめは無期限のはずだったそのプロジェクトが突然5年で中止になり、プロジェクトのメンバーもその家族も帰ってきたのです。
私たちの関係が元に戻るのに時間はかかりませんでした。
麻理さんが日本に帰ってきてから1週間後、私たちは連絡を取り合ってラブホテルで落ち合い、お互いの体を貪り合いました。

そして、その関係は今でも続いています。
お互いに家族が出来たこともあって昔ほどは会えませんが、月に1、2回は郊外のホテルで会うようにしています。

タイトルとURLをコピーしました