合宿の夜、女子の部屋に遊びに行ったら童貞卒業できた

この体験談は約 5 分で読めます。

高校生の時に部活でエロ体験をしました。

あれは夏休みの合宿の時。
トレーニングで疲れていても、健全な男子高校生が夜になると気になるのは、やはり女子の部屋。
というわけで一番仲のいい女子2人の部屋にお邪魔しちゃいました。
この合宿ではお風呂は各部屋で個人個人で入る制度。
僕はAちゃんとNちゃんの部屋に行ったのですが、たまたまそのときNちゃんはお風呂に入っていました。
2人とも可愛くて彼氏はいませんでした。

Aちゃんは、「◯君なら大丈夫だよ」と言ってくれたので、とりあえず2人で話してました。
可愛いNちゃんのことを正直狙ってる、なんていう話もしてました。
するとNちゃんはお風呂から上がってきました。
まさか僕が遊びに来ているとは知らないNちゃんは、タオルを1枚を巻きつけただけの格好で出てきました。

「えっ?」

僕もNちゃんも焦ってしまいました。

「遊びに来てたんだ・・・」

なんだか険悪なムード。
白いバスタオルだったので股間の部分が少し透けて黒く見えました。
しかし優しいNちゃんは、「着替えたいから1回トイレ入ってて」と言いました。
部屋から追い出されなかっただけでもラッキー!
僕は言われた通り、すぐトイレに入りました。
と言ってもトイレとお風呂がくっついたタイプのやつです。

(ここでさっきまでNちゃんが全裸だったのか・・・)

とか考えてしまって、僕の股間はフル勃起!
これからの展開に期待しつつ、トイレで待ってました。

次はAちゃんがお風呂の番のようです。
Nちゃんが着替え終わると、僕と交代でAちゃんがお風呂に入りました。
その時、Aちゃんもタオル1枚!
大胆なタイプの子だとは知っていましたが、もはや誘ってるとしか思えませんでした。
Aちゃんは巨乳なので、バスタオルの上から茶色っぽい部分(乳首)が透けて見えました。

さて今度はNちゃんと2人きりです。
緊張でガチガチでしたが、Nちゃんは何事もなかったように話しかけてきました。

「◯◯君、女子の部屋に来るのはいいけど、お風呂中はNGだよ」

「うん、気を付ける」

なんて会話をしていました。

するとNちゃんが、「でもさ、やっぱ男子っておっぱいとか興味あるんだよね?」と聞いてきました。

(なんか、いつものNちゃんじゃない!これはもしや・・・!)

エッチな展開を期待してしまいます。

「まぁね。特にNちゃんみたいに可愛い女子のはね」

と、アピール!
あとで思うとやりすぎだったかも。

「またまたぁ」

なんとか気まずい雰囲気にならなかったので、さらなる攻めに!

「お世辞でも冗談でもないよ!」

「じゃあAと私だと、どっちがいい?」

「正直に言うよ・・・Nちゃん」

ほぼ告白みたいなことになってしまいました。
すると!

「ほんと!じゃあ特別に・・・」

なんとNちゃんは上半身を脱ぎ始めました。

(まじか!)

と思っていると、ガチャッとドアが開く音。
Aちゃんがお風呂から上がったようです。
もちろんタオル1枚で。
もう僕の股間は破裂寸前です。
Aちゃんがそのままの格好でこっちに来ました。

「N・・・なんで脱ぎかけなの?」

なんだか不思議な空気に。
このとき、2人を見てて思った素直な感想は、(お風呂上がりの女子っていいな!)でした。

話を戻します。

Aちゃんが、「私も着替えたいんだけど」と。

またトイレに行こうとすると、「えっ!?」と声を漏らすNちゃん。
Aちゃんのタオルが取れました。
僕はガン見。
ベールに包まれていたAちゃんの身体!
後で聞いたところ、おっぱいはDカップでした。
乳首は茶色っぽい感じです。

「あのね、さっきお風呂で◯◯君に見られるとこを想像してたら我慢出来なくなっちゃった」

なんてAちゃんが言うので、もう興奮はMAX!
そのままエッチしたい気分でした。

「A、男の人に裸を見せんのって初めてでしょ?」

Nちゃんはまだ信じられなそうに聞いてます。

「もちろんだよ。でもね、◯◯君なら・・・えっと・・・見て欲しかった」

Nちゃんも脱ごうとしてたのに、先に脱いだのはAちゃん。
僕の中で一歩リードです。

「◯◯君、Aで興奮したかもしれないけど、まだ私のは見てないでしょ?」

謎の対抗心がNちゃんに火をつけたみたいです。
僕にとってはありがたい展開!
Nちゃんは恥ずかしそうに全裸になりました。
おっぱいはBカップ、乳首はピンクです。
マン毛も少なく、近づけばマンスジも上から見えそう。
Aちゃんより未熟って感じでした。
正直、ロリコンが入ってる僕にはNちゃんの方が身体も顔も好みです。
やっぱりNちゃんがいい!

さて、女子2人が裸になって、僕だけ裸にならないという選択肢はなさそうです。

「見せてもらったお礼に俺も脱ぐね」と言って脱ぎました。

もちろんフル勃起させたまま。
2人とも勃起した股間に興味津々です。

「男子って、どうやったら気持ちいいの?」

Aちゃんが聞いてきました。
さすが大胆なタイプ。
このままエッチしたいのでしょうか?

「じゃあ手で握って上下にスリスリして」

そう僕は言いました。
柔らかいAちゃんの手が僕のちんこに刺激を与えてくれます。
手コキだけですぐ出そうになりました。

「ヤバい!出る!一旦ストップ!」

そう言ってAちゃんのおっぱいに近づけました。

「出すよ!」

Aちゃんの返事を聞く前におっぱいにぶちまけました。
溜まってたので、かなりの量が出ました。

「これって・・・精子?」

Aちゃんが僕に聞きました。
黙って頷くと・・・。

「じゃあ今度は私が気持ちよくなろっかな♪」

なんとM字開脚に。
テカテカした女子のおマンコ!
初めて見るそれはちょっとグロテスクでした。
一方、Nちゃんは背中の方から手を回して僕のちんこに触り、手コキを始めました。
気持ちよかったのですぐに復活しました。

Aちゃんのおマンコに触れかけた時、「待って!どこが何だか分かる?」と聞かれました。
クリトリスは聞いたことあるけど、正確な場所までは知りません。

正直に「分かんない」と答えると・・・。

「じゃあ説明する!」

Aちゃんが自分のおマンコを使って各部を説明してくれました。
この間もNちゃんの手コキは続き、だんだん限界が近づいてました。
まだ説明の途中でしたが・・・。

「ヤバい!Nちゃん、出る!」

そう言った瞬間、手コキしてたNちゃんの太ももに放出しました。
かなりおマンコに近いところに出せたので満足でした。

Aちゃんの説明が終わり、いよいよ実践です。
クリトリスを弄り続けると、わずか3分ほどでAちゃんはイキました。
男がイクのとは全然違ってて、特に喘ぎ声がエロくて興奮しました。

ラストはNちゃんと69をしました。
憧れの女子のおマンコを舐めながら、喘ぎながら女子にフェラされて、3発目なのにたくさん出ました。
Nちゃんの愛液はちょっと苦かったけど、嬉しくて吸いました。
Nちゃんも僕の精液をごっくんしちゃったようです。
最後に皆で一緒にお風呂に入りました。
この事はもちろん3人だけの秘密です。

この出来事があってから、たまにAちゃんとはエッチなことをするようになりました。
Aちゃんの家に行ってセックスもしました。
憧れのNちゃんとは正式に付き合うことになりました。
Aちゃんとはセフレとして、高校の間ずっと遊んでました。

タイトルとURLをコピーしました