短小なのにヤリチンな男の彼女を巨根で寝取った[後編]

この体験談は約 10 分で読めます。

23時過ぎになったので気遣ってみた。

「明日って仕事じゃないの?大丈夫?」

「うーん、大丈夫じゃない!泊めて」

「いや、それはまずいっしょ」

「なんでよぉー!どうせ何もできないくせに?」

「そりゃそうだけど、だから余計ダメでしょ」

「何が余計によ。まだ飲み足りないから部屋で飲も!」

「んじゃー泊まらずにタクシーで帰って下さいよ?」

「分かりましたよぉー」

ぶっちゃけ、手を出さない自信はなかった。
彼女もそのつもりなんじゃないかって思ってたし。
でも笑えない話、引っ越してからこの部屋に女を連れ込んだことは皆無。
テルさんの彼女が初。

部屋に戻ってからも酒を飲み、愚痴を聞いてあげてた。

「そういえば彼女ってどのくらいいないの?」

「この見た目ですからね、そろそろ3年になりますけど何か」

「マジで?性格は良さそうなんだけどね」

「性格も悪いっすよ。じゃなきゃあんなもん見せないでしょ」

「だってあれはアタシへの優しさでしょ?」

「う~ん、優しさっていうか、復讐?」

「何それ?何かあったの?」

酒の勢いもあって、俺は気に入ってた子の話をしてしまった。
しかもパソコンまで立ち上げて、「この子」と写メまで見せながら。

「マジ?テルくん超最悪じゃん!」

「俺だけじゃないよ。友達も同じこと言ってたから」

「でも大丈夫だよ!絶対にその子達も満足してないから」

「何で?つーか、『も』って何?」

「えーっ!そんなのアタシの口からは言えないー」

酔いが回ってきた俺たちはゲラゲラ笑いながら話をした。

「だってさぁ~、見て分かるでしょ?」

「やっぱり大きさですか?」

「初めてした時、『えっ?』って思ったもん」

「物足りなくて?大きさってそんな重要?」

「そんな気にはしてないけどさ、少しはねぇ・・・」

悪ノリが過ぎた俺は自分の大きさをアピールしてみた。

「そんなに?それは嘘でしょ?そんなの見たことないし」

「んや、マジで。握るとこんなもんかな」

「うっそー!そんなの今までの子にちゃんと入った?」

「嘘じゃないし、ほら・・・痛がる子もいたけどね」

「うわぁ、デカッ!」

ジーパンの上からモッコリ部分を際立てて見せた。
勃起はしてなかったけど、こんな感じと浮き立たせて見せてやった。
そこから「入る」「入らない」の話題になり、過去の話になっていった。

「アタシが見た中で1番大きかったのはこのくらい」

「俺の勝ちだな」

「もっとなの?元カノとか、どんなだった?」

「別に普通かなぁ、『顎が疲れる』とかはよく言われたけど」

「確かにぃ~、小さいと楽だもんね」

「知らんがな!」

2人して下ネタを笑いながら喋ってた。
だけど彼女が後ろのゴミ箱にゴミを捨てようと体をひねってた時、俺は欲情してしまった。
ローライズのデニムを穿いてたんだけど、腰が見えて見せパンじゃないパンツが見えたから。
ピンクのパンツで、しかも腰回りの肉付きがムッチリしてる。
痩せてるけど、やっぱり女の子らしい肉付きなんだなぁ~って思った。
ゴミ箱に入れようと手を伸ばしている後ろ姿・・・。
数秒間だったけど、一気にムラムラしてきた。

「氷入れる?」

彼女はキッチンへ行く。

「これって食べれるの?」

振り返ると冷蔵庫から昨日食べたヌカ漬けを出している。

「どうだろ?たぶんというか普通にOKだと思うけど」

俺もキッチンへ行き冷蔵庫の中を覗いた。

「男のくせに食材が多いねぇ」

至近距離で覗き込んでいる彼女を、思わずそのまま後ろから抱き締めてしまった。

「ちょっとどうしたの?酔っちゃった?大丈夫?」

「大丈夫じゃない」

「なーに言ってんのよ、大丈夫なんでしょ!」

「ダメかも・・・」

体を縮こませて逃れようとする彼女を振り向かせて強引にキスをした。

「ちょっと、だめっ」

胸を両手で押されたが、片手で抱き締め、片手を顎の下に入れて固定した。

「んんんんんっっ」と顔を左右に振って逃げようとしたけど、がっちり固定してキスしまくり。

一旦顔を離すと至近距離でジッと見つめられた。
そのままキスしようとすると、「もうダメ」と顔を押された。
その隙にサササッと逃げられ、彼女はソファーの所に戻っていった。
気まずい雰囲気の中、ヌカ漬けを持って戻った。

「もうちょっとねー、なんて言うか、雰囲気ってあるじゃない?」

「ダメだった?」

「もう全然ダメダメ、ムードも何もないし、強引過ぎ」

「そっかなぁー、どうしたらいいの?」

「例えばね、目の前で『凄い可愛い』とかって褒めてあげて、距離を縮めてからキスするとか」

「うんうん、他には?」

「部屋の電気を消してロウソクにするとか、ドンペリを出すとか」

「ドンペリはさすがにねぇーな」

「用意しておいてよー」

「とりあえず電気消しましょうか?ロウソクはないけど」

「コンビニ行って来てっ!」

「テレビの明かりで我慢して下さい」

電気を消して彼女の隣に座ってみた。
キスしたことで変な雰囲気になるわけでもなく、彼女がわざと場を和ませているのが分かった。
超いい子だよなと本気で思った。
隣に座って手を取り、数秒間見つめ合ってから再度キス。
今度は逃げられることもなく、ねっとり舌を絡めるキスになった。

(こんな可愛い子が俺の舌を舐めてくれてる)

そう思うだけでギンギンになってた。
彼女は俺の首に手を回して積極的に舌を絡めてきた。
夢心地なキスに夢中でいると、なんと彼女の方から上に覆い被さってきた。
座位のような姿勢になり、そのまま上からキスをされた。
まさに盛りの付いた動物のように彼女は上から激しく俺の唇に吸い付いてきた。
こんな姿勢で女の子にキスされたことのない俺は、なすがままでキスに応じてた。

やっとキスから解放されたのは、たぶん10分以上経ってからだと思う。
肩に腕を置かれてオデコをつけたまま、「んふっ」と笑う彼女。

「えっ?」と変な反応をした俺に、「久しぶりにこんなにキスした」と彼女は笑った。

それから、「ホントにおっきいんだね」とも。
勃起したチンコの上に跨がっていたから、大きさを直に感じたらしい。

そのまま腰を持って駅弁スタイルのような姿勢のまま歩いてベッドへ運んだ。
今度は俺が上になり、下から抱きつかれながらまたキスをした。
キスをしながらシャツの上から胸を揉んだ。
柔らかくてボリュームのある大きな胸で、揉めば揉むほど揉みたくなる胸。
吐息を洩らしながらのキス。
舌を出せば自然に吸い付いてくるキス。
脳味噌がとろけそうになり、シャツの中に手を突っ込んでブラの上から揉みまくった。
焦ってシャツのボタンを外そうとする俺にクスッと笑い、「シャワー浴びたい」と腕を掴んできた。
俺はすでにシャワーを浴びてるし、でも浴びなきゃマナー違反かなとか考えた。
あたふた考えている間に彼女が出てきた。

「それじゃ俺も」と言うと、「もう浴びたんでしょ?」と言われた。

「だってボディーソープの匂いしてたもん」

「んまぁーね、でも一応マナーかなって」

「何それ」

彼女が笑いながらバスタオル1枚で抱きついてきた。
だからそのままシャワーを浴びるのを中止して、キスをしながらベッドへ向かった。
バスタオルを取ると、それはもう綺麗なお椀形のオッパイが露わになった。

「陥没乳首なの」と笑いながら言っていた。

でも、めり込んだ乳首を舐めていると、いつの間にかプックリと乳首が出てきた。
そして硬くなった乳首にしゃぶりつくと、彼女は控えめな声を出し始めた。
夢中で胸を揉みながら舐めまくった。
テルさんの趣味だというほぼパイパンのアソコに手を伸ばし、洗ったはずのアソコが濡れているのも確認した。
濡れてるのがバレたとわかったらしく、「おっかしぃ~なぁ~」とおどける彼女。
たぶん照れ隠しでさっきからふさけてるんだって思った。

キスをしながら手マンをしていると、彼女の手が俺の下半身へと伸びてきた。

「ちょっとぉ・・・マジ?これ・・・」

トランクスの上から勃起したチンコを握った彼女が言った。

「マジっす」

そう言ってトランクスを脱ぎ、ダイレクトに握らせてみた。
彼女は、「デカい」とか「これはヤバい」とか言いまくり。
そう言いながらもシコシコと動かすもんだから、それはそれで気持ち良かった。

まずは俺からの愛撫。
耳や首筋を舐めると、「ゾクゾクする」と笑う。
だけどクンニが始まると、「恥ずかしい」と言っていたのも初めだけ。
すぐにおどけた口調も鳴りをひそめ、小さな声で吐息を洩らし始めた。
小さなアソコを左右に開き、浮き出たクリトリスを舌で舐め上げる。
ピクピクッと体がその度に動く。
舌で転がしまくって中指を挿入し、Gスポット辺りを刺激しながらクリ舐め。
吐息から次第に喘ぎ声に変わり始め、Gからもっと奥を刺激し始めた頃には完璧に喘いでいた。

「そこっ・・・」

小さい声でそう言われたので、「ここ?」と確かめながら指を動かした。
信じられなかったけど、中指の先が1番いい箇所に当たってたっぽい。

「そこ!そこ!」と口を押さえながら言い出し、本気で感じているのが分かった。

ここが勝負だと、俺は指を動かしながらクリを舐めたり吸ったりを続けた。
彼女はシーツを握り締めながら悶えまくり、腰を浮かせたりくねらせたりしながら悶絶する。
そしてついに腰がガクガクッッと動き、その直後に脱力していった。
(もしかしてイッた?)と考えたが、今まで手マンでイカせた経験など俺にはない。
だから、どうしていいのかわからず、そのまま指の動きは止めずにいた。

「もうだめっ、ダメだからっ、お願いっ、ダメっ」

早口にまくしたてられ、腕を凄い力で握られた。
これは本気でダメなんだと悟り、ゆっくりと指を抜いた。

「もしかしてイッた?」

「イッてませんけど」

「じゃ~、何でダメなの?また入れようかな」

「待って!ダメダメ!イッたからもうダメ!」

「イッたんじゃん、なんで素直に言わないかな」

「うるさいっ」

彼女はかなりぐったりしてたので、胸を揉みながら添い寝をした。
胸に顔を乗せてしばしの休憩をしていた彼女は、いきなりチュッとキスをしてそのまま下へ。

「ホントおっきいね」

「普通よりちょっと大きいレベルですが」

「普通とか言うな!」

笑いながらシコシコと手コキをされ、生温かい感触が亀頭を包んだ。
まずは亀頭を口に含んでチュパッとしたみたい。
その後はカリや裏スジを舌先で舐め、玉袋にまで舌先が届いてた。

「玉袋まで舐めちゃうんだね?」

「ダメ?」

「凄くいいです」

「うふっ・・・」

数年ぶりのフェラチオだったからだけではなく、本当に気持ち良かった。
彼女は男を喜ばせる舐め方を分かっていて、焦らされながらの舌使いに感動した。

「やっぱり顎が疲れるかも」

ジュポジュポとしゃぶっていたが、そう言って亀頭だけをチュポチュポしだした。

「これでも気持ちいい?」

「最高に気持ちいいです」

「ですって何よ、もう」

「感動してるから」

「そんなに?」

「うん、そんなにです」

この期に及んでも2人してケラケラ笑いあってた。

「ちょっと待ってね・・・」

彼女を寝かせて俺はコンドームを取りに行った。

「ちゃんと用意してあるんだ?」

「用意じゃないけど、前に持ってたヤツが確かあったと思う」

「それ、いつのヤツよ?」

「だからもう3年とかそんな前の」

「大丈夫なの?」

「大丈夫じゃなかったら結婚しますので」

「やめてよ、もう」

見つけたコンドームを装着して、濡れまくったアソコに亀頭を擦りつけた。
汁を亀頭に塗りたくり、ゆっくりと挿入開始。
やっぱり馴れてないだけあって、亀頭から少し入った辺りでストップがかかった。

「マジで異物感いっぱいなんですけど」

「痛い?」

「少し痛い」

「じゃあ馴らしていきましょうか」

「もうその口調やめてよ」

「了解致しました」

ゆっくり亀頭から少し入った辺りまでを出し入れした。
初めのうちは苦しそうな顔で耐えている表情だったけど、次第にそれが変化していってた。
濡れも十分だったし、そのまま徐々に奥へ奥へと挿入開始。
出し入れしながらゆっくり入れていったので、半分以上入ってからやっと気が付いたみたい。

「今ってどのくらい?」

「もう半分くらいは入ってるよ」

「ホントに?」

「うん、痛い?」

「痛くないかも」

その後、亀頭が子宮口に到着するまでは、ゆっくりと時間をかけて出し入れした。
奥まで入ってからは出し入れをせず、亀頭で子宮を転がすことに専念。
元カノが好きだったからという理由でやったんだけど、これがズバリ的中。

「何これ!いやっ!なにっ!」

一気に彼女が乱れだした。
腰を掴んで上下に振ると勢いが凄まじくなっていった。

「超ヤバい」を連発し、手を広げてベッドの縁を掴みながら顔を左右に振りまくる。

亀頭が子宮口をグリングリンと上下に震わせているのが分かった。
胸の揺れや泣きそうになっている可愛い顔を見ながら強引に腰を掴んで動かした。
途中何度か目が合って、何かをねだるような眼差しを受けながら、構わず動かす。
そろそろ腕が悲鳴をあげると思い始めた頃、彼女の反応が最高潮に。
仰け反って脳天で体を支えるような体勢になり、最後は言葉にならない声を出した。
直後にやっぱり脱力し体を震わせてたので、イッたんだと分かった。
胸を触ってみると物凄い汗でビチョビチョ。
顔も汗だくでビックリ。
ゆっくり回復を待ちながら出し入れを続けた。
でも「勘弁して下さい」とか言い出して、「お願いだからちょっと休憩しよう」って。
仕方なく抜いて添い寝。

「中がジンジンしてる」と彼女は天を仰いでた。

「いつもじゃ届かないから?」

「今まで中でイッたことないもん」

「マジで?さっきのが中の初イキ?」

「うん、もぉ~なんでこんな時に・・・」

「俺が相手で申し訳ないっすね」

「うっそ!そんな事ないよぉー」

しっぽりって雰囲気にはならないようで、その後も変なノリで会話をしてた。
でもそうこうしてる間に外が明るくなり始め、時計を見たらもう5時近くになってた。

「もう終了っすね」

「アタシ、仕事に行けないかもだしね」

「そういえば着替えに行かなきゃでしょ?」

「うん、そうだね。何も持ってないし」

汗だくだったのが半渇きになって肌寒くなってきたのでシャワーを浴びることにした。

「もっと明るい場所で裸を見せて下さい」

笑いながらそんな事を言いつつ一緒にシャワーを浴びた。
ブルンとした胸はちゃんと重力に勝っていて、かなり素晴らし過ぎるスタイルだった。
出してないのですぐに勃起し始め、泡で包み込むように洗われるとギンギンになっていった。
「また今度ねぇ~」とシャワーで流されたが、その言葉を聞いてキュンとしてしまった。
(たぶん、もうこれで終わりだろうな)って思ってたから。
お返しに俺もアソコを洗ってあげて、同じ言葉を返してやった。

食べたいと言うのでフレンチトーストを作ってあげた。
「美味しいね!」と喜んで食べる姿を見て、もうどうなってもいいと思った。
でも帰る寸前、玄関で靴を履きながら、「テルくんには内緒ね」と言われた。

「あぁ・・・そうだね」

そう答えると彼女が振り向き、首に抱きつかれてディープキスをされた。
そういえばノーメイクだよなって思いながらキスを堪能し、そのまま駅まで送っていった。

部屋に戻ってふと気が付いたのは、枕の横にあった名刺だった。
(何だ?)と思って見てみると、それは彼女の名刺で、裏に手書きのメアドがあった。
メールしてみると、『早いね(* ̄m ̄)』と一言だけ。
このメールを見た瞬間、確実に惚れたと実感した。

これ以降は簡潔に投下。

「彼女を作るなとは言わないけど、合コンには行っちゃダメ」

まだテルくんとは別れていない彼女からそう言われ、いまだにセフレみたいな関係が続いてる。
あの日から1週間とちょっとした土曜日の夜、また彼女がウチにやってきた。

「今日はテルくん、合コンみたい」

俺も誘われてたけど、彼女が来るっていうから数日前にキャンセルした。
ちゃんと新しいコンドームも用意して、また朝までエッチした。

「やっぱりおっきい」と言われ、「またして欲しい」とも言われたので、突いて子宮を揺らした。

また俺が出さずに終了かと思ったけど、新しい超薄のコンドームのお陰でイクことができた。
子宮に亀頭がグリングリン当たるだけでイケたのは初めての経験。
たぶん今までのセックスの中で最高に興奮してたからだと思う。

回数を重ねるたびに、彼女は乱れるようになっていってる。
当初は1回昇天したら「もう勘弁して下さい」と言っていたのに、馴れてきたのか1回昇天してもしばらくすると回復し、また昇天するようになってきた。
まだ10回ちょっとのセックスだけど、最高記録は4回。
俺がいつも1回しかイカないので、最近では俺の方が強い立場になってる。

「またイッたの?俺がイッてないのに」
「また先にイクの?」
「テルさんに謝った方がいいんじゃね?」
「イキたいの?ならお願いは?」

終わった後はすぐに立場は逆転するけど、セックス中は何気に彼女はMっ子だ。

そうそう、相変わらずテルさんは浮気三昧らしい。
俺は仕事が忙しくてと断っているが、友人からは毎回、愚痴のような報告を聞いてる。

「また持って行かれたよ」と。

色々と考えなきゃいけないことはあるけど、今は彼女のことが好きだし、彼女も楽しそうなので、忘れてこの時を楽しもうって思ってる。
今度ここに投下する時は、テルさんにバレた時だろうな。
それではその時まで、お疲れ様でした。

タイトルとURLをコピーしました