タイツ姿をオカズにしていた中学時代の同級生と

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、中学のクラス会があり、久しぶりに出席した。
バツ1の私は何も気にするものがないので、いまだに独身で銀行勤めの智子に声をかけた。
家が近所だったせいか、今でも実家に行った帰りに時々見かけていて、前から密かに狙っていた女の1人だった。

私は中学の頃からパンストタイツフェチだった。
その智子は中学時代、冬になると毎日、必ず黒のタイツを履いてきたので、当時私のオナニーのおかずにしていた。

その智子がクラス会の日はミニスカートに黒のタイツ姿だったので、なんとかものにしたいと思い、色々と話しかけ、今度、改めて食事でもしようという約束を取り付けた。
そしてクラス会が終わり、2次会に行くことになった。
智子は用事があるとのことで2次会には来なかった。
智子とは別の日、食事のあとしっかり頂き、中出しした。
これはまた別の機会にでも。

さて前置きが長くなってしまい申し訳ない。
2次会に行ったところから。

友人と飲んでいたら、同じクラスだった由佳が私に声をかけてきた。
由佳は小学校5年の時に引っ越しして来てから中学卒業まで5年間、私とずっと同じクラスだった。
由佳と中学卒業まで同じクラスだったのは私1人だけだったせいか、当時もよく話をする仲だった。
当時、由佳もまた冬になると小学校時代は白のタイツをよく履いて来て、中学になると黒のタイツを毎日履いてきた。
私にとっては智子同様、いいオナニーのおかずだった。

その由佳が話しかけてきたので、友人から離れて2人きりで色々と話をした。
成人式以来会っていなかった由佳は少しポッチャリはしていたが、それがまたいい感じになっていた。
彼女も3年前に離婚をして、今は一人暮らしをしていて、現在は彼氏なしとのこと。
で、これは頂くしかないと思い、普段はあまり飲まないという酒をがんがん飲ませた。
最後のほうは1人で立っていられないほどだった。

そして2次会が終わり、車で行っていた私はノンアルコールビールを飲んでいたので私が送って行くことになり、由佳を車に乗せた。
彼女は助手席に乗せるとすやすや眠ってしまったので、私のマンションに連れて帰った。
眠っている由佳は重たくてしんどかったが、なんとか部屋のベッドに運び込んだ。

コートを脱がしてから、スーツを脱がすと、水色のお揃いのキャミソール、ブラ、パンティだった。
パンティの上には黒の柄物のタイツを履いていた。
まだ由佳はすやすやと眠っていた。
私は全裸になり由佳の上に乗ると、まずDカップの胸をしゃぶらさせて頂いた。
乳首を軽く噛んでやると、「うーん」と声を漏らした。
お構いなく、今度は耳たぶから脚の先まですべて舐め尽くした。
特に脚はタイツをはかせたまま念入りに舐めた。

パンティの中に手を入れると、眠っているにも関わらず、オマンコはぐっしょりとしていた。
指でクリトリスを刺激してやるとよがり声をあげ、私の首に手を回してくるとぱっと目を開けた。

「眠っているのをいいことにこんな事して、訴えてやる!」

明かに冗談ぽく言ってきた。
目はうっとりしていたので、そのまま愛撫を続けた。
すると由佳自ら、私のおちんちんを手で握り、しゃぶりたいと言ってきたので69になり、由佳のオマンコを味わわせてもらった。
由佳のフェラにたまらなくなった私は彼女のタイツとパンティを脱がした。

入れようとすると・・・。

「ゴム、付けないの?」

「生でしたい。だめ?」

「今日は危ないから出来たら責任とってよね」

「その時はね」

構わず由佳のオマンコにぶち込んでやった。
由佳は、「あー久しぶり、やっぱおちんちんがいい!」と大きな声を上げ、私の腰の動きに合わせて腰を振ってくれた。
私も久しぶりだったので射精感が来るのは早かった。

「由佳、中に出すよ」

「うん、中に出して、いっぱい出して」

「出来てもいいのか?」

「いい!出来てもいいからいっぱい出して。赤ちゃんが出来るくらいいっぱい私の中に出して!」

その言葉に興奮して、「イク!俺の子を孕めよ!」と言うと同時に由佳の中にドクドクと精子を射精した。
自分でもびっくりするくらい大量に出た。
由佳も射精と同時にイッてしまったようだった。
由佳は私を見つめて・・・。

「あーあ、出来ちゃう。こんなにいっぱい出して。もし出来たら私と赤ちゃんの面倒見てよ」

「よしよし、わかった、出来たら電話して来い」

そう言ってやったが、今のところ連絡はない。
まあ、結構美人だし、性格も良い子なので出来たらしょうがないかなと思っている今日この頃。
長々と申しわけありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました