忘れられない身体測定

この体験談は約 5 分で読めます。

小6の時のこと。
初めて女の子を狙ってちんこを見せたときの話。
っても、もう20以上前の話なんだけど。

この頃からすでに丸出しにすることの開放感を感じてた。
人のいない個室で「イエーイ」って感じで、ちょっとふりちんにしてみたりしてた。
あと、物陰で座りしょんとかw

そんなある夏休み。
うちの学校はプールの開放の時間割が学区ごとに決まってて、その日、僕らの学区は午後1時から3時だった。
僕はいつも決まって30分以上前には学校に行ってた。
誰もいない更衣室で丸裸でいたりとかw

と、そこに男子更衣室と別のドアが開く音がした。
どうも誰か女子が来たいみたい。
こっちに人が来たかと思ってまじビビった。
でも、このドキドキ感が余計に興奮!

すると、“バタバタ、ガチャ・・・バタン”と、また別の音が聞こえた。
実は男女の更衣室の間には簡易のトイレがあった。
小便器1個とその奥に個室が1つの兼用トイレだけど、綺麗ではないから実質男子トイレみたいな感じだった。
どうも見知らぬ女子があのトイレに入ったっぽい。
そう思った瞬間、僕はズボンを穿き直して静かにトイレに入った。

個室は閉まったまま。
入った瞬間が、ちょうどその子のおしっこの終わりかけのところで、“ショーッ、ショッ!”って音が聞こえた。
ペーパーを巻く音が聞こえる頃には僕は小便器の前に立ち、パンツを膝まで下ろしてちんちん丸出しで備えた。
このパンツ下ろしも学校以外ではよくやってたw

個室からごそごそと音が聞こえる。
もうじき出てきそうなのを見計らって、僕もちょろちょろっとしょんべんを出し始める。
“がちゃ”っと扉を開けて出てきたのは2つぐらい下の学年(だったと思う)の同級生の妹だった。
お姉ちゃんがクラスメイトで、活発なタイプだけど、妹は大人なしめな感じの子。

開けた瞬間、「あっ!」って顔でこっちを見たあと、目線が下に行ってたw
しょんべんが出たとこをチラ見された!
こっちは内股になって恥ずかしがってるふりをしてみたら、パンツが足首まで落ちんのw

(やべっ)

そう思って上げようと思ったら、バランスを崩してその子のまで開脚して尻もちw
もう完全に丸見え、モロ出しw
っても、まだ毛も生えてなかったけどw

モロに見たあと、びっくりして横を通り抜けて更衣室まで戻ってった。
僕もそのあと更衣室に戻り、着替えてプールが開くまで待っていた。
あとからプールに入ってると、さっきの子とクラスメイトがこっちを見てたのに気づいたけど、もしかしたらさっき見たのを話してんのかなとか考えてた。
ちなみにあとの話だけど、「あんたって子供みたいなおしっこの仕方してんの?」って小馬鹿にした感じで言われて、逆に萌えたw

続いて、中2にして、またちん見せを体験したときの話。
僕の学校は身体測定が、中学生でも男子はパンイチで女子はブルマとノーブラ体操服だった。
教室ではなく保健室内でだけど。
ただ当日に風邪とかで休むと、後日にまわされるんだよね。
で、熱出して休んでしまった僕は1週間後、授業の合間に身体測定を受けることになった。

当日、授業の途中で受けれなかった人の呼び出しが入ったんで、保健室まで行った。
どうも受けられなかったのは2人だけらしく、保健室に行ってみると、もう1人女子がいた。
彼女はNさん。
まったくの偶然だけど、小6の時にちん見せした子のお姉ちゃんだった。

男子はパンイチにならないといけなかったが、女子が一緒だったから少し戸惑った。
その頃の僕は、すでに目覚めてたw
一応カーテンで仕切ってくれるので着替えるときは男女別って感じだけど、僕はさっさと服を脱いでパンイチで出てきた。
トランクス派とブリーフ派がいたけど、トランクスは体操服の短パンからちんこが見えるのが嫌ってことで、体育のある日はブリーフ派が多かった。
僕もこの日はブリーフだった。

体重と身長を測ってると、Nさんがカーテンから出てきた。
Nさんおっぱいが大きめだから、ノーブラだとちょっと乳首が目立つwww
僕が身長計に立ってると、Nさんが何やら笑ってる。

「なんか・・・パンツ黄色くない?」

僕のパンツを指して言うので、ふと見てみると・・・。

(・・・)

確かに黄色いwそれも結構w
もしかしておしっこ漏らしてた?
・・・というわけではなく、後からわかったけど、包茎なもんで皮の中のおしっこがパンツを汚してたみたいw

「ちびったんじゃない?wちょっと臭うよw」

なんて茶化すもんだから先生もその気になって・・・。

「なに?お漏らし?パンツ汚しちゃった?なんなら着替えてもいいのよ。替え、あったかしら・・・」

結局、替えのパンツを渡された。
しかし・・・。

「あ、ごめんなさい。女子用のしか今なくて・・・」

手元にあるのは真っ白なダサい女子用のパンツ。
Nさんはすごくウケてた。
けど、女子のパンツなんて穿ける機会もないから、いやいやを装って、内心喜んで受け取った。
視力まで測ったところで、Nさんに順番を代わって着替えることに。

「あっちで着替えてもいいから」

カーテンの奥で、僕は奥でパンツを脱いだ。
ちんちんの先が結構臭ってたんで、拭きたくなった。
だからタオルを渡してもらったけど、乾いてるからいまいちさっぱりしない。

「せんせー、タオル濡らしたいんだけど」

「蛇口こっちだから、ちょっと待って。すぐ渡すから」

「いいよ、こっちから行くから」

パンツ2枚(脱いだのと替えと)とタオルを持って反対側にあった洗面台まで行くことにした。
一応タオルを腰に巻いたけど、2、3歩あるくと、すぐにはらりと落ちたww
絶妙なタイミングでちんちんを晒し、Nさんバカ受けw
僕も慌てて手で隠そうとはするけど、ほぼ丸見えで、照れ笑いしつつ洗面台まで行った。
中2にして精通もまだだった僕は、小学校の頃からあんまり変わってない。
毛もないし、皮も剥けてないお子様ちんちん。

「昔、妹にも見られたし、今さら恥ずかしくないし」

俺は開き直って股を拭いた。
Nさんはこっちの股間をじろじろ見ながらニヤニヤ笑ってた。
先生も僕の見て、色々と指導(?)してくれた。

「まだ皮を剥いたことないの?トイレのあと、ちゃんと拭かないと、おしっこが溜まって臭うからね」

僕は言われた通り、皮の先までタオルで拭いてた。

「今でもまだ子供みたいな仕方してんの?」
「ん~、ときどき」

「なに?子供みたいって」
「ほら、あのー、パンツ下ろしてしてるやつ」

「ああ!あれじゃだめ。ちゃんと手に持って。もー、いくつなの!」

とまあ、なんでかおしっこ話になっていると、今度は矛先がNさんにも向かってったw

「Nさんも笑ってるけど、女の子はもっと綺麗にしとかないといけないからね。大丈夫なの?」

「あたしは大丈夫。誰よりも綺麗!」

えらく自信満々に答えると思ったら、「ほら」とブルマを下ろして見せた。
Nさんの薄い青のパンティが目の前にwwwwww

「あら、ちゃんとしてるのね」

先生も驚きつつ、そんな一言。
俺が女子用のパンツを穿くと、Nさんが並んで、「意外と合ってない?」と茶化す。
そんなわけで結局、パンティ男子とパンティ女子2人の身体測定は、ちん見せ+αの忘れられない思い出になった。