寝ている母の隣で高校生の姉に中出し

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は中学の頃に2歳年上の姉に夜這いをかけたことがある。
当時は狭いアパート住まいで、部屋数がないから母と姉と俺は同じ6畳間で並んで寝てた。
父は夜勤で夜は家に居なかった。

思春期真っ盛りの俺は女の身体に興味津々だし、性欲だって持て余してた。
俺を中心にして左側に母が寝て、右側に姉が寝てる。
どちらを向いても目の前に女の無防備な体がある状態だ。
これで我慢しろって言う方が無理だろ?
どっちに夜這いをかけようか悩んだ挙句、若くてスタイルのいい姉に決めたんだ。

季節は夏。
姉はキャミソールとミニスカートを寝巻きの代わりにして寝てた。
母を警戒しつつ姉のオッパイに手を伸ばす。
ムニュっと柔らかい感触、その中心には乳首の突起を感じる。
最初は恐る恐る揉んでいたけど、母も姉も起きる気配がないから大胆に揉むことにした。

俺はそっと起き上がり、キャミソールを捲ってオッパイを両手で直接揉んだ。
円を描くように揉みながら、人差し指と親指で乳首を挟み、優しく刺激を与えてみる。
ムクムクと乳首が盛り上がり、ピンッ!と硬くなる。
母の方をチラ見するがしっかりと寝ている。
姉もまだ大丈夫そうだ。

姉に覆い被さって乳首に吸い付き舌で転がす。
少しだけ姉の呼吸が荒くなった。
乳首から口を離して上へと体をずらし、姉にキスをする。
僅かに開いていた唇の間に舌を滑り込ませた。
すぐに口を閉じて顔を横に振られたが、目を開けることはなかった。

俺は立ち上がって母と姉を眺めながら全裸になった。
母か姉のどちらかが目を覚ませば俺は破滅だ。
そのスリルがまた興奮を高めてくれる。

俺はチンコをガチガチに硬くさせながら姉の下着を脱がせた。
高校生のくせに真っ赤なレースのスケスケパンティだった。
そいつを足から抜き取ると・・・なんと姉はパイパンだった!
しかも剃ったような形跡が全くない、天然物と思われるパイパンだ。
おかげでマンコがくっきりと確認できた。
色が薄くヒダも小さくて薄い奇麗なマンコだ。
広げると中は奇麗なピンクで、石鹸の匂いと雌の匂いが入り混じったエロい芳香を放っていた。
マンコの位置的には下付きになるだろう。

姉に横にピッタリくっ付いて横になり、右の手のひらにチンコを押し付け、マンコを指で愛撫しながら再びキスをした。
すぐにマンコが濡れ始め、静かな部屋にクチュクチュという音が広がる。
姉の呼吸もかなり荒くなり、腰をくねらせていることから快感を感じていると確信した。
調子に乗って中指をマンコに挿入し、手首のスナップを利かせて激しく出し入れしてみた。

クチュクチュ・・・パンパンパン・・・。

姉の腰がたまに跳ね上がるようになった。
薬指も挿入してさらに続ける。
腰を跳ね上げたまま、全身を硬直させて震える姉。
チンコを押し付けてた右手はしっかりと閉じられ、ギュッとチンコを握られる。
そして一気に力が抜けて腰が布団に落ち、激しく息を乱したままグッタリと横たわる。
初めて現実に女がイク瞬間が見れた。

再び開いた右手からチンコを離し、姉の足の間に入ってマンコを舐めた。
肛門まで愛液が垂れるほど、姉のマンコはビショビショになっている。
ねっとりと舌に絡みつく愛液は僅かに塩気を感じた。
石鹸の匂いは薄れ、雌の匂いだけが鼻と口の中に充満していく。

クリトリスの皮を押し上げて、ピンクの突起を露出させた。
そっと舌を這わせたら、ビクンッ!と腰を跳ね上げられて鼻を打った・・・。
今度は足の下から腕を回し入れ、しっかりと腰を抱え込んで固定してから再びクリトリスを舐める。
ビクンビクンと何度も腰を痙攣させて愛液を溢れさせる。
そしてまた全身を硬直させてイッた。

もう我慢出来なくなったので姉の両足を抱え上げ、その下に膝を開いて正座して足を下ろせないようにした。
これで手を離しても姉の足は下りない。
右手でチンコをしっかり握り、マンコの入り口へと先端を押し当てた。
上体を少しだけ前傾させ、グッと腰を前に押し出す。

グニュ・・・ヌヌ・・・ニュプ・・・。

チンコの先端がマンコの中に埋まり、見えなくなる。
右手を離して、さらに奥までチンコを進める。

ヌルゥ~。

狭い穴を押し広げながら奥へと入っていくのが分かる。

パチュ・・・。

ついにチンコが全部埋まり、姉と俺の股間が密着する。
高熱でもあるのかってくらいマンコの中が熱い。
しかもギュウギュウとチンコを締め付けてくる。
動く前から射精しそうになって焦った。
何度も深呼吸してギリギリで射精を踏み止めることが出来た。
その時に隣の母が、「う・・・んん・・・」と、寝言と共に寝返りを打ったのには驚いた。
しかし起きる様子がなかったので、そのまま続けることにした。

ゆっくりと腰を動かし、まずはマンコの感触を楽しむ。
溢れる愛液のおかげで、狭くて締りのいいマンコの中を無理なくチンコが移動できる。
ひと突きごとに姉が色っぽい吐息を漏らす。
徐々に腰の振りを速めていき、だんだんと姉の口から喘ぎ声にも似た寝言が漏れ始めた。

パンパンパンパン!

腰を打ち付ける音が大きくなり、母と姉が起きないか心配になるが、もう止められない。
完全に体を倒して姉に覆い被さり、オッパイの谷間に顔を挟みながら腰を振った。
この時、もう俺は射精することしか考えてなかったので、姉が目を覚ましたことに気付かなかった。

「出る・・・!」

ボソッと呟いた瞬間、何かが俺の頭と腰を抱え込んだ。
驚いて少しだけ頭を上げて姉の顔を見た。
俺の視線の先にはにっこりと微笑む姉の顔があった。

ドピュッ!ビュルルル~!

俺は姉と見つめ合ったまま大量の精子を中にぶちまけた。
姉は叫ぶでもなく、俺を突き飛ばすこともしない。
何を考えてるか分からないが、もう膣内射精までしてしまったんだから手遅れだ。
開き直って再び腰を振った。
そしてまた中に精子をぶちまけた。
まだチンコは硬いままだが、連続で出したことで腰がガクガク言ってる。
一旦チンコを抜いて休憩しようとしたら姉が上に乗ってきた。
そして自分の唇に人差し指を当て、「しー」と合図をしてくる。
さらに姉自らマンコにチンコを挿入して腰を振り始めた。
激しく腰を振られ、派手な音を立てながら容赦なく攻め立ててくる。
俺はすぐに3度目の射精をする羽目になった。

俺がぐったりとしていると、姉が腰を浮かせてチンコを抜いた。
精子がボタボタとマンコから流れ落ちてチンコにかかる。
すると精子でコーティングされたチンコを姉が咥えてきた。
バキュームをきかせてジュポジュポと音を立てて吸ってくる。
腰がガクガクなのにチンコはまた硬くなり、姉のフェラはさらに激しくなる。
姉の口の中へと強制的に4度目の射精をさせられた。
脈打つだけで、もう何も出なかったけど・・・。

「好き放題してくれたお返し」

姉はそう呟いた後、精子臭い口でキスしてきて、舌を入れられた。
しばらく休んだ後、力の入らない身体を無理に動かして服を着て、姉と抱き合って寝た。
最後まで母には気付かれなくてよかった。

タイトルとURLをコピーしました