バツイチの音楽教師にイタ電したらエッチできた

この体験談は約 3 分で読めます。

話は20年前のことだ。
俺は県立高校の2年生で、その時に音楽を担当していたK先生と関係を持った。
K先生は当時30代半ばで離婚していた。
めちゃくちゃ美人というわけではないが、熟女特有の色っぽさがあり、俺は毎晩、K先生を想像してはオナニーに耽っていた。

俺の両親は帰宅が遅く、夜はいつも1人でいた。
ある日の夜、俺はいつもの通りK先生をおかずにオナニーを始めたのだが、あるいけない行動に駆られた。
それはK先生の自宅に電話にエッチな電話を掛けることだった。
K先生の自宅番号は生徒連絡簿に記載されていて、俺はドキドキしながら先生の自宅に電話をした。

先生はすぐに電話に出た。
俺はオナニーを始めた。
そして甘い喘ぎ声を出した。
K先生は「変態!」と怒鳴ると、すぐに電話を切った。
だが俺は激しく興奮して、今までにない激しいオナニーの快感を味わった。

俺はそれから毎晩、電話をするようになった。
掛かるとすぐに切られていたのだが、ついに1週間後、先生は電話を切ることはしなくなった。
しかし電話は無言。
俺は喘ぎ声を何度も上げて・・・。

「先生!イクッ!!!!!」

そう叫んで果てた。

そして翌日・・・。
学校でK先生は俺を呼び止めた。
そして音楽準備室に俺を招き入れた。
K先生はゆっくりとした口調で、あの電話のことを問いただした。

「あなた・・・毎晩、私の家に電話を掛けてるでしょう?」

もちろん俺は否定した。
当然、ばれたら退学処分である。
心臓が爆発しそうだった。

「電話の声とあなたの声が似ているの・・・。私、音楽担当だから分かるのよ。あなたでしょ・・・エッチな電話を掛けてくるのは・・・」

俺は大人しく俯くしかなかった。
そして、「はい」と小さな声で答えてしまった。
退学を覚悟した。
だがK先生は優しかった。

「たぶん、普通なら退学処分だけど・・・私、1人で寂しくて・・・。あの声を聞いて興奮してしまったの・・・。今、誰もいないから実際に電話口でしていることをして見せて・・・」

俺は信じられなかった。
そして俺の股間は信じられないくらい硬く勃起した。
俺はズボンと下着を下ろして、硬く上に反り上がったモノを握り、擦り始めた。
K先生に直に見られていると思うと、自然にあの喘ぎ声が出てきた。

「あぁぁ!!!!先生!!!K先生!!!あ~ぁぁん!!!いいよぉ!!!」

場所は音楽準備室。
音は外には漏れない。
俺は大声を上げた。

「K先生!!!K先生!!!!あああああ!!!!!」

K先生は俺のオナニーをしっかりと見ていた。
そして口を大きく開けた。
俺はそのサインを見て、ゆっくりと先生の口の中に入れた。
温かいK先生の口の中で俺はすぐに出してしまった。
K先生は俺の精液を飲み干してくれた。

出しても俺の肉棒は硬いままだった。
そんな俺の肉棒を見て、K先生は側にあった椅子に座り、ゆっくりと脚を広げた。
俺は抑えることが出来ずに先生のストッキングを引き破り、股間に顔を埋めた。
K先生のパンティーは、おしっこと汗が入り混じった匂いがした。
そして微かにワキガの匂いもした。
普通に考えたらかなり臭い匂いだったと思うが、俺にとっては最高に興奮する匂いだった。

パンティーの匂いを味わった後、パンティーを下ろした。
指でなぞると、K先生のあそこはヌルヌルになっていた。
俺は舌を這わせて、そのヌルヌルを味わった。
小さな喘ぎ声が先生から漏れている。
俺は先生のあそこの穴に舌を入れたりして、存分に先生を味わった。

その後、俺はK先生の脚をもっと広げて、先生の穴に自分の肉棒を埋めた。
俺は(もうどうなってもいい!!)と思いながらピストンを始めた。
K先生は激しい喘ぎ声を立てていた。
その声で俺はますます興奮してピストンの動きを激しくした。
お互いに激しい声を上げてセックスをした。
そして・・・。
熱い快感が俺の体を駆け巡り、K先生の中に出してしまった。
幸いにも先生は妊娠しなかった・・・。

それ以来、俺が卒業するまでK先生とセックスを繰り返す毎日を楽しんだ。

タイトルとURLをコピーしました