「痛い!痛い!」と涙目で訴える彼女に興奮した

この体験談は約 8 分で読めます。

初めて付き合ったのは中2で、クラス替えで一緒になったときから可愛いと思ってた奴だった。
告白したのは中2の3学期。
うちの中学は2年と3年は持ち上がりでクラス替えはなかったが、俺の他にも彼女のことを好きな男がいるという噂を聞いて、悩んだ末に告白して付き合うことになった。
付き合うといっても一緒に帰ったり電話したりするだけ。
休日はお互い部活があったし、金もなかったから、ほとんどデートもしなかった。
それでも中3の夏に一緒に行った花火大会で初めてキスに成功。
それ以来、放課後や帰り道に人目を盗んではキスだけ何度もしていた。
そうなるとやっぱりやりたいと思うのが男心で、この頃は想像の中で彼女を脱がして毎晩オカズにしていた。

受験シーズンが本格的になると、ますます彼女にとって初めての男になりたいと思うようになった。
俺は秋頃に部活の関係で彼女とは違う高校への推薦が決まっていたので、高校に入ったら別れることになるんじゃないかとかなり焦っていた。
しかし受験生という周りの空気と妙なプレッシャーで、キスより先に進めない毎日。
俺達以外にも付き合ってる奴らは何人かいたが、お互いに訳わかんないプライドがあって、「どこまでやった?」などは話さなかった。
だから、どうやってセックスに持ち込むかも、雑誌を読みながら1人でシュミレーション。
なのに、その甲斐なく、進展のないまま卒業式になってしまった。
卒業式は感動したし、その後クラスのみんなで行ったカラオケも盛り上がって楽しかった。
それでもやっぱり俺は焦っていた。
彼女も俺のことを好きでいてくれているようだったが、セックスに至るような言動は避けている節があり、下ネタで盛り上がるようなタイプでもない。
俺も少しはモテていたが、彼女は本当に可愛かったので、離ればなれになるのが不安だった。

卒業式の翌日は離任式っていう異動する教師のお別れ会のようなものがあり、卒業生の参加は任意だったが、俺も彼女も部活の顧問が異動だったので登校した。
俺の家は共働きで、その日は家にいない。
離任式は午前中で終わるから、なんとしても彼女を俺の家に呼ぼうと、俺の決意は固かった。

そして帰り道、今日の予定や昼ご飯の話題を振って「特に決まってない」という返事の後、「俺んちで一緒に食べない?」と誘って、OKをもらうのに成功した。
心の中でガッツポーズ。
それと同時に頭の中はエロい妄想でいっぱいで、勃起しそうになるのを必死に我慢していた。
彼女の方は俺の部屋に行くのを純粋に楽しみにしているらしく、若干良心が痛んだが、ここでやっておかないと今後こんなチャンスはないかもしれないと自分に言い聞かせた。

昼ご飯を買うために途中のコンビニに寄ってから帰宅したが、まだ10時くらいだった。
最初から彼女を呼ぶつもりだったから部屋は片付けておいたし、彼女も「部屋きれいだね」とか言って、2人でベッドの上に座りながら普通に高校の話なんかしてたと思う。
もちろん俺は上の空だったけど。

彼女が、「もう学校で会えなくて寂しい」と言ったので、「俺も寂しい。ずっと一緒にいたい」と言って自然な流れでキスできた。

そのまま彼女を押し倒して何度もキスをした。
彼女は少し驚いていたが抵抗されなかったので、初めてディープキスをした。
驚いた彼女の声がキスの間から漏れて、俺のチンコは痛いくらいに勃起していた。
今までこんな風に抱き合ったこともなかったし、俺が彼女を組み伏せているという現実にどうしようもないほど興奮して、硬くなったチンコを押し付けてしまった。
苦しそうに身をよじりながらも彼女もキスをやめようとはしなかった。
抱き締めた彼女の小ささと匂いに俺の暴走も止まらなくなり、それまでのシュミレーションも忘れてセーラー服を捲り、ブラの上から胸を弄った。
さすがに彼女も抵抗して、「やだ、やめて」と口走っていたが、そのままキスしてブラを外そうと躍起になった。

なんとかブラを外してずり上げた時、彼女が思いきり身をよじって黙ってしまったので、ヤバイと思った俺は、「初めてが俺なのは嫌?」と聞いてみた。
横を向いたまま、「嫌じゃないけど・・・」と言って胸を隠す彼女を仰向けにして、「◯◯(彼女)としたい、我慢できない」と言った。
彼女は赤くなったまま黙っていたが、胸にあった手を優しくどけると、もう抵抗はしなかった。

初めて見た彼女の胸は大きくはないがすごい小さいわけでもなく(後で聞いたらBカップだった)、ただとても白くて、乳首も乳輪もAVで見るのよりずっと小さくて薄ピンクだった。
ゆっくり触ると、「恥ずかしい・・・」と言って顔を背けてしまったが、構わず揉んだ。
想像していたほど柔らかくはなかったが、胸もお腹もすべすべだった。
ぽっちみたいに硬くなっている乳首を摘むと、「んっ・・・」という鼻にかかった喘ぎ声が聞こえて彼女の体が硬直するのが伝わった。
もう片方の胸に顔を近付けて乳首をしゃぶった。

「あぁん」という喘ぎ声と、「やだ、恥ずかしい!」と言う彼女にますます興奮して、舌を尖らせてツンツンしたりベロベロと舐めまくった。

俺の唾で濡れた乳首がめちゃくちゃエロかった。

そのまま片方の手で乳首を転がしながら彼女の斜め下に移動して、脇腹や臍のあたりを舐めていった。
俺のチンコは我慢汁が溢れ、ちょっとでも彼女の体に触れたらイッてしまいそうだった。
そのため彼女の上から体をずらして、乳首を触っていた手も下半身の方へ移動させた。
ものすごく緊張していたが、悟られないようになるべくゆっくりスカートを捲り、膝のあたりから両手で太股を撫でた。
嗅いだことのない匂いがして、(これがオマンコの匂いか)と妙に感動した。

スカートの横のホックを外してファスナーを下ろし、彼女の腰を浮かせてスカートを脱がせた。
恥ずかしがって真っ赤になっている彼女の横で俺もこっそりズボンのファスナーを下ろし、ベトベトになったチンコを取り出した。
当時は仮性包茎なのをすごく気にしていたので、出す時に手早く剥いておくのも忘れなかった。

体勢を整えて彼女の方へ向くと、足をぴったり閉じたまま俺のチンコを見て驚いている彼女がいた。
俺は自分の妄想よりやらしい彼女の格好に興奮し、おもむろに彼女の足を開いた。
グレーのパンツの股間は濡れて色が濃くなっていて、オマンコに張り付いてワレメの筋が見えていた。

「やだ・・・見ないで・・・」

そんな彼女の言葉で余計に制止の聞かなくなった俺は開いた足の間に割り込みワレメに指を添わせた。
パンツの上からでもヌルヌルした感触が伝わった。
両足を持ち上げパンツを下ろそうとすると抵抗したが、太股の途中まで下ろしたパンツとオマンコが糸を引いているのを見て無理やり全部脱がした。
さっきよりずっと濃い感じのオマンコの匂いが漂って、そのままM字に開脚させ、顔を近付けて覗き込んだ。

「やだ、見ないで・・・」

消え入りそうな声で繰り返しているのに、彼女のオマンコは濡れまくっていた。
毛は上の方には生えていたが、ワレメの周りはツルツルでふっくらしていた。

ぷにぷにとワレメの横を触るとオマンコが少し開いて肉の色をした中が見えた。
思いきり開くと、トロッとした愛液がお尻の方へ流れた。
濃いピンクのふっくらしたビラビラも濡れて光っていた。
その上の膨らみを触ると、「はぁん」という溜め息混じりの喘ぎ声がして、それがクリだとわかった。

指の腹で下から上へなぞるように触ると甘ったるい喘ぎ声が漏れる。
オマンコを開いたままゆっくりとビラビラから舐め回した。
喘ぎ声を押し殺すように、「やめて・・・汚いよ~・・・」と繰り返していたが止められるはずがなく、エロ本で仕入れたようにクリを舐めながら指を1本だけ入れてみた。
クチュッという音がして、恐る恐る第二関節くらいまで進めた。
ヌルヌルとした柔らかくて熱い感触にすぐにでもチンコを押し込みたかったが、オマンコの中はキツくて、とても入らない気がした。

オマンコから顔を離し、中指だけピストンさせながら足の間に座って彼女を見た。
捲った制服からは白いブラが少し見えていた。
丸出しの胸と露わになったオマンコに白い靴下という格好がめちゃくちゃエロくて、真っ赤になって感じている彼女がめちゃくちゃ可愛かった。

「痛くない?」と聞くと、「恥ずかしい」と言って視線を逸らしたので、覆い被さりキスした。

獣のようにお互いの唇や舌を貪りながらピストンを速めると、動きに合わせて喘ぎ声が聞こえた。
興奮しすぎて我を忘れていた俺も、「可愛いよ」とか「愛してる」などと恥ずかしいことを口にしていた。

「あぁっ、だめ、おかしくなっちゃう!」

そう言って動かしていた手を強く握られたので驚いてやめると、彼女はハァハァ言いながらぐったりしていた。

「イッたの?」と聞いても「わかんない・・・」と答えるだけ。

ぐったりしている彼女の手をチンコに添えると驚いていたので、「俺も、もう限界」と言って彼女の手に自分の手を重ねてしごいた。
彼女が自分からしごいてくれたので俺は手をどけたが、すぐイキそうになったので止めてもらった。

「ごめん、痛かった?」

そう聞かれたので思いきって「舐めて」と言うと、「えっ・・・」と戸惑いながらも手を離し、顔を近付けてくれた。
ペロペロと拙いフェラだったが、俺の様子を窺いながら一生懸命に舐めてくれる彼女に興奮して我慢汁が垂れた。
精子と勘違いした彼女に我慢汁のことを説明して、彼女のフェラが気持ちいいことを伝えた。

「咥えて欲しい」と頼むと、「いいよ」と言って口を開けてくれたので、わざと亀頭を唇に押し付けながら入れた。

苦しそうな彼女の前で膝立ちになって夢中で腰を動かし、上顎に擦りつけてるうちにすぐイッてしまった。
慌ててティッシュを渡すと彼女は笑いながら、「びっくりした~」と言ってくれたのでほっとした。
驚いて咽せた彼女は精子をこぼしていたが、その光景もエロかった。
買ってきたお茶を渡して、俺も彼女のお茶を1口もらった。

「びっくりしてちょっと飲んじゃったよ」

なんて言われて俺のチンコは速攻で回復。
彼女にキスしながら、「全部脱いで」と言って脱いでもらった。
俺も全部脱いで、裸のまま抱き合って何度もキスした。
彼女の体はどこもかしこもすべすべで、部活で焼けている俺との対比で本当に真っ白に見えた。
彼女のお尻を弄りながら首や鎖骨にもキスした。
その度によがる彼女の太股に下半身を押し付けた。

「冷たい」と笑われたのが恥ずかしかった記憶がある。
(たぶん我慢汁が出ていたと思われる)

そのまましばらく裸でいちゃいちゃしていたが、やっぱり彼女に入れたくなって仰向けにし、また指を1本だけ入れて動かした。
すでにグショグショに濡れていたのでゆっくり2本目を入れると愛液が溢れ、オマンコがキツくなった。
もう片方の手でチンコをしごいていたが耐えられなくなり、当時我慢汁にも精子が含まれていることを知らなかった俺は、無謀にもベトベトのチンコをワレメに擦り付けた。
粘液同士が絡み合いながらヌチャヌチャと音を立てる。
そのまま入れたくなるのを我慢して、ベッドの下の引き出しに用意しておいたタオルとゴムを取り出して敷いた。

ゴムを装着しながら「入れていい?」と聞くと、躊躇いがちにOKの返事。
もう一度力を抜くように言って、ゆっくりとチンコの先でオマンコを押し広げた。
そのまま挿入を進めると、「痛い!!」という声がしたが、ここまで来たらなんとしても入れたい俺は途中で断念する余裕もなく、「力を抜いて」しか言わなかったかもしれない。
それでも本当に辛そうな彼女が可哀想で奥までは入れられなかった。

オマンコの中はすごく熱くてキツかった。
体勢を整えようと少し動くだけでぎゅうぎゅうに擦れて、強引に動きたいのを耐えることに必死だった。
真剣に深呼吸している彼女に「痛い?」と聞くと、「ちょっと痛い・・・」という返事。

「お願い、少しだけ我慢して」

そう頼んで逸る気持ちを抑え、なるべく優しく、ゆっくり動かした。
しかし気持ちよすぎて、本当にすぐにイキそうになり、俺まで声が出てしまった。
理性が飛んだ俺は夢中でピストンして簡単にイッてしまった。

「痛い!痛い!」と涙目で訴える彼女にも少なからず興奮していた。

ゆっくりチンコを抜くと泡立った愛液に血が混ざり、ピンクになった粘液が付いていた。
もっと血が出ると思い込んでいたが、下に敷いたタオルには血が付いていなかった。

「ごめん、大丈夫?」

謝りながら彼女を見ると、「大丈夫・・・」という力ない返事があり、オマンコはビラビラが赤く腫れて見るからに痛そうだった。
急に申し訳なくなった俺は彼女を抱き締めて謝りまくったが、「気持ちよかった?」と聞かれ、「最高でした」と正直に答えると、「よかった」と言って笑顔になった。
それで俺の好きパワーが漲り、無我夢中でキスした。

その後、彼女が「なんかお腹空いちゃった」と言ったので時計を見たら、とっくにお昼を過ぎていた。
彼女の制服はハンガーにかけて俺の服を貸し、親が帰って来る夕方までいちゃついた。
俺は抱き合ってキスするたびに勃起していたが、その日はもう入れようとは思わず、彼女のオマンコを舐めてるだけで幸せだった。

この日から高校の入学式まで、一度クラスの奴らとディズニーランドに行った以外は、平日は毎日セックスしていた。
高校に入ってから俺の部活が忙しかったこともあってよく喧嘩になり、結局2年になってから別れてしまった。
それからすぐ同じ高校の奴と付き合ったけど、最初の彼女をオカズにしてオナニーしていた。

成人式の時に再会した彼女は矢田亜希子系の女子大生になっていて惚れ直しそうだったが、お互いに付き合ってる奴がいたので、いい思い出として当時のことを喋っただけで終わった。
ただ彼女が、「初めての相手が俺でよかった」と言ってくれたことが嬉しかった。

以上で俺の忘れられないセックスの思い出は終わりです。

タイトルとURLをコピーしました