出しても出しても太くて硬いままの患者さんと何度も

この体験談は約 5 分で読めます。

私は今、40歳です。
私は20歳の時に旦那とデキ婚をしました。
私は看護師で、旦那は私と同じ病院の医者でした。

33歳の時のことです。
もうその頃には旦那とはしなくなっていました。
私が夜勤の日、見回りに行くと、個室の部屋から音が聞こえました。
そこの個室には左腕を骨折した患者が入院していました。
無事に手術も終わって、退院まであと2日ほどだったと記憶してます。

何かあったのかと思い、静かに名前を呼びながら入りました。
その人を仮名で『Yさん』とします。
Yさんは28歳、大工仕事で左腕を骨折。

私「Yさん、どうしました?」

Y「はっ、はぁ・・・」

なんの返事もありません。
カーテンを少し開けて中を見ました。
真っ暗の中、携帯がYさんの顔だけを照らしていました。
携帯を見つめるYさんは私に全然気付きません。
心配になって懐中電灯でYさんを照らすと、男性のアレの部分が動いていました。
Yさんは私に気付いて、慌てて手を布団から出しました。

Y「あ、佐藤さん、どうしましたか?」

私「それはこっちの台詞ですよ。声が聞こえたので何かあったんじゃないかって」

Y「大丈夫です」

私「ならいいけど、痛かったり苦しくなったら言って下さいね」

私は少し乱れた布団を直してあげようと電気を点けました。
すると布団の一部が盛り上がってました。
以前、患者さんが布団の中にお酒を隠していたことがあって、もしかしてと思い布団を捲りました。
盛り上がっていたのは、Yさんの男性器でした・・・。
それも旦那とは比べ物にならないほどの大きさ。
ズボンが盛り上がりすぎてウエストの部分に隙間ができ、そこから根本が見えました。

私「Yさん、これ・・・」

Y「何週間もしてなくて、・・・すみません」

もう何年もしてなかった私の理性はすぐに崩れました。
先の部分を指でツンツンするとビクッと跳ねます。

私「Yさん、大丈夫ですか?苦しくないですか?」

Y「大丈夫ですけど、触られたらちょっと・・・」

私「今日だけですよ?誰にも言わないで下さいね」

Y「え?どういうことですか?」

私はYさんのズボンを脱がして男性器を出しました。
嬉しそうにブルンと飛び出てきた男性器。
見たことない大きさに一瞬びっくりしましたが、冷静を装って優しく握りました。
私の手の中でビクビクと脈打つ男性器。
少し力を抜いたら私の手から逃げてしまいそうな強い跳ね方です。
親指と中指が全然回りきらないすごい太さ。
長さもすごくて、ボコボコした血管の感じが手のひらでもわかります。
それは、まるで凶器でした。
涎を垂らし、丁寧にゆっくり擦りました。

ガラガラ・・・。

そのとき急に個室のドアが開きました。

?「佐藤さん、いますかー?」

懐中電灯を向けると、後輩のAちゃんです。

私「どうしたの?」

私はカーテンの間から顔だけ出して対応しました。

A「見回りから戻って来ないから探しましたよ。Yさん、どうかしました?」

私「ちょっと包帯を直してたの」

Aちゃんと話していると、Yさんが足先で私のお尻を触ってきました。
そのまま割れ目をなぞって私の女性器に触れました。
思わずぴくっとなってしまいましたが、逆光だったのでAちゃんからは見えてないみたいです。

私「包帯を変えたらすぐに戻るから」

A「わかりました~」

Aちゃんが部屋から出てドアを閉めたのを確認してカーテンを閉めました。

私「もう!危うく声が出るところですよ」

Y「佐藤さんのお尻を見てたら触りたくなって」

私「早く出して下さいね。私もあまり時間がないんですから」

Y「わかりました」

私はYさんの男性器を少し激しく擦りました。

Y「佐藤さん、お尻をこっち向けてもらったらダメですか?」

私はYさんにお尻を向けて擦りました。
私のお尻を見て、Yさんの男性器はさらに元気が良くなって、力強くビクビクと手の中で跳ねました。

(こんなの・・・見てるだけじゃ我慢できない)

そう思いました。
いえ、そうとしか思えなかったと言った方が正しいかもしれません。
私は恐る恐る口を近付け、咥えました。

(おっきい、アゴが外れちゃう)

Y「あ、佐藤さん、すごく気持ちいいです」

口の中で跳ねると腰がびくっとなってしまいます。
Yさんは私のお尻を触ってきました。
私も期待していたのでしょう、拒否することなく夢中で舐めました。

Y「スカートが張ってる感じが凄いエロいです」

触り方がエッチなので思わず体が反応してしまいます。

ぶちゅ・・・じゅっ・・・ぶぶっ・・・。

だんだん興奮してきて、思わず強く吸ってしまい、エッチな音が出てしまいます。
いきなりYさんが指で割れ目をグリグリしてきました。

私「あっ、じゅ・・・んふっ・・・じゅっ、じゅる・・・」

そしてYさんは私のスカートを捲ると、パンストごとパンツを下げて指を入れてきました。

私「ふうぅぅんっ・・・じゅるじゅる・・・んんっ・・・」

激しい指使いに声が止まりません。

私「Yさん、待って」

Y「でも佐藤さんと同じくらいのスピードですよ?」

私「こんな激しいとすぐに、い・・・くっ・・・くぅぅ・・・」

Y「イッてもいいですけど、俺が出すまでしませんか?」

私「え・・・?」

Y「同じことを同じ激しさで、です。俺が出さないと終わらないですから」

私「い、いいですよ」

再び再開したのですが、すぐに中止しました。
もう音がすごくて。
仕方なく私達は地下1階で待ち合わせをしました。
Aちゃんには、「なんかあったら電話してね?各階を見てくるから」と言いました。

地下で待ち合わせして、エレベーターからなるべく遠い、この時間には誰も来ない部屋に行きました。
予備の布団とかを置いてある部屋です。
そこで布団を敷き、佐藤さんと続きをしました。
誰か来る心配はほぼありまえんが、用心して声は我慢しました。
部屋にはお互いの性器の音が鳴り響きます。
私は自分がイッても手を休めずにしました。
わずか10分くらいで6回もイカされました。
私が夢中で舐めていると・・・。

Y「俺の顔を跨いで下さい」

スカートを残して下着だけ脱いで、Yさんの顔を跨ぎました。

(もう遠慮してられない・・・早くしなきゃ私が・・・)

私は本格的に舐めることにしました。
久々の男性器を欲しがるように、もう音なんて気にせず、手と口を思いっきり動かしました。
Yさんも私のクリを指で激しく擦ってます。
たぶん20分くらい、お互いずっと休まずにしました。
私は数え切れないくらいイカされました。
Yさんの方も限界が近いのか、おっきくなって口の中で暴れまわりました。

(もうちょっとだ・・・)

私はYさんの腰に抱きついて激しく首を上下しました。
Yさんも私の腰に抱きついています。
そしてついに、私達はほぼ同時にイキました。
口の中にドバドバ出てくるYさんの精子。
飲むつもりなんてなかったのに、興奮しきっていた私は喉を鳴らして飲んでしまいました。
するとYさんが、また私のあそこを激しく舐め始めました。

(え?まだ終わらないの?)

Y「あと2回は出来ますよ」

(え・・・もう・・・ダメ・・・)

私は完全にダメになってしまいました。
でもYさんの男性器は・・・射精しても太くて硬いままで変わらないのです。

(もしかして入れられちゃう?)

もう私は・・・セックスのことしか考えられなくなっていました。
大きすぎて全部は口に入りません。
涎を垂らし、先の方をローリングするように手で擦りながら、竿を横から舐め回しました。
何度もイカされながら、私は舐め続けました。
Yさんが体勢を変えて入れてきました。
それはいきなりのことでしたが、私は抵抗することもなく受け入れました。
Yさんは最初から激しく腰を使ってきました。。
私は息ができないほど感じてしまいました。
そしてイキまくりました。
最後はお腹に出されて、私はYさんの男性器を舐めて綺麗にしてあげました。
2回出してもYさんの男性器は、まだ太くて硬いままでした。

その夜、Yさんは4回出しました。
そして次の日の夜も・・・。

タイトルとURLをコピーしました