ロリで変態な彼氏とビッチな私

この体験談は約 7 分で読めます。

ちょいイケメンで、こりゃゲットだわ!と鼻息を荒くして、やっとの思いでライバルを蹴落として付き合うこととなった彼氏。
これが全ての始まりだった・・・。

付き合って半年で、なんか変なことというか、AVみたいなことなら男だからわかってあげたいんだけど・・・。
付き合いはじめから彼氏の部屋に普通のエロ本じゃなくて、ロリ系とか妹系雑誌をいっぱい発見。
内緒にしてたけど・・・。

(彼氏が私を選んだのはロリだからじゃないか?)

ってのが、ここ半年、私の疑問になってた。

私はもろロリ体型。
胸:まな板レーズン状態。
尻:発育不足。
背:小さい。
太もも:ムチムチ。
髪:くるくる内巻カール。
服装:ロリっぽい、かも。
声:アニメ系らしい・・・。

彼氏が、「一度『ほいっちゃ!』って言ってよ」と・・・。

(はぁ?)と思ったけど、そんなので喜んでくれるならと思って、思いっきり自分でもイヤになるくらいなアニメ声と手振りで「ほいっちゃ」とやったら、そのまま後ろから押し倒されて入れられた・・・。

入れられて闘牛のような突進してくる腰に打ち付けられつつ、「あんあん」とアヘ顔を晒してたら、急に「髪の毛に出したい」とかぬかしやがった!
ありえない!
自宅ならまだしも、ここは出先だぜ!
髪の毛をセットするのも大変な作業なんだぜと!
こっちの苦労を少しは分かれよと!

「なら顔で!」とか甘えた顔をするから、まぁ顔で我慢させたけど・・・。

てめー飛び過ぎなんだよ!
どんだけ飛ばせばいいんだよ!
放水銃か、お前の精子は!
少しは遠慮しろよ、ボケ!
べちょべちょの顔を鏡で見せるんじゃねぇよ!

「あぁ~こんなに出ちゃったよ~、アヤのせいで」

って言いながら口元へ持っていくな!
塗りたくるな!
ファンデが・・・。

「ほいっちゃ」じゃねぇよ、ぼけ!

調べたら・・・ゲームの声優さんじゃないですか!
『FPS』・・・知るか!
どうせエロゲーだろうと・・・そしたら違った!
萌えキャラ同士が熱く撃ち合うという硬派(?)なゲームだった。

「ほぃっちゃ」は封印させてしばらくすると、今度は内巻きカールの髪の毛の中に棒を入れてやがる!
なに犯罪チックなことしてんだよ!
この偽イケメンがぁ!

「あっ出る!」

出るじゃねぇよ!
早く棒を抜けよ!
そんなにギュっと髪を掴むなよ!
何、高速シコシコしてんだよ!
うわぁぁぁ!
私の内巻きがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
残り汁を髪で拭き取るんじゃねぇ!
だから、棒をこっちに向けるな!
何その、『お掃除フェラしろよ!』ばりの顔は!
絶対しない!
死んでもしなっ、あっ・・・。

ちゅぱちゅぱ・・・。

私のM属性を見破りやがったな!
こっちはとっくに濡らしてんだよ!
どうしてくれるんだよ!
この、ふにゃふにゃな棒を!
起き上がれよ!
寝るな、おい!
つーか・・・髪の毛が精子べっとりでカールに絡み付いてる私。
ちょっと犯されちゃった後のポケーっとしてる感じなんじゃないか?

「この淫乱娘めっ!」

「ほいっちゃ!」

・・・壊れていく私。

またしばらくして、寒い日のデート中、ニーソにやたらに手を入れてくる彼。

「ここ、温かいよねぇ~」

私、ピンと来たね!
アハ体験ばりにピンと来たね!
次のターゲットはここだ!とね。
ピンポイントでここにねじ込んでくるはず。
そしてその帰り、彼のバンカーバスター作戦が開始された。

「ただいまぁ~」

「疲れたねぇ~」

「うん」

「着替えてお風呂入ろっと!」

「ちょっと待って!!!」

待てとな?
この締めつけてるニーソを脱いで、早く開放感を味わいたいのに、それを待てとな?

「えっ?なんで?」

一応惚ける私って健気w

「ちょっとこっちに」

強引過ぎる彼。
バレバレなんだよ!
その前の膨らみが!

「あっ、ダメだよぉ~。お風呂に入ってからじゃないと」

やばい。
自分の演技に濡れてきた。
ちょっとちょっと!
いきなりイチモツを出してんじゃねぇよ!
モラルがないのか、お前の棒には!
まただよ・・・また何億も精子を出すのかよ・・・。
少しは自重って言葉をだね、君!
しっかりと心に刻ん・・・。

「あっ・・・いや・・・」

「アヤのここにちんちんを入れてみたかったんだぁ~」

ほのぼの顔でスマイルしてんじゃねぇよ!
何が、「入れてみたかったんだよなぁ~」だよ!
もう入って、デカデカの棒がニーソと太ももの間で行ったり来たりしてるじゃんか!

「あったかいよぉ~」

お前のアヘ顔、キモい・・・。

「いいよ!いいよ!そうそうニーソの上から握って!」

注文が多い、多すぎ!

「こう?」

「そう、すっげーいい!」

はぁ?
私の脚は脚マンコなわけ?

「あ~、こんなんじゃ、すぐイッちゃう!」

まじで!
まじで出す気?
ちょっと待って!
待て待て待て待て!
今出すな!

「お願い!手で握って!」

「でもぉ~」

「お前だって、自分で股間くちゅくちゅ弄ってるじゃん」

見てんじゃねぇ!
ヌルヌルなんだよ、ぼけ!
気がつけよ!
入れろよ!
1回戦ボーイがすぐ出るとかあり得ないぞと!
仕方なく握ったら・・・3秒でイッた。

「あぁ出る!出る!アヤの脚を汚すよ!あぁイク!」

どこにイクんだよ?
ヘブンか?
私はお風呂に行きたいの!
熱い精子を注ぎやがって!
黒ニーソがべちょべちょじゃないか!

ん?ん?目パチパチ、ん?
小さくならないのはどーいうこと?
もう1回とな?
ワンモア?
ノーノー、END!
私はお風呂でね、えっ?
今度は脚じゃなくて足コキしろと?
それも、ニーソを履いたままノーパンになれと?
いやいや、それはないっしょ彼氏君!
ニーソは丸1日履いてたわけだし、臭いもあるだろうし、そんなの嗅がれたら恥ずかしくて失神してしまうやん?
ん?スカートは穿いたたまま捲り上げろと?
んで、下着は脱げと?
んで、ニーソは履いていて欲しいと?
そんで、両足でシコシコしろと・・・。
なになに?

「そうすれば自分でオナニーできるじゃん」って?

なんだよそれ!
ノーパンニーソじゃ、まるで私・・・あんたのおもちゃじゃんか!
よ~し!お安い御用だ!

「ほいっちゃ!」

完全に壊れてしまった・・・。
身体が言うことを聞いてくれない。

「そう!足でシコシコしながら割れ目見せて」

なんちゅうエロいことを言ってるんだ!

「こう?」

「そう、もっと開いて見せて」

ぱっくりくぱぁな私。

「あぁ、いいよアヤ、最高だよ!もっと擦り合おう」

擦り合おう?
こっちは足に股間にフル稼働してるのに、お前は血流が稼働してるだけで何もしてないじゃないか!
このオナニストめ!
恥を知れ、恥を!
ママに言いつけてやるからな!

「あっ!私、イク!」

「待って待って!」

待ってじゃねぇ!
私が待ってしても待ってくれないだろ!
いつも白いのを勝手にドバドバだしやがって!
こっちだってドバドバ汁を出したい時があるんだよ!

「だめ、もうだめ、我慢できないのぉ」

なんて淫乱娘なんでしょ!
誰がこうしたのかしら!
お前だよ、彼氏君!
彼氏の棒の先が膨らみやがりましてファイナルアンサー。

「イクの?」

「うん」

可愛く言うねぇ~。
まあ、こっちも軽イキを何回もしてるけど、それは内緒。

「あぁ!アヤ!アヤ!」

人の名前を気安く呼ぶんじゃない!
キモいぞ!
もっとこう、優しい台詞が言えないのかね?

例えば、「最高の足だよ、アヤ!」とか、「これでもっとアヤを好きになった」とか、「次はアヤのでしごいてね」とか、色々あるだろう!

名前だけ呼ぶのは失礼だと思わんのかね、君は!
もっと勉学に励んでだね、心のこもった言葉をだね、頭に思い浮かべ・・・。
あっ・・・。
ちょっとちょっと!
出る量が半端じゃない!
どんだけ溜めてたわけ?
予備タンクでもあんの?
びくんびくんって、打ち上げられた魚か!
両足にべっとりかかってるんですが・・・どうやって脱げと言うのですか?
はぁ?
自分で脱げと・・・。

「先にシャワー行ってるね!」

ごぅらぁ!てめー!
散々撒き散らしといて私より先に風呂とな?
都合が良すぎるんじゃないかしら、彼氏様?

「私、もう寝る!」

もうね、ふて寝ですよ、ふて寝!
だって自分勝手すぎるでしょ?
ニーソ、どろっどろですよ。
それも白いのでべとっべとですよ?
さらに脚の裏の筋がピクピクだし、足の裏なんて引き攣るほど痛いですよ。

「えっ?」

「え?」じゃねぇ!
でもその前に、淫乱娘のこの納まらない肉欲を!
こそこそ・・・かさかさ・・・むにむに・・・くちゅくちゅ・・・。

「あっイク!」

ふぅ・・・お疲れ、私!

次の日、彼氏様は土下座。

「すみませんでした。次からはちゃんとします!」

「あんたさぁ~、ロリだよね?」

「違うよ!」

「いやいや、絶対ロリだからww」

「そんなことないよ!」

「あります!昨日のニーソに件は何よ?は?変態だよね?」

「え?」

「え?」じゃねぇ!

この後、「なんでも好きなことしていいよ!」って優しく言ったら、キスでもしてくれるのかと思った私が馬鹿だった・・・。

「じゃ、お願いがあるんだけど」

「なに?」

「『お兄ちゃん』って言って!」

(シネ!)

「えっ?」

「エッチするときに『お兄ちゃん!』って」

「まじ?」

「うん」

この期に及んで、お兄ちゃんと言えとな?
それも自分でストーリーが出来てるっぽいことを言ってやがるw
キモいぞ君!
いやいや触るな!
今は触るな!
ちょっと待て!
待て待て待て待て、まて~い!

「アヤ、濡れてる・・・」

「だめだよぉ・・・お兄ちゃん」

はっ!!!!!
なんとビッチな私・・・。

「あぁん、お兄ちゃん、気持ちいいよぉ」

こんなはずじゃなかっいたのにぃ!

「ほら、アヤの中、ヌルヌルだよ」

「お兄ちゃ!ダメ、またイク!」

「俺もイクよ!ほらアヤ、白いの出すよ」

ちょっと待て!
中出しとな?
何こいつ、流れに任せて中出ししようとしてんだ?
おい!
中はまずいだろ!
お前、さては二次元スキーだな!

「あぁイクよ、アヤ!」

「ひゃぁダメぇ、中だめぇ~」

おぃおぃおぃおぃおぃ!
まじで出てるってば!
出てる、出てるってば!
抜けってば!
びゅーびゅー出てるよ、お~い!
まじで出てるって!
ダメだってば!

「アヤの中でいっぱい出してあげたよ」

うるせぇ!
恩着せがましいこと言うな!
出してあげた、とな?
誰も頼んでないし・・・。
脚開けとか・・・しね!

「ほら、アヤの割れ目から白いのが出てきたよ!」

「・・・誰が、中出し、してもいいって言った?」

「ごめん」

「責任とれる?」

「・・・」

この時、「取れるよ」とか言って、まじ抱き締めて、もう1回このビッチな私を抱いて欲しかった。
ムカついたんで、シャワー浴びて実家に帰っちゃった。
男に尽くしすぎるのも、もういいかなと思う今日この頃。

「ほぃっちゃ!!」だけは微妙にお気に入りかも・・・。

ビッチな話でごめん。

タイトルとURLをコピーしました