親に捨てられ施設で育った僕を愛してくれたお兄ちゃん

この体験談は約 5 分で読めます。

僕は施設で育った。
両親の離婚、そして育児放棄で捨てられたのです。
施設は冷たく、愛情もなく、ただ食べて寝るだけの存在でしかなかった。

中1になった夏のある日、指導員としてかっこいいお兄ちゃんが来ました。
マサルさんと言い、真っ黒に日焼けした筋肉質の背の高いお兄ちゃんです。
僕の部屋は3人部屋でしたが、たまたま僕だけだったので、お兄ちゃんは僕の部屋で寝起きすることになりました。

僕は学校ではサッカーチームに入っていて、毎日7時まで練習があり、それから施設に帰り、お風呂に入ってからポツンと残された冷えた夕ご飯を1人で食べるのでした。
マサルさんは点検や点呼、当直で忙しく、僕の部屋には夜中の11時過ぎに帰って来ます。
もう僕はベッドで寝ている時間です。

ある日、ぐっすり寝ていた僕は何となく奇妙な快感を覚えて目覚めました。
いつの間にかパジャマの前がはだけられ、ズボンも下ろされ、パンツの上からおチンチンを弄られていました。
おチンチンはカチカチになり、恥ずかしいくらいに反り返っています。
やわやわとおチンチンは男の人の手でしごかれていました。
こんなものすごい快感は初めてでした。
ハッと起き上がると、マサルさんが僕を抱くように添い寝していました。

「起きた?気が付いたの?君、可愛いね」

「あ・・・マサルさん?どうして?」

「あんまり君が可愛いから、いっぱい可愛がってあげようと思って。ほうら」

マサルさんはおチンチンを握り、手の動きを速めます。
ツーンとする快感に堪らず僕は喘ぎ声をあげてしまいます。
電気の消えた暗闇の中でリズミカルにしごかれるおチンチンはとうとう堪らない絶頂感を迎え、激しい射精が始まりました。
ドックドックと何回も精液が飛び散り、マサルさんは慣れた手つきで用意したタオルで包んで受け止めています。
おチンチンの根元を握ってしごき上げ、最後の1滴まで精液を絞り出すと、優しく僕のほっぺたにキスして、軽くおチンチンを撫でてからパンツを穿かせてくれました。
そのまま毛布も首まで掛けてくれると、マサルさんは黙って自分のベッドに戻りました。
僕は初めての経験に初めての快感にドキドキが収まらず、でも何も言えずに黙っていました。

そしてその翌日も僕はドキドキしながらベッドに入り、マサルさんが来てくれるのを期待していました。
しかしその日は何事もなく、その次の日も、その次の日も、待ちくたびれて寝てしまい、朝目覚めたらマサルさんはもう仕事でいないという日々が続きました。
いつの間にか僕は自分でパンツを下ろし、自分でおチンチンをしごいてオナニーをするようになりました。

そしてあの日から10日過ぎたある夜。
ふっと気づくと、また僕は裸にされておチンチンをしごかれていました。
いつの間にかマサルさんがまた横で寝ています。
僕が気づくとニッコリと笑いました。

「マサルさん、また来てくれたんだね、ずっと待ってたのに」

「そうか、待ってたのか。ごめんね、ちょっと忙しくて」

優しい手つきでおチンチンをしごきます。
すぐに堪らない絶頂感が来ました。

「あー、マサル兄ちゃん、もう、もう」

「出るかい?堪らないかい?」

「うん、もう出るよ、堪らないよ」

おチンチンに柔らかい布が被せられて、その上から仕上げのしごきが加えられます。
そしてドクドクと大量の精液が迸ります。
マサル兄ちゃんが優しくおチンチンを拭い、今度は口でおチンチンを吸ってくれました。
初めての快感にたちまちおチンチンは復活して、カチカチに勃起しました。
お兄ちゃんは片手で僕の胸やお腹を、もう片手で僕の睾丸を揉み込みます。
温かい口の中で僕のおチンチンは完全に亀頭まで剥けて、お兄ちゃんの舌で舐められます。
チュウチュウと吸われます。
すごい快感です。

そして2回目の射精。
なんとお兄ちゃんは、そのままお口で受け止めて、残らず飲んでくれました。
ハアハアと喘ぐ僕の髪を撫でて、また毛布を掛けてお兄ちゃんは離れていきました。
急に人気がなくなり、冷えた感じのベッドに虚しさを感じて、僕はすごく寂しくなりました。

翌日の夜も僕は、(また来て欲しい、して欲しい)と期待していました。
夜遅くにマサル兄ちゃんは来てくれました。
ゆっくりと僕は裸にされ、しかもすべて脱がされて全裸にされました。
全裸の僕を見下ろしながら、お兄ちゃんもゆっくり裸になりました。
お兄ちゃんのおチンチンは赤黒くテラテラと光り、すごい大きく反り返っていて僕はドキドキしました。

お兄ちゃんは僕の顔を上げて、おチンチンを僕の口に入れます。
片手で僕のおチンチンを揉みながら、やがてしごき始めます。
僕はお兄ちゃんの硬いおチンチンを口いっぱいに頬張って、お兄ちゃんが上下するのに合わせてしごきました。
硬いおチンチンは喉まで入りちょっとえずきますが、我慢して頑張って舐めて、たくさん唾を出しながらしごきました。
やがて僕は堪らなくなって射精しました。
お兄ちゃんも急に激しく動きだして、すごい大量の精液を僕の口に注いでくれました。
すごい粘っこくて苦い精液でしたが、とても嬉しかったです。

お兄ちゃんはそのまま口で、また僕のおチンチンをしごき始めます。
やがて僕たちはシックスナインのスタイルになり、何回もお互いの口で射精しました。
こうして僕は毎日、お兄ちゃんと全裸で抱き合い、お互いのおチンチンを舐め合い、口でしゃぶってイカせ合うようになりました。

1ヶ月ほど経った頃には、ずっと全裸で朝まで抱き合うようになり、そしていよいよお兄ちゃんにお尻を捧げる日が来ました。
いつもは無口なお兄ちゃんが、「明日はいよいよ男同士の素敵なセックスをしようね」と約束してくれて、僕は何となく覚悟したと言うか、期待してドキドキして待っていました。

僕は全裸で四つん這いにされました。
お兄ちゃんは僕の肛門に油を塗り、何回か指を入れてゆっくり出し入れして柔らかくしてくれました。
そしてとうとうお兄ちゃんの硬い熱い太いおチンチンが僕の肛門にめり込んできました。
経験したことのない苦しい痛みです。
お兄ちゃんのおチンチンがズイッとお尻の奥まで入ったのがわかります。
ゆっくりですが肛門での出し入れが始まりました。
いつの間にかお兄ちゃんの手は僕のおチンチンをしごいていました。
まさかと思いました。
こんなに肛門は痛くて苦しいのに、僕のおチンチンは感じているんです。
お兄ちゃんの手の愛撫で少しずつ勃起してきます。
お兄ちゃんの動きは激しくなり、お尻の痛みはさらに増してきます。
もうお尻が裂けるかと思った時、お兄ちゃんは射精しました。
僕の肛門の奥に大量の精液が流し込まれました。
僕は半分気絶したみたいにガックリと前のめりになりました。
そしてちょっと遅れて僕のおチンチンもイカされました。
ドクドクと精液が溢れてシーツを汚します。
もう2人とも汗びっしょりです。
お兄ちゃんはタオルでお尻を拭い、僕のおチンチンも拭いてくれました。
そしてしばらく並んでお互いのおチンチンを愛撫しながらキスしたり、首すじを舐めたりしました。

やがてお互いのおチンチンが勃起したら、また僕はお尻を犯されました。
最初は四つん這いでしたが、2回目は両足をお兄ちゃんが肩に掛けて、正常位でお尻を犯してきました。
僕の太ももをお兄ちゃんが抱くように肩に掛けて、激しく突いてくれます。
痛いのは痛いけど、なんとなく気持ちいい疼きも感じました。
お兄ちゃんは僕にのしかかるようにしてキスしてくれました。
そしてすぐに2回目の射精。
結局、その日は朝まで4回、お尻を犯されてしまいました。

マサル兄ちゃんはすごくタフです。
そしてすごく優しくて、僕を本当に愛してくれます。
両親にも捨てられた僕を一生懸命に愛してくれます。
僕は毎日全裸になって、お兄ちゃんが愛してくれるのをドキドキしながら待っています。

タイトルとURLをコピーしました