花屋ですが、常連の奥様に電マをバイブを贈りました

この体験談は約 3 分で読めます。

私鉄沿線のS駅近くで花屋を営んでいる2代目店主です。
これは2年前の話です。

お座敷、ダイニング用の活花を定期的に購入されるお客様、理絵さん(33歳)の旦那様がアメリカに転勤となりました。
理絵さんは子供さんの学年の区切りなどを考慮して、時期が来るまでお子さんと2人の生活に入ったそうです。
したがってお座敷用の花は不要との申し出を寂しそうに語っていました。

「それは不自由なことですね」

私は同情の言葉をかけました。
お花を届けるたびに気軽に話を交わしますし、時にはリビングでコーヒーをご馳走になりながら世間話をします。

「不自由」の言葉は、ある意味を込めて申し上げたつもりでしたが、理絵さんにも通じたようで、やや顔を染めて、「そうなの。まだ若いからどうしましょう」と返され、期待以上の言葉にどぎまぎしつつ、「今は優れた代用の品がありますから、それらで慰めるといいですよ」と理絵さんのお顔を見ながら呟くように話しました。

「えっ、そんなのがあるんですか?」

意外な返事でした。

「今は雑誌でも広告が載ってますし、インターネットで検索してもショップが探せますよ」

私が説明すると、「恥ずかしくて、とても注文出来ないわ」と下を向いて言います。
清楚でスレンダーな奥様との会話です、力が入ります。

「それでは私にプレゼントさせて下さい」

大事な商売のこともすっとんで積極的に振る舞い、せっかくのチャンスを活かそうと必死でした。
10日ほど後にお花の配達でお伺いしたときに用意したプレゼント、電マとバイブの2つを理絵さんに手渡しました。
理絵さんは、「え、ほんとに?恥ずかしいわ」と言いながら受け取ってくれました。
内心では(やったぁ)です。

「男の私にはわかりませんが、なかなかの優れものと評判のようですよ」

「私、機械の扱いは苦手なの」

理絵さんが上気した顔で訴えてきました。

「大丈夫ですよ。私が責任を持って説明しますから、すぐに慣れますよ」

箱から電マを出して、軽く首筋から肩にかけてなぞるように使うと、安心したのか力を抜いて身体を寄せてきます。

「あら、気持ちいいのね」

両肩から脇の下、そして前に電マを滑らせ、乳房を下から円を描くように上に滑らせ、乳首の手前からまた下へと繰り返します。
理絵さんの息が荒くなり、胸の上下を大きくして、「あぁ、切ないわねぇ」と呟き、自ら乳首に電マを当てようとします。
なるべく焦らした後で敏感な乳首にと考えていたので、脇腹から腰の辺りに離したり、また乳房に戻ったりとしていたら・・・。

「意地悪しないで」

とうとう理絵さんが求めてきました。
あとは遠慮なく乳首から移動して下半身を責め、衣類も順次剥いで全裸でベッドに横たわり、いよいよバイブの説明と使用です。
すでに電マで2度ほどアクメに達しているので、理絵さんの秘部はびしょびしょです。
バイブもすんなりと咥え込み、腰を弾むように回して、「あっはぁ、あっはぁ」と淫声を絶え間なく発し、私の股間に手を伸ばして触れてきます。
それでもバイブで執拗に責め、指でアナルを擦ると小さなアクメが連続して起こました。
その直後・・・。

「あっー、だめだめ、やめて、イクイク、イクッ!あっ、いっくぅー」

理絵さんの身体から力が抜けて失神しました。
小休止の後。

「この道具って凄いわね。私、こんなの初めて。でも私だけこんなのって恥ずかしいわ。あなたのこれでしてくれません?じゃないともう顔を合わせられない。ねぇ、いいでしょ?」

望むところです。
私は待ってましたとばかりに励みました。

それから8ヶ月ほど理絵さんとの夢のような関係が続きましたが、子供さんの学期の解決もつき、ご主人の待つアメリカに旅立ちました。
家は帰国まで他人に貸して不動産屋が管理しているので、配達で傍を通ると理絵さんの乱れた姿が思い出されます。
帰国後に期待しますが、一時の夢として思い出を大事にしたいとも思っております。

タイトルとURLをコピーしました