お花の先生をしている清楚な義母に風呂場でしゃぶらせた

この体験談は約 6 分で読めます。

私は28歳。
義母の多恵子は2回り年上の52歳で、お花の先生をしています。

先週の金曜日から妻が会社の研修に行っています。
義父もちょうど同じ日に会社の慰安旅行に行きました。

妻から、「金曜日と土曜日はうちの実家でご飯を食べて。お母さんには言っておくから」と話がありました。

金曜日の夕方、多恵子から、「薫(妻)から聞いたんだけど、夕飯を用意したからうちで食べてね」と携帯に電話がありました。
私は会社の帰りに家に寄り、2年間かけて撮った義母のお花の写真のアルバムを持って行きました。
一緒に食事をして一杯飲みながらアルバムの話をしていました。
義母はお酒が好きで話が弾みました。

「うちの主人も薫も芸術が全然わからない人なの。慎吾さんだけね」と笑って話していました。

私が「そうだ、今度、お義母さんを撮らせてよ。お義母さんはスタイルもいいし、洋服も和服も似合うから。僕、絶対綺麗に撮るよ」と言うと、多恵子は「こんなおばさんを撮ってどうするのよ~」と笑っていました。
私は、「お義母さん、明日はカメラを持って来ますからね」と言って帰りました。
その日は多恵子のヌードを想像して2回射精しました。

次の日の朝です。
私は多恵子の所に向かいました。
チャイムを押すと多恵子は、「え~本当に来たの。本当に撮るの?」と言って家の中に入れてくれました。
最初の洋服はリビングで撮りました。
多恵子も最初は躊躇っていましたが、だんだん乗ってきました。
次に和服に着替え、髪をアップにして、今度は和室で何枚か撮りました。
この頃になると多恵子はもう女優気分になっていました。

最後に私が、「お義母さん、ヌードも撮らせてください」と言ったら驚いていました。

「主人に悪いし、それに体に全然自信がないから」と。

私は土下座して、「お義母さん、そこをなんとかお願いします」と頼みました。
多恵子は10分くらい考えた後、2つ約束してくれるならばとOKしてくれました。

1つ目の約束は、「これは2人きりの秘密、主人や薫には絶対に内緒」。
2つ目の約束は、「私だけだと恥ずかしいから慎吾さんも脱いで欲しい」。

この2つを守ってくれるならと撮影はスタートしました。
義母の気が変わらないように、一気に私は全裸になりました。

「お義母さんもお願いします」と私。

多恵子は着物を脱ぎ、長襦袢、肌襦袢も脱ぎ、下着姿になりました。
私はブラジャーをしていないと思っていたので驚きました。
義母は下着もおしゃれで、サルートやパルファージュなどを着けています。
私は夢中でシャッターを押しました。
以前、義母のクローゼットを見て、サイズは『D70』と知っていましたが、妻の『C70』と比べると、1カップでこんなに違うのかと思うくらいでした。

「お義母さん、次は上を取ってください」と言うと、多恵子の頬は少し赤くなりました。

後ろを向き、ブラジャーのホックを外します。
振り返ってくれましたが、両手でクロスして手ブラの状態になっています。

「お義母さん、その手も外してください」と私。

「慎吾さん、やっぱり私ダメ、恥ずかしいわ」と多恵子。

「お義母さん、これは2人きりの秘密。それにお義母さんは今日はお花なんです。私も脱いだんですから頑張って」

そう言うとこくりと頷き、多恵子が手を下ろしました。
夢にまで見た義母の乳房が現れました。
妻のつんと上を向いた乳房とは異なり、やはり重力に逆らえない。
妻よりはるかに大きい薄茶色の乳輪が熟女フェチの私を狂わせました。

「お義母さん、とても綺麗です。とても素敵です」

褒めちぎると多恵子の頬は赤みを増していきました。
それもそうでしょう、52歳という初老の乳房を、親子とはいえ血の繋がりのない男、それも自分の娘の夫に曝け出しているのですから。

何枚か撮った後、「お義母さん、今度はショーツをお願いします」と私。

「慎吾さん、これだけは絶対にダメ」と抵抗する多恵子。

「お義母さん、さっきも言ったように今日はお義母さんはお花なんです。お花は何も着けていないでしょう。それに私たちは親子なんです。少しも恥ずかしいことはないんですよ」

多恵子も覚悟したのか、また後ろを向いてショーツを脱いでいきました。
振り返るが、やはり両手でガードしています。

「お義母さん、気をつけをしてください。それじゃあいい写真が撮れないじゃないですか」

少し怒り気味に言うと多恵子は両手を下ろし、生まれたままの姿になりました。
妻は薄めですが、多恵子のは黒々としていました。
たぶん手入れしていないのでしょう。
逆三角形に生えたヘアがまた私を狂わせます。
必死になってシャッターを押す私。

「お義母さん、これを見て下さい」

そう言って、反り返ったペニスを見せつけました。

「これはとても自然なことです。お義母さんがとても素敵だから反応してしまったんです」

多恵子は少し微笑みました。

「お義母さん、今度は髪を下ろしてください。リビングで撮りましょう」

上半身をカーテンで隠したり、お花を持たせたり・・・。
義母はもう完全に私のペースにはまっています。
リビングの椅子に座らせて足を組ませた時は、少しあそこも見えました。
あそこもびっちりとヘアで覆われていました。

「お義母さん、お疲れ様でした。最後に2人で記念写真を撮りましょう」

そう言って2人でカメラの前で手を繋ぎ、Vサインをして終わりました。
義母はショーツを穿き、ブラジャーを着けながら、「私、綺麗に撮れているかしら」と気にしていました。

「お義母さん、今から私の家に行ってプリントしましょう。それと、今日は疲れたので帰りにお寿司でも買って帰りましょうね」

当たり前の話ですが、裸になった男女がこれで終わるはずがありません。
その後、私の家に寄り写真をプリントして、少し離れたショッピングセンターへ行きました。
私は調子に乗って、「お義母さん、こうして並んでいるとまるで恋人同士みたいですね。手を組んでくれませんか」と強引に手を組みました。

「ダメダメ、慎吾さん、恥ずかしいから」

「お義母さん、今日は恋人で気分でいましょうよ」

少しの間ショッピングを楽しみ、義母の自宅に戻りました。
帰り道、多恵子の携帯電話が鳴りました。
義父からです。
多恵子のことが気になってかけてきたみたいです。

家に着くと一緒にお寿司を食べながら乾杯しました。
少しいい気分になって、写真を見ながら話しました。

「お義母さんの体、やっぱり綺麗ですよ。お義父さんが羨ましいです」

「慎吾さんこそ、立派なモノを持ってるじゃない。それに途中から大きくしてたじゃない。私こそ薫が羨ましいわ」

「お義母さん、いつでも言ってくださいね。貸し出しますから」

「もう、慎吾さんたらエッチなんだから(笑)」

多恵子が言いました。

「慎吾さん、今日はもう疲れたから寝ましょ。先にお風呂に入って」

「お義母さん、僕もう少し飲むから先に入ってください」

私の気持ちはもう抑えられません。
多恵子がお風呂に行ったことを確認して脱衣所に入りました。
ほんの少し前まで着けていた下着を取り出します。
多恵子の温もりが伝わります。
まずブラジャーから。
カップの中を舐め回しました。
次はお揃いのショーツ。
クロッチにびったり液が付いていました。
もちろん、舐め回します。

(これが義母の味・・・)

私は全裸になりお風呂場へ。

「お義母さん、今日のお礼に背中を流しますよ」

「きゃー、ダメ、慎吾さん、出て行って」

私はお構いなしに湯船に入りました。

「慎吾さん、絶対ダメダメ。主人に怒られるわ。それに、こんなことしたら薫の顔も見れなくなるし」

「大丈夫ですよ、これも2人きりの秘密ですから。さあ、出てください。背中を流しますから」

多恵子を湯船から出して座らせました。
後ろに回り、スポンジで背中を流します。
次に両手に泡を付け、後ろから多恵子の乳房を包みました。

「慎吾さん、もうやめて」

多恵子の肩が震えています。
私はお構いなく、両方の乳首を摘んでやりました。

「あっ、慎吾さん、本当にやめて」

さらに乳首を弄る私。

「慎吾さん、本当にダメ。お願い、許して」

「お義母さん、立って下さい」

立ち上がる多恵子。
手の泡を洗い落とし、そのまま後ろから多恵子おまんこへ指を入れました。
多恵子の蜜壷はすでに大量の淫液が溢れていました。

「慎吾さん、ダメ、私、変な気分になっちゃう」

さらに激しくすると多恵子は、「イクイク、イクー」としゃがみ込んでしまいました。
私は多恵子を抱き上げ、振り向かせます。
そして肩に手を回して優しくキス。

「ごめんなさい。私、イッちゃった・・・」

さらに激しくキス。
お互いに舌を絡ませました。

「次はお義母さんの番ですよ」

多恵子を椅子に座らせて、仁王立ちフェラ。
清楚なお花の先生の義母が私の肉棒を咥えています。
義父に仕込まれたのだろうか、意外と上手です。
お風呂には多恵子の激しいフェラ音が響き渡っています。
もし今、ここで義父や妻が帰ってきてこの光景を見たら腰を抜かしてしまうことでしょう。
義母のスピードがさらに速くなりました。

「もうダメだ、お義母さん、イクー」

大量の精液を多恵子の口の中へ放ちました。
そして再び2人で湯船に浸かり、激しく舌を絡ませあったのです。
お風呂から出て、狂ったようにお互いを求めあったのは言うまでもありません。

タイトルとURLをコピーしました