夫のよりずっと太くて大きいのが奥深くまで

この体験談は約 3 分で読めます。

共に30代。
中学の同級生で、仕事の関係で偶然再会した。
お互いに既婚、子供なし。
私は中堅のフリーのデザイナー。

何回か飲みに行って、その時には何も無かったのだけど・・・。

「仕事場があるんだ?」
「狭いワンルームだけど」
「行ってみたい」

ということで、相手が仕事帰りにやって来た。
玄関でお互いに顔を合わせてた瞬間から、何か違うオーラがあった。
今思えばだけど。

そのまま部屋の中に入って、いきなり後ろから抱き締められた時、正直言ってすでに濡れていたと思う。
仰け反ってディープキス。
キスしながら正面から抱き合って、舌の付け根まで奥深く差し込んで絡ませた。
2人とも息が荒くなって、なんだか突き上げるような衝動が身体の芯に感じられた。
彼のスーツを脱がせて、ネクタイをとって、ワイシャツのボタンを外すのが本当にもどかしかった。
彼も一緒になって脱ぎながら私の全身を服の上から鷲掴みにして、確かめるように撫で回した。
彼は私のシャツのボタンを外しながら胸の谷間に顔を埋めて、ブラを外しながら丁寧に胸を舐めたり揉んだりしてきた。
乳首をそっと指で摘んでから、おもむろに唇を当てて吸い出したのだけど、私は下半身をよじって声をあげずにはいられなかった。
そのくらい強烈な快感だった。

もう立っていられなくなって(ずっと立ったままだった)彼にしがみついていたら、彼が急に頬や口を甘噛みしてきて、「どうする?」って囁いた。

(今さら何を言ってるの?)

そう思ったけど、答える代わりに彼のモノに手を伸ばして、軽くしごきながら彼にキスを返した。
部屋の隅の打ち合わせ用に置いてあるソファへ移動した。
彼が座って、私は対面座位でゆっくりと彼の正面に。

「あっ・・・う・・・」

夫のモノよりずっと大きい。
そして太い。
深く深く入ってくる。
今まで味わったことのないような充実感で、どんどんとあそこが熱くなって、彼の頭を抱き締めて喘いでしまった。

「こんなの、初めて。ごめんね、私ばっかり・・・でもホントにいい」

涙が出そうだった。
彼は私の胸を揉んだり、あそこに指を這わせたりしつつ・・・。

「俺も気持ちいいよ。だから安心して。もっと感じて、もっと声出して」

それがスイッチになったのか、一気に快感が全身を駆け巡って、イッた。
その瞬間、悲鳴のような声を出しながら無意識にあそこをぐーっと締め付けてしまった。
彼は私がイッたのがわかったみたいで、今度は入れたまま体勢をチェンジ。
彼が上になり私のヒップを抱えて、ぐいっと限界まで奥に入れてきた。

「あうっ」

私は両足を縮めて、膝を抱えるような姿勢になった。
彼は容赦なく私の中を掻き回す。
ちょうどクリトリスの中の方が刺激されて、また快感がやってきた。
信じられなかった。

(2回も・・・?)

あそこが熱く、とろけそうになって、頭の中もそれでいっぱい。

「◯◯君、いい?」
「最高だよ」

「私も。またイキそう」
「俺もだよ」

安物のソファが派手な音を立てて、それが妙に恥ずかしい。

「お願い、やめないで」

「イキそうだよ・・・」

「もっと激しくして・・・イキそうだから」

2度目は、彼とほぼ同時にイッた。
彼は汗びっしょり。
フラフラしながらお湯でタオルを絞って拭いてあげると、彼がまだ荒い息を鎮めながらにっこりと笑った。

身体の相性ってあるんだなあ・・・と心底感じたエッチでした。
ただ、お互いに既婚者なので、次はどうかな・・・と逡巡してるところです。
それにしても本当に良かった・・・。

タイトルとURLをコピーしました