甥のペニスが体内をえぐるように動き回って

この体験談は約 6 分で読めます。

玲子と申します。
44歳の専業主婦です。
51歳になる夫と結婚して今年で18年になりますが、子どもはいません。
夫も私も子どもが欲しかったのですが、とうとうできませんでした。
夫はそれなりの会社に勤めておりますが、真面目が服を着て歩いてるような人です。
善人ですが、それが災いして会社でも辛い仕事ばかりさせられているようで、この不景気の中、人事関係の仕事をしています。
人事と言うと聞こえはいいですが、要は“首切り役人”のような仕事だそうで、この仕事を担当するようになって以来精神的にかなり参っているようで、軽い鬱とEDになってしまいました。
元々が淡白な人でしたが、それでも44歳の私にとって夜の夫婦生活がまったくないというのはとても辛いものです。

子どもができなかったこともあって、私たち夫婦は甥の『雅志』と『仁司』を我が子のように可愛がってきました。
2人は電車で30分ほどのところに住む私の姉の子で、今年25歳と24歳の年子です。
姉夫婦は2人で商店を切り盛りしており、2人の甥が小さい頃は年末の忙しい時など私たち夫婦が預っていました。
雅志の方はお兄ちゃんらしくあまり甘えずに頑張っていましたが、仁司の方は甘えん坊で私たち夫婦によく懐き、一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりしていましたので、夫も仁司を可愛がり、養子にもらえないか真剣に考えたこともあったほどです。

そんな2人もすっかり大人になり、雅志が家業を継ぐために家に残り、仁司は大学を出て就職して今は会社の寮に入っています。
姉夫婦や雅志にはお正月やお盆のお墓参りの時くらいしか顔を合わせませんが、仁司は今でも私の家によく遊びに来て、夫とお酒を飲んだりゴルフの練習に行ったりと、まるで本当の父親と息子のように仲良くしています。

ところが今年の2月、夫が過労とストレスで胃に穴が開けて血を吐き、1ヶ月ほど入院しました。
仁司は会社の帰りに毎日のように様子を見に寄ってくれて、夫もそれを楽しみにしていたようです。

夫が入院して10日ほど経った土曜日でした。
会社が休みということもあり、お昼過ぎから仁司が来てくれました。
久しぶりに3人で長い時間おしゃべりを楽しみましたが、面会時間も終わりになったので仁司と一緒に病院を出ました。

「今から家に帰っても食事の支度とか大変だろう?その辺で一緒に食べて行かない?」

帰る途中で仁司が誘ってくれたので、私もその方が楽だと思い、食事に行くことにしました。
土曜日ということもありどこのお店も混んでいましたが、私たちはチェーンのしゃぶしゃぶ屋さんに行きました。
久しぶりに楽しい食事をしました。
結構高かったのに、昔世話になったからと言って仁司がご馳走してくれました。
ご飯の後、お茶を飲みながらお喋りしているうちにすっかり遅くなってしまい、仁司が家まで送ってくれました。

「明日は休みだし、せっかくだからお茶でも飲んでって」

疲れているのに悪いという仁司でしたが、1人きりの退屈さから逃れたいために無理やり誘いました。

「じゃぁちょっとだけね」

お茶だけのはずが話が弾んで、私はビールを出しました。

「叔母さんも疲れてるのに、ビールなんか飲んだら長居しちゃうから」

そう言って固辞する仁司に、「明日は休みなんでしょう?何も予定がないなら、いつもみたいに泊ってけばいいじゃない」と、仁司のグラスにビールを注ぎました。

「そうだね、じゃあ叔母さんと飲もうか」

2人で大瓶を5本ほど空けたでしょうか、私も少し酔ってしまい、夫の鬱のことや、言わなくてもいいEDのことまで愚痴ってしまいました。
仁司は私の話を聞くと、「そうか、叔父さんくらいのポジションの人は苦労が多いんだね・・・叔母さんも気の毒だね」と心配顔で相手をしてくれました。
今から考えると、この話が仁司の背中を押してしまったのかなと思います。

そんなことをお喋りしているうちに時間も遅くなったので、お風呂に入って寝ようということになりました。
ちゃんと別の部屋にお布団を敷けば良かったのですが、少し酔っていたことと、小さい頃から可愛がってきた甥っ子という安心感から、夫婦の寝室に入れて夫のベッドに寝るように言いました。

私は仁司が先にお風呂から出たあと、お風呂に入って酔いを醒まし、化粧を落とし寝室に向かいました。
仁司が起こしたらいけないと思い、ドアをそっと開けて中に入った途端のことでした。
背中からものすごい力で抱き締められ、そのままベッドに押し倒されました。
相手が仁司だということはすぐに分かったのですが、あまりに突然のことに何が何だか分からず、なんとか体を捻って仰向けになると仁司に唇を奪われ、今まで交わしたことのないようなすごいキスをされました。
私は舌を絡められながらも背中や頭を叩いて懸命に抵抗しましたが、仁司はまったく動じません。
夫とも交わしたことのないような長く激しいキスで意識が薄れかけた頃、やっと唇を解放されました。

「叔父さんがEDだなんて知らなかったよ。淋しい思いをしてきたんだろう?今夜は俺が叔母さんを慰めてあげるから・・・」

ショックで何も言えない私に向かって仁司はそう言うと、私のパジャマの胸に手をかけて思いきり左右に広げました。
布が破けるような音がしてパジャマのボタンが弾け飛びました。

「仁司、バカなことはやめて!こんなことしたらいけないわ!」

「俺、中学くらいの頃から・・・ずっと叔母さんのことが好きだったんだ・・・」

仁司は剥き出しになった乳房を鷲掴みにしながら顔を埋めてきました。
もちろん私は突き放そうとしたり叩いたりして抵抗しましたが、夫との性生活が途絶えて欲求不満だった体は仁司の若者らしく荒々しい愛撫の前に、為す術もなく反応し始めていました。

夫は本当に淡白な人で、夜の生活も簡単な愛撫の後ですぐに挿入するだけでした。
ただ夫は遅漏気味で長い時間挿入していられたので、私は何度も昇り詰めることができて満足していました。
でも仁司は違います。
乳房や乳首を激しく愛撫しながら私のアソコを優しい指使いで弄り回すように愛撫したり、時々顔を引き寄せて蕩けるようなキスをしたりします。
私は愛撫だけで狂いそうなほど感じてしまい、はじめのうちは抵抗していたはずなのに、いつの間にか仁司に体を預けてしまっていました。
もう触られただけで恥ずかしい音がしてしまうほど私のアソコは濡れてしまい、指を入れて掻き回されると激しい快感の波が襲ってきました。

「あぁっ・・・イク・・・」

一瞬ですが、失神しそうになるくらい感じてしまいました。

「叔母さん、すごく感じちゃってるんだね」

仁司の言葉を聞いて我に返り、あまりの恥ずかしさに泣きそうになりました。

「もうダメ・・・お願いだからやめて・・・私たちの間でこんなことしちゃいけないの・・・」

私のその言葉も、もうまったく意味のないものだったようです。
仁司は私の脚を広げると股間に顔を埋め、びしょ濡れになった私のアソコを舐め始めました。

「叔母さん、美味しいよ」

そんなことを言いながら私のアソコを一生懸命に舐め回す仁司。
私は自分から腰を浮かせ、恥ずかしい音を聞きながら何度も昇り詰めてしまいました。

仁司は頃合いを見計るように舐めるのを止め、私に重なってきました。
そして激しいキスをしてきました。
私は自分から仁司の口の中に舌を入れてしまいました。
お互いに貪るようなキスをしたあと、仁司が私の中に入ってきました。

「はぁぁっ・・・!」

仁司のペニスが私の体の中をえぐるように激しく動きます。
私も仁司の腰に腕を巻きつけるようにしながら腰を突き出していました。
正常位で結ばれたまま、しばらくはその体位でいましたが、しばらくすると仁司はペニスを抜いて私の体を仰向けからうつ伏せにさせました。
今度は後ろから反り返ったペニスを突き入れてきました。

(すごい・・・!)

途中で体位を変えるなんて、夫とのセックスではあまりなかったことです。
私は訳がわからなくなるほど何度も昇り詰めました。
もう一度正常位に戻すと、仁司もフィニッシュに向かって激しく腰を動かし始めました。
そして私のアソコからペニスを引き抜くと、お腹の上に勢いよく射精しました。

激しいセックスが終わりました。
呆然としている私を仁司は抱き締めながら、「叔母さん、すごく良かったよ」と言いましたが、私は夫の入院中に甥に体を任せてしまったという罪の大きさに愕然としました。

「仁司・・・そんなこと言わないで・・・ひどいじゃない・・・」

口ではそう言いましたが、今までにないほど敏感になっている体を仁司に触られていると居ても立ってもいられなくなり、私の方から仁司の逞しい体にすがりついてしまいました。

「叔母さん、またしたくなっちゃった」

あまり間を置かずに仁司が唇を求めてきました。
私はもう抵抗しませんでした。
仁司は私の手を取ると、ペニスを触らせました。

「叔母さんのことが大好きだからこんなになっちゃった」

「そんなこと言わないで」

仁司は悪戯っぽく笑うと、「今度は叔母さんがしてくれる番だよ」と言いました。

仁司が何をして欲しいのかすぐにわかりました。
夫との夜の生活が途絶えてから久しぶりに見るペニス。
夫のモノよりも大きくて硬そうに反り返っていたので少し怖かったけれど、仁司の迫力に押されて恐る恐る口に含みました。
一生懸命にしてあげると、「あぁ、すごく気持ちいいよ」と、子供の頃のような声を上げて喜びました。
そのあとは2人でお互いの感じるところを舐めあい、そして再び繋がりました。
結局、夜が明けるまで何度も仁司を受け入れてしまいました。

その日以来、夫の目を盗んでは仁司と関係するようになりました。
夫は毎日夜10時を過ぎないと帰宅しないので、仁司から「会おう」という連絡があると、昼間のうちに夫の夕食を用意して、2つ先の駅で落ち合う手筈になっています。
頭の中では、許されない関係だとわかっています。
いつも(今日が最後)と自分に言い聞かせながら待ち合わせ場所に向かうのですが、仁司と会って肌を重ねてしまうと、そんなことは吹き飛んでしまいます。

仁司は私とこういう関係になってから、以前に増して毎週のように遊びに来ては夫とお酒を飲んだりしています。
条件反射ではありませんが、声を聞いたり、傍に来られるだけでアソコが濡れてしまうほど、私の体は仁司を求めてしまいます。
もう甥のいない生活など考えられないんです。

タイトルとURLをコピーしました