彩と奈々

この体験談は約 11 分で読めます。

大学時代の寝取られ話を。

2年になったばかりの5月の連休に、奈々の別荘に4人で行った。
奈々の彼氏の尾崎は二人きりで行きたかったらしかったが、奈々はどうしてもみんなで行きたいと言い張った。

尾崎は嫉妬深い男で、奈々が他の男と話をしているだけで機嫌が悪くなるような奴だった。
器の小ささもあるのだろうが、二人があまりに釣り合いがとれていなかったことも尾崎の嫉妬の原因だったのかもしれない。

清楚な顔立ちの奈々はそれだけで十分に美人だったが、柔和で上品な雰囲気のおかげで、さらに魅力を感じさせる女の子だった。
不細工で下品な尾崎のどこが良くて付き合っているのか、周囲の誰もが理解に苦しんでいた。

別荘は海辺のリゾートマンションで、近くにはテニスコートも併設されていた。
尾崎も奈々も、どちらも高校時代からテニス部だったので、2人に教えてもらいながらテニスを楽しんだ。

俺がそのとき付き合っていたのは彩という子だった。
もう少し背が高ければ、グラビアアイドルにでもなれそうな子だった。
男好きがするというか、一度お願いしたくなるタイプの顔のくせに、笑うと可愛らしいという二面性がたまらなかった。

テニスの汗を流すために、部屋に戻ると風呂に入ることにした。

「俺ら先に入るわ」

そう言った尾崎は、奈々を連れて2人で入ろうとする。
奈々は嫌がっていたが、そのまま尾崎に連れ込まれた。
案の定というか何というか、しばらくすると押し殺したような奈々の声と、激しく体を打ち付ける音が聞こえてきた。

「やだもう~。尾崎くん激しすぎだよ~」と彩は笑っていたが、明らかに興奮していて、俺の耳元で、「おっきくなった?」と聞いてきた。

彩がこういうことを言うのは、自分もしたくなっている時だった。
このままだと、今すぐにでも「して」って言い出すだろうなあ・・・などと思っていたら、「終わったぞー」と言いながら尾崎が出てきた。
奈々は恥ずかしそうに後ろにいる。

「ったく、なぁーにが終わったんだよ?」と聞くと、「次は彩ちゃんとお前の番やろ?」と、尾崎はニヤついて答えた。

脱衣所で彩を裸にすると、パンツから糸を引くくらいに濡れていた。
いやらしい匂いがすぐに漂ってきて、指を入れると素直に入っていく。

「わかりやすいよな、お前は」

そう言って彩の顔を見ると、もう顔つきが変わっていて、「早く欲しい・・・」とでも言いたげだった。
いくらシャワーをひねってみても、水音なんかで誤魔化せるはずなかったが、もう彩は壁に手をついて、こっちに尻を突き出している。
前戯も何もないまま引き寄せて、繋がった。

水に濡れた彩の体は相変わらず綺麗で、穴の締まりもキツくていい。

「外で聞かれてるぞ」

そう言ってやると興奮して、キュッキュッと締め付けてくる。
彩の体は素晴らしかったが、この時考えていたのは奈々のことだった。
彩と付き合ってはいたが、俺は実は密かに奈々に惚れていた。

(ここで奈々もやられてたのか?)
(しかも生でやられたのか?イカされたのか?)
(どこに出されたんだ?)

・・・などと考えていると、一気に登り詰めてしまった。

急いで彩から引き抜くと、そのままマンコにぶっかけた。
マンコ穴から垂れた精子が、そのまま床に落ちていく。
彩はもっとしてもらいたいみたいだったが、ここで連発といわけにもいかない。

「後でしてやっから」

そう言ってなだめ、体を洗って風呂を出た。

「お前ら激しすぎるんじゃ~」と言って冷やかしてきた尾崎は、「てゆーか彩ちゃん声出しすぎ。勃っちったよ」と言って前屈みになる。

「お前も彩ちゃんみたいなナイスボディにならんとな。よし!俺が揉んでやる!」

そう言いながら、尾崎はいきなり奈々の胸を揉み始めた。
野獣だ。

「もー、何言ってるのよう!」

奈々は真っ赤になって他の部屋に行ってしまった。
尾崎は追いかけもせず、「しょうがねえなあ」などと言いながらビールを飲み始めた。

奈々はキッチンで夕食の支度を始めていた。

「ったくアイツだけはしょうがねえよなあ?」と言うと、「うん・・・」と言ったまま俯いている。

「あ、悪い、いや別に悪口とかってわけじゃなくてさ」とフォローしてみたが、「うん、わかってる」と言って、俯いたままだった。

「奈々ちゃんさ・・・」と言いかけて、やめた。

言葉が見つからないので、キッチンを出ていこうとすると、「あの、さあ・・・」と奈々が言った。

「彩ちゃんのこと、好き・・・なんだよね?」

奈々は意外なことを聞いてきた。

「え?ああ・・・うん・・・でも、なんで?」

俺はちょっと答えに困った。

「さっきも・・・」

・・・と、言いっぱなしで奈々は言葉を止めた。
“してたし・・・”とでも言いたかったのだろう。

「そりゃまあ彼女だから好きだけど・・・ま、お嫁さんにするなら奈々ちゃんみたいな子かな」

そう答えたが、これはかなり本音だった。

彩はセックスの相手としては申し分ないけれども、本当は彼女として大事に付き合うのなら、奈々みたいな清楚で静かな子が好みだった。
そういうのは奈々にも伝わっているみたいで、また奈々も単なる友達以上の気持ちをこっちに持っていてくれているみたいだった。
それは尾崎も何となく感じているようで、心の中では俺に対してはいい感情は抱いていないはずだった。

「彼女じゃなくって、お嫁さんなんだ」

驚くように奈々は言った。

「いや、っつうか・・・あの・・・ちゃんと付き合うなら奈々ちゃんみたいな子ってことでさ・・・」

墓穴だ。

「じゃあ、彩ちゃんとはちゃんと付き合ってないの?」

そうすぐに聞き返された。
他に誰もいないのなら、ここで何も言わずに奈々を抱きしめてキスでもするところだが、今はそうもいかない。

「そういうこっちゃなくてさ・・・」

そう言って言葉を濁すのが精一杯だった。

「ま、後でね」と言い残して、尾崎のところに戻ってみた。

戻ってみると、彩も一緒になってビールを飲んでいる。
早くも何本か空けたようだ。

「おい、彩ちゃんまだ満足してないみたいだぞ!」

俺を見つけた尾崎が大声を出した。
全くどうしようもないというか、こうはなりたくないというか・・・。

まもなく奈々が作ってくれた夕食が運ばれてきて、みんなで楽しく食べた。
ビールやワイン、カクテルなんかも飲み倒したのだが、俺は尾崎にやたらと飲まされて、真っ先に寝てしまった。
酒に弱い奈々もすぐに潰れて、俺の隣で寝転がっていた。
午前1時くらいまでの記憶はあるのだが、その辺が限界だった。

海辺の夜は寒い。
寒さで目が覚めると、電気はもう消えていて、奈々が可愛い顔で隣で寝ている。
時計を見ると、2時過ぎだった。
まだそんなに時間は経っていない。
ただ、部屋にいるのは俺と奈々の2人だけだった。
まだ酔いが回っていた俺は、奈々の体を触ってみたくなった。
酔い潰れた奈々は、起きる気配がない。
そのまま胸を揉んでみた。

(柔らかい・・・)

小ぶりな胸が気持ちよく、ついでにキスもしてしまった。

(奈々とやりてぇ・・・)

そう思ったそのとき、隣の部屋から「うっ」という声が聞こえた。

隣の部屋とは襖で仕切ってあるだけなので、音も聞こえやすい。
酔いで頭が回り気味の俺は、夢うつつのまま襖に手をかけた。

襖を開けると、さっきの「うっ」という声の主は尾崎だとわかった。

まず目に飛び込んできたのは、小刻みに上下に揺れる彩の尻。
四つん這いでこっちに尻を向けた彩は、大股開きで仰向けに寝ている尾崎のを咥えていた。

「彩ちゃんのも舐めたいよー。こっち向いてくれよー」と尾崎が言った。

「しっ!声が大きいよ!起きちゃうでしょ!」と彩が慌てて言った。

「大丈夫だよ。あんだけ飲ませたんだからさあ。奈々もアイツも起きねえよ」

尾崎は悪びれずにそう言い放った。

「でも・・・」

彩が躊躇っていると・・・。

「はい、いいからマンコマンコマンコ。うおー、これ超舐めたかったんだよ俺」

尾崎はそう言って彩を動かした。

彩の顔がこっちを向いたが、すぐにまた尾崎を咥え始めたので下を向いてしまった。
尾崎は自分でも腰を振り、彩の口を犯すように腰を叩き付けていた。
彩は尾崎のチンコを根本まで咥えている。
俺が教えたディープスロートだ。

「すげえ!彩ちゃん全部くわえ!全部くわえ!」

そう言って尾崎は喜んでいる。
が、喜んでいるばかりではなく、すぐに彩への攻撃を再開した。

「彩ちゃん、クリでかいよね。舐めやすくていいじゃんこれ」

そう言って、ズビズビと音を立てて舐め始めた。
彩はクリが弱いので、集中攻撃を受けるとそのまま尾崎のチンコに顔を埋めて、崩れ落ちてしまった。
尾崎のチンコは普通サイズだった。
勃っても皮を被っているようで、先細り気味だった。

(・・・俺の彩を!)

そう思いながらも、俺はすでに痛いほど勃起していた。
シチュエーションのせいだろうか、彩はすでにどうしようもないほど感じてしまっている。

仰向けの彩の上に尾崎が跨がり、胸で皮チンコを挟むと、前後に腰を振り始めた。
彩は尾崎の先を口で刺激している。
俺が教え込んだ技だ。

「あああ!すげえ!彩ちゃんのオッパイでパイズリだよ!うおっ!チンコ舐め気持ちいいっ!」

バカみたいな尾崎の声を聞きながら、俺の頭はグルグル回り始めた。

「あーもう彩ちゃんのマンコに入れたい。入れたいよ!」

尾崎はそう言いながら、そのまま正常位で彩の中に入っていった。

生だった・・・。

自分の彼女を寝取られたのは、これが初めてではなかったが、生で入れられてしまうのは初めてだった。
俺は頭がかち割られたようなショックを受けたが、それと同じくらいの性的倒錯を感じていた。

尾崎はただひたすら腰を動かし、彩の全身に抱きついていた。
正常位から彩を持ち上げて座位に変わり、キスしながら胸を弄んでいた。
そのまま倒れ込んで騎乗位に移り、彩は下から突き上げられつつ、胸を強く揉まれていた。
尾崎の指がアナルを責めると、彩はひときわ声を上げて前に倒れ込む。
二人はキスしながら寝返りを打ち、また正常位に戻っていった。
尾崎はいったん体を離すと、彩を四つん這いにして後ろから貫いた。

「ああ~、俺、彩ちゃんとバックでやりたかったんだ~」

間抜けなことを尾崎は言っていたが、そのままアナルに親指をねじ込んだ。
彩は一段と感じているようで、声のトーンが高くなった。

「彩ちゃん、お尻も気持ちいいんか?」と尾崎が聞くと、「うん・・・尾崎くんにされると気持ちいいの・・・」と彩が答えた。

ショックだった。

『尾崎くんにされると』気持ちいいのか?
俺にされるのは気持ちよくないのか?
そこを開発したのは俺じゃないのか?

「アイツとどっちが気持ちいい?ああ?」と尾崎が聞く。

「いやっ、そんなの・・・ああっ!」と、彩は感じている。

「どうなんだよオラオラオラオラ!」

そう言いながら、尾崎は親指をズボズボを抜き挿しする。

「ああっ!・・・おざき・・・くん・・・」

彩は墜ちた。

しばらくバックを続けていた尾崎だが、最後は正常位に戻った。

「彩ちゃん、中に出していいか?中に中に中にああああああっ!」

尾崎は一人で高まっていった。

「ダメダメダメっ!中はだめ!」

彩は慌てていた。

「じゃあ外に!うあああっ!」

そう言って尾崎は体を離し、彩の体に精子を放った。
彩の体に尾崎の精子が飛びかかり、彩の体は汚される。

(終わった・・・)

俺は思ったが、まだ終わってはいなかった。
尾崎は、信じられないような量の精液を迸らせていた。
普通の1回の射精が“ドピュッ!”だとすると、尾崎のは“ドクドクドビューッ!”という感じだった。
そんな、太いうどんのような精液が、何度も何度も彩の体に降り注ぐ。
10回くらいは射精しただろうか、彩の顔といい体といい、至る所が尾崎の精子にまみれていた。

「何これ・・・すごいよ・・・」と彩は驚きを隠せない。

「すごいだろ。これで彩ちゃんは俺のもんだな」と尾崎が得意気に言った。

その後、2人はシャワーを浴びに行った。

俺はショックだった。
あれだけの精子が降り注いだことで、彩はもう自分のものではない喪失感があった。
だが、さっきからの勃起は収まる気配がない。
俺は意趣返しの意味も込めて、自分のものを取り出し、そのまま奈々の隣に移動した。
奈々の顔の目の前で思い切りしごき出すと、ものすごい快感に襲われた。
そのとき、奈々が目を開いた。

奈々は、指を唇に当てて「シーッ」というポーズを取った。
そんなことされなくても、俺は驚いて固まってしまっている。
奈々は俺のをつかむと、そのまま口の中に含んだ。

(あの奈々が俺のを・・・)

そう思うと、一気に出してしまった。
奈々は、全部飲んでくれた。
奈々にしてみれば、これだけなら飲むのは簡単なことなのだろう。

「ごめんね・・・私で・・・して・・・」と奈々は言った。

驚いたが、奈々はずっと起きていたのだろう。

「俺がさっきしたのも・・・?」

耳元でそう聞くと、恥ずかしそうに頷いた。

「いいの?・・・しても?」と聞くと、もう一度頷いた。

手早く済まさなければならない。
奈々のパンツの中に手を伸ばすと、もう濡れていた。
指を入れてみると、スルリと入る。
痛さもないようで、準備は万端だった。
下だけ裸にすると、そのまま奈々の中に入っていった。

「生だけどいい?」

すでに入れているくせに聞いてみた。
奈々はまた頷くだけだったが、だんだん息が荒くなっていった。

尾崎の細っちいチンコにしか使われていないせいか、奈々は締まりが良かった。
ちょっと濡れすぎな感じはしたが、それでも十分に気持ちよかった。
もちろん、それは“奈々に入れている”と興奮していたからなのかもしれないが。

奈々を味わっていると、風呂の方から彩のあえぎ声が聞こえてきた。

(これであいつらに見つかる心配はない)

俺は奈々に激しく体を打ち付け始めた。
押し殺していた奈々の声が、少しずつ漏れ始めた。

キスをしながら繋がっていると、奈々が「嬉しい・・・」と言った。

一番深くまで差し込んで体を止め、「何が?」と聞くと、「本当は、好きだったから・・・」と奈々は小声で言った。

そう言われたのは嬉しかったが、その瞬間、あの大量の精液を浴びる奈々を想像した。
チンコがいっそう硬くなり、それを感じ取った奈々は「あっ」と小さく叫び、恥ずかしそうに顔を背けた。

「いや・・・まあ・・・俺も・・・奈々の方が彼女にするには・・・」

そう言いかけて、やめた。

「何か変だね」

奈々が言った。

「お互い、相手があっちでエッチしてて、自分たちもここでしちゃってるんだもんね」

「奈々も、あんなのぶっかけられてるのか?」

どうしても聞かずにいられなかった。

「ううん。いつもちゃんとゴムつけてるから」と奈々は答えた。

「さっきの風呂場は?ヤッてる音、聞こえたけど」

「・・・あれは、素股っていうやつ?してたの。そのままするのは絶対嫌だから」

「でも今、生でやってるじゃん」

そう言いながら、俺は抜き挿しした。

「・・・初めてだよ。生って気持ちいいんだね」

奈々はそう言って、切なく感じた声を上げた。

ここから、奈々の告白が始まった。
奈々は実は尾崎のことは好きでなく、最初から俺のことが好きだったこと。
言い寄ってくる尾崎を勧める俺に接するのが悲しかったこと。
俺が彩と付き合いだしたと聞いて泣いたこと。
それでやけになってというか、当てつけにというか、そういう気持ちで尾崎と付き合いだしたこと。
奈々が処女じゃないことを知った尾崎が激怒したこと。
そのくせ自分は、「彩ちゃんとやってみてぇー」などと奈々の目の前で言っていたこと。
そんな尾崎にますます冷めていったこと。
でも、4人でいれば俺の近くにいられるから尾崎から離れなかったこと。
しかし最近は耐えきれず、尾崎とのセックスを避けていたこと。
尾崎はどうしても奈々に大量の精液をぶっかけたいらしく、今まで2回ほど浴びてしまったこと。
最初はいきなりの口内発射で、このときは口と顔、そして胸がドロドロになってしまったこと。
2回目が今日のバック素股で、背中を汚されてしまったこと。

汚される奈々を想像すると、またチンコが固くなってしまった。
このまま出したくなった俺は、奈々にそのことを告げた。

「いいよ・・・出しても・・・」

奈々がそう言い終わったところで、本当に中出ししてしまった。

出し尽くした俺に、奈々は優しくキスしてくれた。
お互いを口とティッシュで掃除し、そのまま抱き合っていると、奈々は寝てしまった。
気がつけば外はもう明るくなり始めていた。
そのとき、風呂から出てきた二人の笑い声が聞こえてきた。

風呂で何回したのか知らないが、尾崎はまだ足りないらしい。

「彩ちゃん、ちょっと触ってくれんか?」と聞いている。

「ええ~まだやんの~?」

彩はもう寝たいようだった。

「ええやん、ええやん」

尾崎は食い下がる。

「もう寝る~」

しかし尾崎は諦めない。

「わかった。したら俺の上に跨がってマンコ見せてくれんか。一人ですっから。な?な?」

「・・・はぁ~、もう・・・おしまいだよ?」

彩はため息をつきながら尾崎に跨がった。

「うおぉぉ~めっちゃ贅沢なオナニーやん、これ」

尾崎は嬉しそうだ。

「彩ちゃんのオマンコ、もう俺の味かな~?」

そう言って尾崎は彩の割れ目に顔を埋めている。
しばらくすると、彩の息遣いも激しくなってきた。

「彩ちゃん、欲しくなってきたんと違うか~?俺の入れたいやろ?しよ!しよ!」

尾崎は彩を組み敷くと、また生で挿し込んでしまった。

「やっぱ彩ちゃん最高だよな~。なあ、俺と付き合ってくれんか」
「このオッパイも、このお尻も、このオマンコも俺のもんじゃ~」
「うお、うお、うお、うお、うお、うお、うおおおおおおっ」

尾崎は一人で喋っている。

彩は眠気と気持ちよさが混じっているのか、あまり動かない。
不意に動きを止めた尾崎が、「彩ちゃん、寝てもうた?」と聞く。
彩の返事はない。

「あーやーちゃーん?」

尾崎は彩の頬をペチペチと叩いている。

「あーやーちゃーん?」

胸をペチペチと叩いている。

しかし彩の返事はない。
尾崎は再び腰を振り出した。
今までより速く。
そして、そのまま、彩にすがりつくようにして、彩の中に射精した。

これには俺は興奮しなかった。
ただ、尾崎の卑怯さに怒りだけを覚えた。

俺は襖を思い切り開け、険しい顔で尾崎に近寄っていった。

「うおっ、いやっ、違うねん!」

何が違うのか?
尾崎はただ慌てるだけだった。

「お前はな、死ね」

そう言って、とりあえず顔面に蹴りを入れた。
尾崎は「ぐあっ!」と言うが、彩や奈々に起きられてはまずいと思っているのだろうか、大きな声は出さず、息を吐き出すような声で叫んだ。

尾崎の髪を引っ掴み、顔をこちらに向けさせると、「お前とはな、もうおしまいだ」と言った。

そのとき、後ろに気配を感じたので振り返ると、奈々が立っていた。
尾崎は奈々に向かって、「違うねん・・・違うねん・・・」と繰り返していたが、奈々は「別に何も言わなくていいよ。もう、おしまいなんだよね」とだけ言った。

「彩が起きたら一緒に帰れ」

尾崎にそう言い、俺と奈々は着替えて海へ行った。
海辺の公園で、ベンチに座って話をしていたが、そのうちに眠ってしまった。

昼前にマンションに戻ると、尾崎も彩も居なかった。
何度か携帯が鳴っていたが、全部無視した。
本来なら4人で3日ほど過ごすはずだったのに、2日めにして2人だけになってしまった。
残りの2日間、奈々とひたすらセックスした。
今まで奈々が尾崎や他の男にされた回数を超えてやる、そう思ってひたすらやり続けた。
体自体は彩とは比べものにならないが、セックスの相性は奈々の方がずっと合うことが判明した。
俺たちは朝も夜もなく、お互いを舐めあい、一つになった。

奈々とは半年ほど付き合ったが、俺の留学で遠距離になってしまい、そのまま自然消滅してしまった。
帰国した時には男ができていたので、奈々も寝取られたことになるのだろうか。
ただ、体の相性の良さが忘れられない奈々は、人妻となった今も俺に抱かれている。

留学時にも彼女ができたが、残念ながら寝取られ経験はなかった。
蛇足だが、白人や黒人より、日本人の方がずっと抱き心地は良いと思う。