隣に住んでる女子高生にエッチなマッサージ・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

もう何年も前の話だが、ボクのかけがえのない思い出を記しておきたい。

あの日、大学からマンションに戻ると、隣に住んでいる女子高校生が制服姿のままボストンバッグを傍らにおいて扉の前で蹲っていた。

「志保ちゃん、どうしたの?」

「朝、鍵を持って出るのを忘れちゃって・・・」

志保は恥ずかしそうに答えた。

「お母さんが帰ってくるまで、ウチで待つ?」

「いいんですか?」

志保はホッとした表情をして見せた。

「どうぞ」

鍵を開けてウチに入るように促すと、志保はボストンバッグを手にして遠慮がちに玄関口に立った。

「お邪魔しまぁす」

そう言いながら家に上がった。

志保は少し離れた私立の学校に通う高校生で、ボクが越してきた何年も前から隣に住んでいる。
きちんと挨拶のできる娘で、当時は中学生だったがその頃から背が高かった。
ボクが大学に入って越してきた頃にちょうど中学生になったはずなので、今年高校に入ったばかりのはずだ。

「コーヒーを飲むけど、志保ちゃんも飲む?」

そう聞くと志保は素直に、「すみません・・・」と頷いた。

食卓で向かい合いながら学校の話を聞いていると、志保はどうやら陸上部に所属しているようだった。
通りで真っ黒に日焼けをしていて、笑った時の歯が異常に白く見える。
でも、女子高生との共通の話題はそれほどなく、会話は間もなく途絶えてしまった。

「差し支えなかったら、お兄さんの本を見させてもらってもいいですか?」

志保は話題を探すかのように言った。
ボクの部屋の扉が開いていたので、入ってきた時に本棚が見えたのだろう。
それに、さすがお嬢さん学校に通うだけあって言葉遣いもなんだか上品だ。

「いいよ」

ボクの部屋は本だらけで、それだけが自慢だ。
本棚に収まり切らずに積んだままになっているものも多い。
志保には勝手に本を見てもらい、ボクが飲み終えた2人分のコーヒーカップを洗っていると、ボクの部屋から急に呻き声のようなものが聞こえた。
拭きかけのカップを慌てて流し台に置いて部屋に行ってみると、志保が脚を伸ばした状態で床に座り込んでいて、しきりに親指を足の甲の方に向けて曲げようとしていた。
端正な顔が苦痛に歪んでいる。

「どうしたの?」

「足が攣っちゃって・・・」

痛みを耐えながら志保は痛みが通り過ぎるのを待っていた。
ようやく痛みが治まると、志保は半笑いの状態で言い訳をするように言った。

「今日の練習、結構きつかったから・・・」

「運動の後、ちゃんとストレッチとかした?」

心配してボクが尋ねると、志保はバツが悪そうに、「サボッちゃった」と言って舌をぺロッと出して見せた。

「お兄さんは昔よく先輩にスポーツマッサージをさせられてたから、やってあげようか?」

そう言うと志保は警戒する素振りも見せずに、「えっ、いいんですか?」と聞いてきた。

「うん、上着を脱いでそこにうつ伏せになってごらん」

ボクがベッドを指差すと、さすがに少し恥ずかしくなったのか、「この壁の向こう、ちょうど私の部屋なんですよね」などと照れながらも素直にブレザーを脱ぎ、短めの髪をゴムバンドで手際よく後ろでまとめてベッドにうつ伏せになった。

家の玄関先ですれ違ったり、エレベーターホールで一緒になった時など、愛想良くきちんと挨拶してくれる志保はとても感じのいい綺麗な顔立ちの女の子だった。
でも、中学生や高校生の女の子と話をするきっかけなどなく、いつも挨拶を交わすだけの間柄だった。

ボクはスカートから伸びている長い脚に手を伸ばし、まずは足首のところから脹脛を少しずつ伸ばすようにした後で、今度は押すように揉み解していった。

「んっ!」

少し強めに押すと志保が喉の奥から声を出した。

「痛い?」

「ううん、気持ちいいです」

小麦色に焼けた肌が健康的で、女子高生の脚は触り心地も満点だった。
その時まで想像もしたことのなかった少女の肌が、現実にボクの指先に触れていた。
若々しく張りのあるお肌だったが、強い日差しに晒された肌は少し乾燥していてざらついていた。

「志保ちゃん、日焼けしすぎてお肌が乾燥しているからオイルを塗ってあげようか?」

そう尋ねると、躊躇っているのか返事がなかったので、ボクはバスルームへバスタオルとベビーオイルを取りに行った。

「志保ちゃん、ちょっとだけベッドから下りてくれる?」

そう言うと志保は素直にベッドの脇に立ち、ボクがバスタオルをベッドに敷くのを黙って見ていた。

「はい、どうぞ」

もう一度ベッドに横になるよう促して志保の顔を見てみると、うつ伏せになっていたせいか顔が少し紅潮していた。
ソックスを脱いでもらって足首から徐々にふくらはぎに向かってオイルを塗っていった。
膝裏から太股の裏に手を滑らせてオイルを肌に滲み込ませるように塗っていったが、細いもののバネのある筋肉が志保の足の骨を覆っているのを指先と手のひらに感じた。

「志保ちゃん、スカートを少し捲るよ」

返事がないので了解とみなして、ボクはショーツの裾が見えるくらいまでスカートを捲り上げた。
薄いピンク色のショーツだった。
少し脚を開かせてどんどんオイルを塗っていき、脚の付け根近くまで進んでいった時、ショーツのクロッチ部分に小さな染みができているのを見つけた。
悪戯心か邪な気持ちか分からなかったけれど、足の付け根を揉むふりをしながら突起のあたりを狙って軽く突付いてみた。

「お兄さん、駄目ですよぉ・・・」

途端に志保はビクッと身体を震わせて小声で言った。

「でも、志保ちゃん、パンツに染みができてるよ」

そう言うと志保は枕に顔を押し当てて恥じらいを隠すような仕草をした。
ボクはタオルでオイルを拭うと、ベッドに腰を掛けて志保に話しかけた。

「志保ちゃん、こっち向いて」

志保の身体がベッドに横になり顔が見えるようにすると、ボクは志保の目を覗き込みながらとっておきの台詞を口にした。

「志保ちゃん、オナニーしてるよね?」

志保は驚いたように目を少し見開いて顔を真っ赤にすると、首を何度も強く横に振った。

「でも、学校から帰ってこのベッドに横になっていると、壁の向こうから時々声が聞こえるんだよね」

ホントは嘘だったが、ボクは志保の部屋がある方の壁を指差して見せた。
志保は俯いて何も言わなくなってしまった。

「背中にも塗ってあげるからスカートとブラウスを脱ぎなよ」

畳み掛けるように言いながら志保の上体を抱き起こすと、志保は観念したのか何も言わずに従った。
考える余裕を与えないことだとボクの本能が告げていた。
ショーツとスポーツブラだけになった志保をもう一度うつ伏せに寝かせて、腰から背中にオイルを塗った後、仰向けにさせてお腹にも塗った。
志保はずっと黙ったままでされるがままだったが、太腿の前から足の付け根を解しにかかると、顔を向こう側に向けて表情を見られるのを嫌った。
一旦お腹に手を戻してから徐々に胸の方に近づけていったが、志保は何も言わなかった。

「ブラジャーも取っちゃおうか」

志保の身体を抱き起こしてバンザイをさせると、スポーツブラを脱がせて、その手のAVで見たように小さなタオルを顔に掛けてやった。
志保は思考が停止したようにボクに身を任せたままだった。
オナニーという誰にも知られたことのない秘密を知っている相手だと思って観念したのだろうか。

まだ膨らみきっていないおっぱいが目の前で呼吸に合わせて静かに上下している。
乳首はピンク色の乳輪に囲まれて胸に陥没したままだった。
オイルをたっぷり手にとって幼い乳房を揉み解していくと、乳首を指でくすぐるようにして勃たせた。
陥没していたピンク色の乳首はすぐに硬く大きくなって、志保の口から震えるような吐息が漏れた。

「気持ちいいでしょ?」

そう聞いてみるとタオルが微かに上下に動いた。
たっぷりと時間をかけておっぱいを揉んで、時々舌の先でレロレロすると志保の声が漏れ始めた。

「ん、ん、ん・・・」

オイルではない液体で志保の下着には大きな染みができていた。

「下着が濡れてるよ」

「・・・」

「汚れるといけないから取るよ」

そう言って手に付いたオイルを拭ってから、卵の皮を剥くようにお尻の方からショーツをスルッと脱がしてやったが、志保はそれでも抗う様子を見せなかった。

あどけなさを残した少女の一糸まとわぬ姿がボクの目の前にあった。
首から上と手足が小麦色に日焼けしていたが、胸や腰周りは真っ白だった。
足の付け根には若い女の子らしく少し薄めの草むらが茂っていた。

膝を立てさせて、すでに膨みかけた突起に丹念にオイルを塗りこんでいく。
志保は何も言わなかったが、気が付くと割れ目からは粘り気のある透明な液が少しずつ溢れ出していて、オイルなどもはや必要ではなかった。
包皮を捲り、愛液を指で掬って直接刺激を与えると、「ひぃ!」と声を上げて腰を引こうとしたが、逃さなかった。

「お兄さん、そこは・・・」

ボクはそのまま志保の一番敏感な突起を恥骨に押し付けるようにして揉んでやった。

「お兄さ・・・、あん、おかしくなっちゃう!」

志保はシーツを掴みながら快感に翻弄され、声が大きくなったところで突起を掻くように刺激すると、志保の腰がだんだん浮いてきた。
志保が何かを言っていたので、一旦マッサージをやめてタオルを捲り、顔を近づけた。
志保は蚊の鳴くような声で聞いてきた。

「・・・して・・・って・・・すか?」と聞いてきた。

「志保ちゃん、何?」

志保の口元に耳を近づける。

「キスしてもらっていいですか?」

視線を外しながらの小声ではあったが、今度ははっきりと聞こえるように志保は言った。
ゆっくりと唇を近づけ、唇同士が触れるか触れないかのところで志保の顔を見つめていると、志保は舌を少し出して求めてきた。
お互いの息が唇にかかるのが感じられてボクは興奮した。
慈しむように、舌を微かに触れ合わせて舌を舐めてやる。
志保は舌を尖らせて伸ばしてきたので、次に吸い込むように舌で舌を絡めとり、手は股間に伸ばしてクリを思いっきり擦るようにして捏ね上げた。

「はぅ!あ、はっ、はっ、はっ、はぁ!」

志保は悶えはじめ、ボクの手か逃れようと腰を捻った。
ボクはそれを許さずに志保の首の後ろに片腕を回し、上半身を薄い胸に押し付けるようにして押さえ込むと、やがて志保の身体が小刻みに震えだした。

「あ、あ、あ・・・お兄さん、もうダメ!」

喘ぐようにそう言ったかと思うと、腰をガクガクと震わせた。

「イク、イクっ、うっ!」

短く声を発したかと思うとストンと腰がベッドに落ちて、大量の愛液がシーツを濡らした。
紅潮した顔を覗き込んでみると、志保は目を閉じたまま眉間に皺を寄せながら唇を小刻みに震えさせていた。
健康な美少女が口を半開きにしながらアクメに達する姿は萌えた。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました