酔うとエロくなる騎乗位好きな女上司

この体験談は約 3 分で読めます。

会社の上司なんだけど、国立卒で32歳の独身。
気は強いがスタイル抜群の美人で仕事も出来る。
仕事は建築不動産で、しょっちゅう俺とチームを組んでいるため、色々な場面に出くわしていたが、その日は・・・。

とある開発の仕事で地方の物件を視察。
上司はいつもスーツに膝上のスカート姿。
坂道を登りながら後ろから付き添い、スレンダーながらもムチっとした尻を眺め、朝から目が覚めた感じだった。
その日は宿に泊まることになっており、早めに宿に着いた。
もちろん部屋は別なんだが、夕食後に形ばかりの打ち合せをし、後は風呂入ってまったり。

小1時間しただろうか、上司から電話で酒を飲もうと誘われた。
付き合いも長いため、これまでも何度か2人で酒を飲んだことはあった。
もちろん初めは上司と部下としてだが、酒が入れば普段の気の強い姿は想像もつかない。
ゲロの世話をしたこともあるし、家に担いで帰った経験もあるが、何もなかった。

俺は浴衣のまま上司の部屋に行った。
上司も浴衣で薄化粧、少し頬を赤くしてすでに飲酒していた。
酒を飲みながら今日の物件の話や仕事の愚痴で小一時間。
俺も少し酔いが回ったのか、風呂上がりに浴衣姿で酒を飲む上司をチラチラと見ているうちに、ちょっとムラッと来ていた。
胸元が少し肌蹴てチラチラとする胸からブラも覗けるシチュエーション。
まあ今までもこの程度のエロは沢山あり、何もなかったのだが、今日は場所が宿だけにトチ狂ったか、「あ~疲れた~」と言い放つとベッドにうつ伏せになってしまった。

「じゃあ、お休みなさい」と、俺が立ち上がると・・・。

上司「ねー、疲れたから少しマッサージしてよ」

(えー、マジかよ。俺も疲れてんだけど・・・)

心で叫ぶも、「ハイハイ」と従う俺。
うつ伏せになった上司の華奢な肩辺りを浴衣越しに軽くマッサージすると、「もっと強く」と言われ、力を入れてマッサージする。

「次は腰を強く」と要望され、少し躊躇しながら上司に跨がる感じで馬乗りになり、マッサージを始める。
背骨から腰を重点的にマッサージしていたが、体勢が馬乗りなだけに、無意識に上司のムチッとした尻と俺の股間が接触する感じになり・・・意識すればするほど俺の股間は反応する。
上司は目を閉じたままでなんの反応も見せてはいない。

俺は少し酔ってエロい気分になっており、上司の尻に股間を軽く押し当てる感じでマッサージを続けていた。
そのうち頼まれもしない太ももや尻などをマッサージ。
尻は想像通りのムチムチで張りがあり、柔らかい。
思わず噛り付きたくなるが、さすがにそれは無理と諦めながらも、太ももをマッサージしながら少しずつ裾をまくり、生太ももをマッサージしようと触った。

上司「ちょっと、何よ?」

やはりというか何というか、気付かれてしまい、ビビる俺。

俺「い、いやー、スイマセン、つい・・・」

上司「いやねー、なに立ててるのよー」

振り向き、俺の股間を見る上司。
目の前には浴衣を肌蹴させて勃起したボクサーパンツ。
俺はビビって動けない。

上司「へー、大きくない?ちょっと触らせて」

なんと上司が俺の勃起した股間を触ってきた。
そしてビビる俺に構わず、「ちょっと脱ぎなさい」と言うのが先か脱がすのが先か、ボクサーパンツを下げてしまい、勃起チンポを直に握ってきた。

上司「大きいね~。でも私、フェラって苦手なんだよね」

握っている手を動かし、軽く舌で舐める。

上司「久々だよ、この大きさ・・・ちょっといらっしゃい」

(え、誘われてる?)

まさかとは思ったが、上司は俺を横にさせると浴衣を脱ぎ、自らブラを外すと小さめの胸に俺の顔に引き寄せてきた。

上司「今日だけね・・・さあ来なさい」

上司の口調はとても優しかった。
俺もここまで来たら男だと覚悟を決め、上司と濃いキスを交わした。
考えてみれば年上の女は初めてだし、しかも相手は上司だからされるがまま。
ほぼずっと騎乗位なのも初だった。
でも最後はムチムチの尻を掴んでバックで果てられて満足だった。

タイトルとURLをコピーしました