知らない男2人にビデオで撮られながら犯されたました

この体験談は約 6 分で読めます。

今、どうしたらいいのかわからなくて悩んでます。
数日前のことなのですが・・・。

私は、結婚して2年と数ヶ月になりますが、まだ子供はいません。
主人は転勤族で貸しマンション暮らし。
探すのが面倒なので業者にお願いし、今の所を見つけてもらいました。
海に近い街であまり都会という所ではありませんが、主人の勤務先に通うのに都合のいい場所はあまりなかったので。
ドタバタと荷造りを済ませ、引越した先で今度は並べ直し、やっと落ち着ちついたのですが。

その日は朝食を済ませて主人を会社に送り出し、食器の洗い物と引越しで溜まっていた洗濯も一通り終わったのでひと休みしていました。
まだ朝のワイドショーが始まってすぐくらいの時間でした。
玄関のチャイムが鳴り、出ると男の人が2人。
マンション管理の委託業者で、電気・水道等の点検されているかどうか確認したいとのことでした。

いきなり1人がポケットからナイフを取り出し、「殺されたくなかったら静かにしな」と喉元に突きつけて腕を掴まれました。
ナイフを持った男は私が逃げれないように後ろに腕を引いてナイフで脅し、ブラウスの上から胸を掴んできました。
荒々しく揉みながら居間のソファーまで引っ張られ、そして押し倒され、馬乗り状態にされました。
もう怖くて怖くて、震えが止まりませんでした。

「無用心だね?知らない男2人を招き入れてさ」
「奥さん、いい事しようぜ・・・気持ちいいことを。もしも騒いで人でも呼んだら、どうなるかはわからないからな」

私を押さえつけている男が喉にナイフを突き付けながら言い、ブラウスの上からはぎゅっと強く胸を揉まれました。
嫌悪感しかないのですが、従うしかありませんでした。
独身の頃にお付き合いしてた人と数回の関係はありましたが、結婚してからは主人以外に男性に触られることはありませんでした。

そうこうしているうちに衣は乱れ、スカートも少し捲れて脚が膝上まで見えてました。
キスをしようと顔を近づけられましたが、私は首を振って逃れようと抵抗をしました。
でも、ナイフをちらつかされて、それに力も強くて身動きが取れません。

「楽しむには、奥さんのカラダを確認しなくちゃいけないかな?」

男はナイフの先端部で、ブラウスのボタンを一つずつ時間をかけながら、脅しながらへらへら笑いながら楽しむようにボタンを切り落とされました。

「奥さん・・・人妻はどんなの下着を着ているのかな?」

ブラウスの前を開かれ、下着姿を見せてしまいました。
肩まで半端に脱がして押さえられ、もう1人の男が、「いいね~、ノーブラよ」って言いながらまた胸を強く揉まれました。
怖くてすぐには気が付かなかったのですが、実はその時にはもうビデオに撮られてました。
外出の予定などなかったので、確かにブラはしていなかったのですが、お気に入りのシルク地の白いキャミを着ていました。
男はキャミの上から舐めたり揉んだり、ナイフをちらつかせながら口から首・うなじ、あらゆるところに愛撫をされ、激しいキスで口を吸引されました。
あちこち男の唾液だらけです。
胸は入念に、乳首の周りは特にベトベトでした。
キャミは着たままでしたが、男の唾液で濡れて透けていて、ほとんど裸なようなものでした。

「奥さん綺麗だね。スタイルも良いし、じっくり楽しませもらおうか」

上に乗ってた方の男が、今度はナイフでビリビリとゆっくり胸元から臍の方にキャミを切っていきました。
そして前を肌蹴て、直に胸を揉んだり舐めたりキスしたり。
体のあちこちにキスマークを付けられました。
そして乳首に刺激を強くして・・・。

「立ってきたな、さすが人妻・・・感度もいいねえ」

吸ったり噛んだり、それはもうしつこく、男達は私を犯すことを楽しんでました。

やがてビデオの男は離れ、ナイフの男に「先に犯っちゃいな」と言いました。

ナイフの男の視線が私の下半身に移されました。
スカートを捲り上げて、ついにあそこを弄り始めたのです。
怖くて声も出せず、されるがままでした。
悔しくて悔しくて、でも声を上げる気力はありませんでした。
ショーツ上から指で弄られたり、ショーツをずらして指を1本、2本と入れられました。
アソコを舐められ、クリも刺激されました。
男はショーツをビリビリと破き、足を開かれました。
そして執拗にアソコを舐められました。
また指を入れながらクリに刺激・・・。
恥ずかしいのですが、私は感じ出してしまって、濡れてしまいました。

・・・クチュクチュ。

恥ずかしい音がアソコを弄られるたびにしていました。

「奥さん、犯されるのにヌレヌレになるなんて、スケベな人妻だな」

何も言葉が返せません。
そのうちにビデオの男に膝で腕を押さえられると、ナイフの男はズボンを脱ぎ、ニタニタと不気味な笑みを見せながら私の足を開いて、私のアソコを確かめるように焦らしながらアレをゆっくりと押し込んできました。
十分に濡らされていたため、アソコの抵抗感は薄く、ズブズブと進入して来ました。
そしてついにナイフの男のアレを奥まで埋められてしまいました。
絶望で涙が出そうでした。
早く悪夢が終わって欲しいと、そればかりを思ってました。

でも・・・大きかったのです・・・アレが・・・。
奥深くまで入り、腰を激しく動かされました。
かなり長い時間に感じました。
胸を揉んだり舐めたりしながら男に腰を動かされて、アレが出入りしています。
口を男の口で塞がれたり・・・。
そして、その動きが激しくなり・・・。

「イクぞ!・・・奥さん・・・」

「いやっ、いやっ・・・中には・・・中には出さないで・・・下さい・・・中は・・・」

私は何度も何度も訴えましたが・・・。

「何を言っているんだよ、奥さん・・・気持ちいいんだし・・・ついでに俺たちの子供を妊娠しな」

そんな怖い言葉まで言われました。

「中は・・・」

何度も何度も訴えましたが、「うっ、うっ、あっ、はあ」と、声が自然に出ていました。
最後の方は口を塞がれ、「中に・・・欲しいか?・・・沢山出してやるよ、俺たちの精子をったっぷりと!」って耳元で怒鳴られ・・・。

「人妻だろう・・・妊娠しなくちゃ面白くないぜ」

男は腰の動きがだんだん速くなっていきます。

「奥さん、そんなに締めるなよ・・・うぉぉ!」

「いやぁ~、イクっイクっイッちゃう・・・あぁぁ」

私も叫んでいました。

男の腰の動きが限界に達した時でした。
大きく突き上げて動きが止まり、奥に押し込むようにされ、絶望的な現状を受け入れたのでした。
私の中でアレがビクンビクンと暴れ出しました。
中に温かいのが放出されるのがわかりました。
私の膣の中で精液が子宮にぶつかり溢れていくのが・・・。
男の宣言通り、沢山の精液を中出しされてしまいました。

そして男は出し終えるとアレを抜き、足を開かれてビデオカメラをアソコに近づけて撮影されました。
私のアソコからは、中に出された男の精液がドロドロと出てきました。

「いいね~、いつ見てもこの光景は」

交代されて、もう1人の男が私に襲いかかってきました。
その男に半裸の服を乱暴に脱がされ、レイプの続きが始まりました。
私は残っている力で抵抗を試みました。
でもナイフを突きつけられ・・・。

「一度中に出したんだから何回出しても同じさ、奥さん・・・素直に犯られなよ?」

前の男よりも乱暴にブラウスをビリビリと破き、スカートも力づくで引き裂かれ、私は全裸にされてしまいました。
そして四つん這いにされ、後ろからいきりなりアレで強引に貫かれました。
激しい腰の動きに耐えられず、気絶しそうでした。
でも知らず知らずに私は感じて、喘ぎ声をはっきりと出していたようです。
ズンズンと激しい腰使いに四つん這いの姿勢も崩れてしまい、最後は仰向けにされられて入れ直され・・・。

「うぉぉぉぉ・・・イクぞぉぉぉ!」

その男も精液を私の中に出しました。
2人の男に中に出され、もう私はフラフラの状態した。
その場にうずくまり、泣き崩れました。
しかし男達は出ていく気配などなく、その後、私を寝室に運び、カメラを三脚にセットして、2人の男に何度も何度も犯されました。
アレを舐めさせられたりもしました。
全て、中に精液を出されました。

途中で私は気絶してしまったようです。
気づくと夕方近くで、もう男達はいませんでした。
私はベッドの上に全裸でいました。
アソコから精液が流れ出て、シーツも精液で汚れてました。
居間には脱がされた服がボロキレ状態で散乱していました。
主人が帰宅する前までにはと、泣きながら片付けました。

悔しいですが、主人には言えません。
あの男達のキスマークが体中に残されてました。
妊娠の怖さもあるのですが、ビデオが・・・。
キスマークが消えるまでの時間がとても長く感じます。