双子姉妹でレズビアンの世界に

この体験談は約 3 分で読めます。

妹も承諾してくれたので書きます。
私はみかと言います。
私達は双子の姉妹で普通の人より小柄です。
私で145センチ、妹のゆかは143センチです。

私達は周りには言えない秘密があります。
それは、私達は体の関係があるということです。
そうなったのは高1。
レズビアンの世界に興味があった私はゆかに聞いてみると、ゆかも興味があると言うので携帯で調べました。
“女の子同士”のことを。
私達は暇さえあれば調べて、そして実際にして、徐々にのめり込みました。

初めてのキスは調べたその日でした。
以降、キスにハマってしまいました。
布団は2つ並べて敷くのですが、どちらかの1つの布団で抱き合ってキスをしていました。

それから色んなことを調べて、高2の頃にはひと通りしました。
私達は乳首とクリが凄く敏感でした。
毎晩キスから始まり、お互いの服の中に手を入れて乳首を弄り合いました。
ゆかの声が大きくて手で口を塞ぐと、「みかの声だって大きいよ」と塞がれたので、もう片方の手で乳首をいっぱい弄りました。
部屋を暗くしてても、ある程度は見えます。
ゆかも私もたぶん、性癖は同じなんだと思います。
相手の反応を見ると興奮しちゃうのです。
なので、ずっと互いに見つめ合っていました。
ゆかの体が跳ねるようにびくんびくんってなってるのを見るとすごく興奮して、(もっと!)って思いましたが、それはゆかも同じでした。

乳首をぎゅーっと摘まむと摘ままれる。
撫でられると撫でる。
弾くと弾かれる。
コリコリされるとコリコリする。
私とゆかの感じる所は同じでした。

私が腕枕、ゆかがその下から抱き合ってキス。
そして自分の胸を触って相手の乳首に自分の乳首を当てるのが凄く好きでした。
お互いびくんびくんなるのを抱き合って抑えて、口もキスで塞ぐのが凄く興奮しました。
乳首を合わせたまま抱き合って、太ももでアソコ刺激しました。
体がびくんびくんなるので、合わせた乳首が刺激されます。
お互いのクリを手で刺激しながらキスを続けました。

イキそうになると腰が突き出るようなるので、ゆかがイク時はわかります。
布団から腰が浮くので。
だいたいイクのも同時です。
そのあと、布団の中で逆さまに横になって乳首の舐め合いをします。
そこから徐々にアソコに移動してズボンを脱がせてクリを舐め合い、だいたい同じタイミングで腰が突き出て来るので強めに舐めたりしてイキます。
そのまま布団の反対側に顔を出して、足をクロスさせてアソコ同士をくっつけて、クリとクリを擦り合わせます。
ふくらはぎ辺りを掴んで引っ張るようにして強く当てて擦って、それをイクまでします。

一度、ゆかが親の様子を見に行き、寝てるのを確認してからまたします。
裸になって立ち膝で両方の乳首を合わせてキスをします。
腕をクロスさせて、膝から上を密着させて強めに抱き合ってキスをするのが興奮します。
我慢出来なくなるとお互いのクリを指で擦り合ってイキます。

その後、横になって舐め合い、イッたら私の膝の裏とゆかの膝の裏でお互いの足をロックして舐め合います。
体がびくんびくんしても逃げれないので激しく舐めれます。
この辺りまで来ると息切れも酷く、汗もいっぱいかいています。
でも女の子同士は、その気になればいつまででも出来ます。
後ろに手をついて足をクロスさせてクリ同士を擦り合います。
気持ち良すぎると動き方が激しくなって腰が浮いちゃうので、手と足だけで体を支えてイッちゃいます。
そのあとは結構適当で、キスしながらとか、ぶつけ合ったりとか、とにかくずっとしてます。
ずっとしてるせいで毎日汗だくになります。
大体いつも4時間くらいして私もゆかもヘトヘトになって終わります。

これが高校生の頃の話です。

タイトルとURLをコピーしました