私の性癖を構築した高校時代の儀式・第3話

この体験談は約 9 分で読めます。

ではいよいよ、去年の10月に1人で東北の方へ行ったときのお話をしたいと思います。
この時は普通の週末だったんですけど、土曜の朝5時頃に早起きして、車をビュウ~ンって飛ばして行きました。
目的地に着いたその日に3軒の露天風呂をハシゴしてしまいました!
1、2軒目とも結構良かったんですけど、何と言っても3軒目の温泉が最高でした。

そこへは午後の1時頃に着いたんですが、私が露天に入ったときには、私の他にはおばあちゃんが1人いるだけで、しかもすぐに出て行ってしまったのでもう貸し切り状態でした!
その温泉は『玉子湯』っていうんですか、湯の花がお湯にものすごい量プッカプカ浮いててほんとに玉子スープに入っているみたい!
匂いもスゴイんですけどぉ、(まゆみは中華の食材になっちゃったのかしら?)なんて思ったりして!
空には晴天の秋空が広がり、あたりには木々を揺らす風の音しかしなくってほんとにほんとにもう言うことなし!です。

日頃無理をさせているお肌にも、たまにはゆっくりとリラックスさせてあげないといけないですよね。
毎日このスタイルを保つために腹筋とかはやってるんですけど(夜の通販で買ったヤツとか使って)、なかなか時間をかけてボディーマッサージとかは平日はできないですからね。
それと蛍光灯じゃなくて太陽の日の下で見る自分の肌の色って好きなんですよ。
なんか温かみがあるじゃないですか。
ゆったりと広~い20畳ぐらいはあるお風呂に1人っきりで入って、ときどき映画のワンシーンみたいに脚だけお湯の外に出して手でなぞったりして・・・。
ちょっと自己陶酔しちゃいました。

「あ~ん。もう気持ちいいよ~!」

勢いだけで家を飛び出してきたので、今晩の宿もまだ取っていません。
ま、いつものことなんで、(最悪また車の中で寝ればいいさ!)ってノリであまり真剣には考えていません。
とりあえず今が気持ちいいからいいの!って感じです。

ところがそんな私の夢のようなひとときをぶち壊す出来事が起こったのでした。
ワイワイガヤガヤというけたたましい声と共に、少しお腹の出た中年の男性が4人ドヤドヤと露天に入ってきたのでした。

「おお~!いい眺めですなぁ!」
「やっぱり露天に限りますなぁ!」
「この後のビールがたまりませんねぇ~!」

せっかくのいい感じがもう台無しです。

(・・・たしか浴室の入り口のところに、『露天風呂:10時~13時殿方/13~16時ご婦人』って書いてあったのに・・・。この人たち、それを見なかったのかしら!)

私の中で怒りの感情がフツフツと沸いてきました。
4人は私の存在に気付いているのかいないのか、タオルで前を隠したまま次々にお湯の中へと入ってきます。

(もうっ!タオルをお湯の中に入れないでって書いてあるでしょ!)

「いやぁ~、こ・れ・は・最高ですなぁ~!」
「日頃の疲れもとれますな!は、は、は」

(OLの私だって疲れてんのよ!)

「はぁ~!極楽極楽と・・・」

大変よくお喋りになるおじさま方です。
その時、私のいた位置は露天の入り口からは一番遠い場所で、そのおじさんたちからは対角に最も離れたところでした。
とはいえ、あの距離から私のことが見えないとは思えません。
湯面から顔だけ出していた私は・・・。

(普通なら若い女性が1人で入ってることに配慮して一旦引き上げるとか、この状況では出るに出づらいでしょうから、その間だけあっち向いてますとか、もっと紳士的な振る舞いはできないものかしら?)

と、イライラが積もってきました。

「ここの夕飯がまた品数が多いんですよ!」

「まあ、私はコレ(酒の意)さえあれば、あとは何もいりませんがね!あ~っはっはっは!」

おじさんの会話は尽きません。

(もう、いいかげんにしてよ・・・)

さすがに私はのぼせてきました。
彼らへの憎しみに似た感情がメラメラと燃え上がります。

(思い切って、もう出よう!)

私は決めました。
そしてその時、私は少し考えました。

(後から来たあの連中のせいで、気持ちよく入浴していた私がスゴスゴとそこを逃げるように立ち去るのはおかしい!何か彼らに仕返しをしてやりたい!)

でも、仕返しと言っても、女である私にはできることに限界があります。
普通このシチュエーションなら、女の私がタオルで胸やあそこを隠してそそくさと男性の横を通り過ぎますよね。
でもそれって、単に女性が見られて恥ずかしいからというだけでなく、本来は殿方への女性なりの礼の尽くし方だと思うんですよ。
(違う?)
それなら、礼を知らないこのおじさん連中に、何も私が礼を尽くす必要はないじゃないですか!

と、その時の私は考えたのでした。
私は手にタオルを持って勢いよく、それこそ“バシャッ!”って音がするくらいの勢いで立ち上がると、身体のどこも隠さずに、自分の裸を見せるだけ見せてお湯の外へと出ました。

「お酒のあとはやっぱり麻雀・・・(沈黙)」

それが面白いぐらいに、今までずーっと喋り続けていたおじさんたちの会話が、私が立ち上がったと同時にピタッ!と止まって、辺りに元の静けさが戻りました。

(あっ、なんかいい~感じ)

私はすっかりその結果に満足してしまいました。
タオルを絞って身体についた水滴を拭う間も、おじさんたちの方からは一切会話が聞こえてきません。
私は目線は送らずに、(やだ、声も出ないぐらいに私の裸に見入ってるのかしら?)とか思って、なんだか楽しい気分になってきました。

私は予定を変更しました。

(もう少しここにいよう!)と思ったのです。

ゆっくりゆっくり身体を拭ったあと、露天の柵のところまで行き、しばらく遠くの景色を眺めていました。
ようやくおじさんの方から・・・。

「ここの地酒って美味いんだよ・・・な?」

「・・・ん?・・・そ、そうだなぁ・・・」

と、声が聞こえましたが、何だか先程までの勢いがまるでありません。
私は次第に彼らのことを、(可愛いな)と思うようになってきました。

(だって、年の頃は40代後半から50代って感じなのに、私みたいな小娘の裸を見て舞い上がっちゃうなんて!ふふ)

ちょうど私の立っていた右横の胸の高さに、私が乗って横になれるくらいの大きな平らな一枚岩がありました。
天気も良かったので、(この上に裸で寝たら気持ち良さそう!)と私は思い、すぐによじ登ってみました。
岩が秋の優しい日差しでいい感じに温まっていたので、寝るにはとても気持ち良さそうです。
最初は真っ裸で何も付けずに寝ようかとも考えたのですが、(さすがにそれって恥じらいが足りないかなぁ)と思い、仰向けに寝た上に胸とあそこだけ隠せるようにタオルを広げて乗せました。
でもタオルの幅がちょっと狭くて、どうしても左右どちらかの乳首が出てしまいます。
私はそれをわざと、おじさまたちから見える側をほんの少しだけハミ出させて、心の中で『サービスよ』と呟いていました。
時折さわやかな風が吹いてきて私の肌を撫でていきます。

(う~ん、最っ高に気持ちいい!)

私は徐々にまどろみの中へと入っていこうとしていました。
そんな時、4人のおじさまが私のすぐ側までやって来て、やはり柵越しに景色について語りはじめました。

「あれが・・・◯△山だろう?」

「それは、あっちじゃないか?」

私は目を閉じたそのままの姿勢で寝続けていました。

(今、オッパイを見られてるのかしら?)

ちょっと気になります。
突然、4人のうちの1人が私に話し掛けてきました。

「お嬢さんは今日こちらにお泊りなんですか?」

私はものすごくビックリしてしまいました!
なぜか私は、絶対に声なんて掛けて来られないと決め込んでいたので少しパニック状態になって、あたふたしてしまいました。
だいたい、こんな無防備な格好をしてる女って普段どんな話し方をすればいいんだろう?
今さら胸とか隠したりするのは変!?
頭の中が真っ白になって、結局、「今日は・・・お、温泉だけで・・・こ、ここには泊まりません!」って、素の私に戻っちゃいました。

「じゃあ、ご家族か、それともボーイフレンド(懐かしい言い方!)とでも来てるのかな?」

立て続けに聞かれて、「いえ、私1人です!1人で来たんです!」と、一枚岩に腰を下ろしてタオルで前を隠しながら答えました。
裸で普通の会話をするのって、エッチな会話をするよりも恥ずかしいですね。
何だか心と身体の両方が見られちゃうみたいで・・・。

「1人で来たんだ、へぇ~。それならホテルかどっかに泊まるんだね?」

私は何も全てを正直に答える必要はなかったんですけど、わざわざ作り話をする必要性もないと思い・・・。

「今日はまだ泊まるとこないんです。車の中でも私、へっちゃらだし」

するともう1人のおじさんが話に入ってきました。

「それなら、この宿に泊まりなよ。おじさんね、この宿の主人とは長い付き合いでね。おじさんが頼んだら、君1人ぐらいなんとかなるって!」

せっかくのお話ですが、私は懐具合が気になりました。

(ここって一泊、いくらするの?)

「そうだ!お嬢さん、今晩我々と一緒に夕飯を食べるってのはどうだ?そしたらここの宿代も食事代も気にすることないから。我々も男だけより華があっていいよなぁ?」

「そうだそうだ!」

おじさんたちは勝手に盛り上がっています。
突然のお誘いに私の心はグラついてしまいました。
予定になかった『お食事付きお布団付き』はすご~く魅力だけど、この年代の人って、私にしてみれば会社の部長・課長さんって感じなので、食事って言っても、ずっとコンパニオンみたいにお酌とかさせられたんじゃイヤだなぁ。
私がすぐに答えを出せずに悩んでいると・・・。

「だったら気が向いたらおいで。いつ来てくれてもいいように準備して待ってるから。いつも奥の離れの部屋を取ってあるんで、女中さんに聞けばすぐわかるよ」

そして4人は、「じゃあ待ってるよー!」と言ってあまり強引に誘うでもなく露天から引き上げていきました。
私は本気で(どうしよう?)と考えて、考えているうちに朝早かったので眠くなってしまい、更衣室の隣の休憩するところのマッサージ機で寝入ってしまいました。

目が覚めるともう時刻は夕方の6時で、辺りもすっかり真っ暗になっていました。
さすがにもう今からどこか安宿を探すとか、車で寝られるところを探すという気力は起こりませんでした。

(お言葉に甘えてお世話になっちゃおう・・・)

私は宿の人に案内されて本館から少し歩いて離れの部屋へと行きました。
そして障子の隙間を20センチぐらい開けて顔だけヒョコっと出すと・・・。

「おお~!!待ってました!」

「いやあ、本当に来てくれたんだあ!」

私は大歓迎を受けました。

「ほんとにお邪魔しちゃってもいいんですかぁ?」

「いいともいいとも!さっ、早く入って!」

おじさんの1人に手を引かれて私は部屋の中へと通されました。
見ると4人で使うにはちょっと勿体ないくらいの広い部屋に5人分のお料理が運ばれていて、それらが1人前ずつ分けて配膳されてました。
もう皆さんお酒は始められてるようで、かなり陽気に話し掛けてきます。

「君、名前はなんて言うの?」

私はまず自己紹介することにしました。

「あっ、本日はご夕食にお招き頂きまして有難うございます。私は◯◯まゆみと言います。22歳です。OLをやっています。え~・・・これからよろしくお願いします!」

何を言っていいのやら、とりあえず当たり障りのない挨拶をしました。

「まゆみちゃんかぁ。じゃあ、まずは一杯!」

よく冷えたグラスビールが渡されました。
私はお酒はまあまあイケます。
(特に強いってわけではありませんが)

そして、「それじゃ、まゆみちゃんとの出会いを祝して・・・」と1人が言い、全員で「カンパ~イ!」とグラスを交えました。

私はその場が盛り上がると思って、そのグラスに入ったビールを一気に飲み干しました。
案の定、「いい飲みっぷりだねぇ~!」と言われて、すぐさま新しいビールを波々と注がれました。
私は正直言って早く目の前のご馳走にありつきたかったんですが、まずはそこにいらっしゃるスポンサーの方々にビールと日本酒のお酌をしてまわりました。

「22歳かぁ。うちの娘と同じくらいだなぁ」と言う人もいれば、「いやぁ、こんな綺麗なお嬢さんとお酒が飲めるなんて最高だねぇ」と言う人もいます。

「まゆみちゃんさぁ。せっかく温泉宿に来てるんだから、洋服はやめて浴衣に着替えようよ!」

私はその時、ベージュのキュロットスカートに紺のアディダスのトレーナーというラフな出で立ちでした。
(長時間車を運転するには楽だったので・・・)
呼ばれて宿の女中さんが女物の浴衣を運んできました。
部屋に障子で仕切りがあって、その向こう側にすでに4人分のお布団が敷いてありました。

(良かった。私は別部屋なんだ!)

私はその部屋を使って着替えることにしました。
女中さんがまだ居てくれて、「大丈夫。誰も覗かないように、あたしがちゃ~んと見張っといてあげるからね!」と言い、私は「ありがとう!」と言いました。
おじさんたちは、「ひどいな!長年の付き合いなのに。この俺が覗きなんてするかいっ?」ってちょっとおかんむりです。

障子の向こう側で私は服を脱いでショーツ1枚の格好になりました。
お風呂上りでブラは着けていませんでした。

(まっ、いっか!)のノリで私はそのまま浴衣を羽織りました。

着替え終わって私がみんなの前に出て行くと、「おおっ、いいねぇ!」と喝采を浴びました。
私はおどけてファッションモデルのようにそこでくるりと回ってみせました。

ようやくお食事にありついて、(あ~ん!美味しい~!!)って思ってる時も、周りのおじさんたちの話題はずっと私のことばかりでした。

「まゆみちゃんは本当に可愛いなぁ」
「うちの娘とはえらい違いだ」
「俺があと20若かったらなぁ・・・」

いつもカラオケとか一緒に行く男の子たちと違って、正直言って会話は全然シャレてないんですけど、むしろ直球でビシビシとおだてられるのも女の子としては結構嬉しいもので・・・。
当初怖れていた、(気を使って疲れるかも?)という心配は微塵もなくなってしまいました。

「まゆみちゃんは彼氏とかいないの?」

「週末は何やってんの?」

いつも話題の中心は私です。
お酒も私が注ぐよりむしろ注がれることの方が多くなっています。
私はパクパク食べて、合間合間にお酒を飲んだり、質問に答えたりしていました。
私はもうすっかり良い気分に出来上がってしまいました。
食べるだけ食べて周りへの気兼ねも取り払われてきて、私はお礼のつもりで皆さんの肩を揉んでまわってあげたりしました。

「まゆみちゃんは良い子だなぁ。こういう子と結婚すればよかったなぁ」

嘘でもそう言われるとなんだか照れくさくて、それでいて嬉しい気になってきます。
おじさんの1人が突然私にこう言いました。

「昼間、あんたが露天風呂で岩の上に横になってただろ?俺、あれ見た時なぁ、一生に一度でいいから女体盛りを食ってみたいって思ったよ」

私は最初『ニョタイモリ』が何だか分からず、タイ料理のひとつかと思いました。
他のおじさんたちが苦笑いをして、「おいおい、何言ってんだよ!」とそれを言った人を注意しています。
でも私はそのおじさんから、『女体盛り』が女性の裸の上にお刺身とかを並べて食べることだと教わり、(それが、一生に一度やってみたいことなら、私で叶えてあげられるなぁ)と思ってしまいました。

「いいですよ。やりましょうよ、その女体盛り」

私が言うと、その場は、「ええっ!?」っていう雰囲気に包まれて、みんなひどくビックリしてしまいました。
そして口々に、「そうは言ってもなぁ・・・」と意外とみなさん消極的でした。
私はお酒も手伝ってか、かえってそのゲームを体験してみたくなってきました。

「ねぇ、やりましょーよ!」

なんだか私が一番積極的です。

<続く>