水泳部の顧問にセクハラされていた新人女教師

この体験談は約 5 分で読めます。

2年前の高2の頃のこと。
僕は水泳部に所属していた。
1年の時は40代の男の顧問と太った50代の女の顧問だった。
しかしその女性顧問は春に転勤し、4月から新しい女性の顧問がやってきた。

美紀先生だ。
専門教科は英語。
24歳ほんのり茶髪、色白で可愛い。
身長は155センチくらいで肩幅はそこまで広くないスレンダー体型。
しかし胸はEからFカップって感じでかなり大きい。

まあしかし、女子水泳部の顧問なので、俺たちにはは関わりがないだろうと考えていた。
しかし、俺たちが美味しい思いをする好機が今年は重なったのだ。
実は前の年、俺たちの代の不良部員が喫煙と喧嘩で処分されて部を追われ、残った男子も大会を自粛したが、代わりに大会期間は合宿に行くことになった。
そして美紀先生は水泳経験ゼロだった。
だからスタイルが良いのだ。
そこで、大会直前と大会には前年までの女性顧問が来て面倒を見ることになった。

そんなことが重なり、美紀先生は研修も兼ねて男子の合宿に同行することになった。
実は男性顧問の小島はスケベな男で、男子だけで集まった時にはよく下ネタを言っていた。
その小島は合宿前日になって、こんな事を言い出した。

「お前ら、美紀先生が好きだろ。え!?どうせ毎晩オカズにしてんだろ!!お前らいいか。お前ら、連帯責任を負って可哀想だから少しは良い思い出を作らせてやるよ。なーに、まだ若い先生だし、水泳の素人だから、研修ってことにすれば問題にならねーよ」

確かにオカズにはしてたし、エロい目で見てた。
だが俺たちは、どうせ小島の言ってることは大したことないと高を括っていた。

そして合宿の日、いつもジャージでプールサイドにいる美紀先生は競泳水着で現れた。
俺のちんこがピクついた。

(やべー、立つ。他のこと考えねーと・・・。そうだ、前のババアの顧問でも思い出そう)

すると小島が衝撃的なことを言った。

「お前ら、今日から美紀先生も水着だ。大丈夫だ、お前らみたいな年頃の男は水着を見ると反射的に勃起するかもしれないとは伝えてあるから。生理現象だからしょうがない!美紀先生も保健体育を知ってるんだからわかってくれてる。立ってもいいから集中しろよ!まず2人1組になれ」

そう言って小島と美紀先生が組んだ。

「まずは柔軟だ。先生のやり方をよく見てろ」

そう言って開脚して座る美紀先生に小島がのしかかった。
はっきり言って、小島こそ勃起してるのがバレバレだった。
その勃起したチンコが美紀先生の背中に当たっているのだ。
次に両腕を掴み、前後に揺さぶる柔軟をしている。
美紀先生は恥ずかしそうに顔を赤らめている。
その時、胸が圧迫され、巨乳の谷間が何度も顔を覗かせた。
もちろん、ここにいた男たちは全員フル勃起していた。

「美紀先生、意外に柔らかいね。もしかしたらお前らよりも軟かいぞ!」

俺たちは全部で8人いた。

「お前ら、1回美紀先生でアシストの練習してからやれ!」

はっきり言ってそんな練習法は聞いたことがない。
美紀先生も驚いているが、そんなものかと平静を装った。
俺たちは順番に美紀先生にのしかかった。

俺の番がきた。
肌の感触が凄く柔らかい。
俺は公認の勃起チンコを思いきり押し付け、背中とお尻の間を擦り付けるように往復しながら腕を掴み、何度も前に倒した。
俺の水着はカウパー液で濡れていた。

次のセクハラメニューはなんだと期待していると、腹筋だった。

「いいか、お前ら、腕を胸の前にクロスしろ。それで腕が膝にぶつかるまで状態を起こせ」

はっきり言って間違った腹筋法だ。

「まずが美紀先生がやるから見てろ。はい、美紀先生、ゆーっくりと・・・」

腹筋で上体を起こした時、胸の谷間がよく見える。
先生の顔は真っ赤だ。

「次、馬跳びな。俺と美紀先生が馬になるから縦に飛べよ。1人10回だ」

そう指示すると、小島は馬になった美紀先生のお尻の方から飛んだ。
もろにお尻を触っている。
馬跳びで、俺の後ろの奴がすごいプレーを見せた。
躓くふりをして、美紀先生のマンコの辺りに一瞬だが勃起したチンコを当てたのだ。
これはさすがに反則だが羨ましかった。

その後、普通に筋トレも行なわれた。
そして準備運動のシメだ。

「お前ら、今日鍛えたのはどこかわかるか?あ、ちょっと美紀先生いいですか」

そう言って美紀先生の後ろに立ち、肩を抱いて説明しだした。
鍛えられた筋肉の部分に指で触れながらだ。
小島は太ももの内側まで触っていた。
はっきり言って、そこは鍛えていない。

「よし!お前ら、今日は違うことやるぞ。もしも溺れている人がいたらどうする?助けるだろ?お前、やってみろ!」

なぜか俺が指名された。
美紀先生が入水した、溺れている役だ。
俺は遠慮なくやることにした。
まず美紀先生に後ろから抱きついた。

「先生、もう少し溺れているように暴れてみてください。じゃないと小島先生に怒られますよ」

そう言うと美紀先生は顔を赤らめ、困惑した様子でバシャバシャと演技をした。
俺は後ろから時々胸を揉みながら立ち泳ぎでプールサイドまで救出した。
だがはっきり言ってこのやり方では実際には助からないだろう・・・。
このような練習を全員がした。
このセクハラメニューが朝から5時間、6日間毎日続いたのだ。

ホテルでは小島と美紀先生は別の部屋だったし、きっと小島にセックスはされていないと思っていた。
当時は部屋に戻って、皆で美紀先生の感触を思い出しながらオナニー大会をした。

「きっと小島に今頃ヤラれているぞ」

などと想像を掻き立てながらオナニーに励んだ。
確かに何日目か以降は様子がおかしかった気がするし、もしかしたらセックスもあったのかもしれないが、それは小島と美紀先生しか知らないことだ。
だが、俺たちは確実に犯されてる設定にしてオカズにしていたのだ。

最後の方はあらかじめ打ち合わせをして・・・。

「明日の柔軟ではこんな事をするから見てろよ」

「2人で組んでこうやろうぜ」

などと張り合い、セクハラがエスカレートした。
だが結局、美紀先生の裸は見れず終いだった。
ただ、ある部員が見学と称し、セクハラ練習の様子をビデオ撮影して、後日水泳部だけの秘密ということにして全員に配り歩いた。

秋には小島が転勤になり(決してセクハラが問題になったわけではない)、別の年配の女性の顧問が男子の部にやって来て、美紀先生にとっては平和な部に戻った。

だが、翌年の大会での出来事だ。
俺たちは他校の顧問として来ていた小島に再会したのだ。

「おう!やってるか。実はな、去年の合宿のDVDがあるんだ。絶対に内緒だからな。じゃないとお前らの進学にも響くぞ」

そう脅かされて、1枚のDVDを受け取った。
試合は惨敗だったが、皆でそのDVDを観ることにした。
そこに映っていたのは小島と美紀先生。
合宿場所の部屋でのハメ撮りだった。
美紀先生は競泳水着のコスプレ姿で小島のデカいペニスを咥えていた。

「うおー!!!小島!!!!」

若くて上向きのきれいな乳首、FかGカップはあろうかという巨乳。
小島はちゃっかり美紀先生を犯っていたのだ。
淡々とセックス動画は続き、小島は美紀先生を全裸にすると・・・。

小島「こっちもちゃんと研修しないとな」

美紀「はい、先生」

小島は美紀先生の胸を揉みしだきながら挿入して果てていた。

俺は今でもこの動画を大事にしてオカズにしている。
卒業後はこれをネタに美紀先生に会いに行き、セックスしてもらう計画もあったのだが、結婚と同時に退職してしまって、もうどこにいるのかわからなくなってしまった。
だが、もしいつか会えたら、人妻であってもまだ20代の美紀先生なので、いつでもこのDVDでセックス計画を実行するつもりでいる。

タイトルとURLをコピーしました