私を狂わせた花屋の店長の舌とバイブ

この体験談は約 5 分で読めます。

20歳の頃、知り合いにレズ行為を強要された話です。

きっかけはバイト先の花屋に店長の家に呼ばれたことです。
年齢は一回り上の30歳を過ぎたあたり。
広瀬アリスを大人っぽくしたような感じの、誰もが美人だと思うような人だった。
だから、花屋だったけど店長目当てで定期的にやってくる男性客も多くて、よく「今日は店長さんは?」なんて聞かれたりもした。

そんな店長からの、自宅に来ないかとの誘い。
憧れの店長の家に招かれた私は即答した。

「ぜ、ぜひ、お願いします」

そして、その日のバイトが終わった後、店長の家に行った。
場所は高円寺。
駅から歩いて5分ほどのところにある、新し目な感じのマンションだった。

「わー」と素直に喜ぶ私。

部屋にあげてもらうも、一人暮らしには広い感じの間取り。

(一緒に住んでる彼氏とかいたりするのかな・・・)

なんて思ったりもしたが、まあプライベートなことだからと心の中にしまっておいた。
そして店長が料理を振る舞ってくれた。
簡単な炒め物と、後はさっき駅前で調達した惣菜だった。
もちろん、お酒を飲む。
ワインで乾杯し、後はビールを交代で飲んだ。
普段はあまり飲むこともなく、そして色々なお酒を飲む機会も少なかった私はすっかり酩酊した。
そして酔った私は、店長に勧められるがままに自宅に電話した。

「今日は店長の家に泊まっていくから」

電話で店長が挨拶し、母親もバイト先の私を見に来た時に、店長のことを知っていたこともあり何も言われなかった。

「まあ・・・娘が・・・すみません」と電話越しに謝る母親。

そうして私は店長の家に泊まることになった。

「絢子ちゃん、シャワー浴びない?」

そう言ってバスタオルを手渡す店長。
もうすっかりフラフラで身体の自由の利かない状態になっていた私は、そのまま浴室へと向かった。

「じゃあ・・・お借り・・・します・・・」

そう言ってとぼとぼと向かう。
全てがぼおっとして物憂い感じだった。
ゆっくりゆっくりと服を脱ぎ、シャワーを出す。

(あああ・・・)

頭にかかる湯が気持ち良かった。
・・・どれくらいだろう、結構な時間シャワーを浴び続けていたような気がする。
気付いたのは浴室の扉が開いた音を聞いたときだった。

ガラッ・・・。

反応して振り向くと店長だった。

「絢子ちゃん・・・大丈夫?」

店長の優しい、心配そうな顔が見えた。

「は・・・はい・・・」

力なく答える。
裸を見られて恥ずかしくなって、咄嗟に胸元を隠す。

「でも・・・なんか・・・大丈夫?」

店長は一旦扉を閉め、再び扉を開けた。

「あ・・・」

彼女はいつの間にか服を脱いでいて、真っ白な肌が見えた。

「私も・・・入るよ」

くびれた腰に豊かな胸。
腰の方を見ると毛がなかった。

「て・・・店長・・・?」

茫然としていると店長の手が私の肩や腰に触れた。

「ちょ・・・店長?」

驚く私をなだめるように彼女が優しく触れた。

「大丈夫・・・ほら?」

そう言ってボディソープを手に取り、あちこちに塗りたくる。
肩や腰はもちろん、胸や股間に塗りたくられた。

「や・・・やだ・・・」

「店長・・・」

怯える私に店長が言った。

「大丈夫・・・別に・・・ただ洗っているだけ。そうでしょ?」

いつもの優しい顔でそう言われると、「は・・・はい・・・」と言うしかなかった。
ただ下を向いて、恥ずかしさから逃れようとした。

「じゃあ・・・流すね・・・」

店長がシャワーヘッドを手にとってそう言った。

「絢子ちゃん、立てるかな」

そう言って私の脇に手を入れ、後ろから抱き起こす。

「はぁ・・・はい・・・」

足に力を入れる。
半分くらい立ち上がり、力が抜けた。

「っぁぁ・・・。すみ・・・ません」

店長が咄嗟に私を後ろから抱きすくめた。

「大丈夫・・・?」

彼女の胸が背中に当たり、ふよふよとした柔らかな感触を感じた。

「すみません・・・」

もう次は立ち上がれそうになかった。
身体中の力が入らない。

「絢子ちゃん・・・」

店長が再び手に力を入れたのを感じた。

(ぁぁ・・・)

そのまま私は意識を失った。

「ん・・・ん・・・ん・・・」

次に気付いた時は、薄暗い部屋でベッドに寝そべっていた。
部屋の電気が落とされ、テレビの明かりだけが点いている。

(や・・・どこ・・・?)

一瞬、どこにいるのか分からなくなり混乱する。
そして気付く。

(や・・・やぁ・・・)

裸。
そして足が左右に大きく開かれて、股間に感じる生温かい感触。
じんじんとして、切ない。

「ええっ!」

びっくりして思わず声を出した。
股間の辺りに人影があったのだ。

「あああ?」

必死に状況の把握に努めようとした。
自分は裸のまま両足を左右に開かれ、股間を弄られていた。

「や・・・やだ・・・店長?」

身体に力が入らない。
やっとの事で声をあげると、黒い影に白い顔が見えた。

「絢子ちゃん?」

暗い中で笑っているように見えた。

「ふふ・・・」

再び彼女の顔が隠れた。

「あっ・・・!」

痺れるような甘い刺激。

ぐちゅ・・・くちゅ・・・。

伝わってくる感触と音。

(や・・・やだぁ・・・)

何をされているかは理解した。
そして恐怖と嫌悪も。

「店長・・・や・・・やめて・・・!」
「いやだっ!!」
「やぁ・・・」

そう抵抗して、動かないなりに身体をばたつかせる。

「だめね・・・」

店長は顔を上げてそう言った。
そして、「ちょっとね・・・」と、傍からタオルを取り出すと、私の口に詰めた。

「んんん!んん!!」

抵抗しようにも、いつの間にか腕が縛られ、どこかに結ばれていた。

「さあ・・・いい?」

そう彼女が言ったのを最後に視界が暗くなった。
何かを顔に被せられたのを知った。
抵抗が出来なくなった。
そして聞こえる音。

ウィーン・・・ウィーン・・・ウィーン・・・。

明らかな機械音。
当時の私は、それが何であるか分からなかった。

(え・・・何?ん?)

そう思っていると股間に当たる何か・・・。

(え・・・?え・・・?やだ・・・)

「んんんーーーーっ・・・!」

声の限りに叫ぶ。
だが、くぐもった音しか出ない。

ウィーン・・・ウィーン・・・ビュビュビュ・・・。

「んん!」

機械音が低くなった。
そして同時に感じる変な感じ。
股間が、内臓が震えた感じがした。
そして明らかな違和感。
伝わってくる振動。

(やぁっ・・・やぁっ・・・いや・・・やめて・・・)

当時、遠距離恋愛中の彼氏がいた私は未経験ではなかった。
だから感覚は分かる。
だが、彼氏のモノよりも、もっと強くて、太い塊が私を突く。

「んんんんっ!!!」

ビビッ・・・ビュビュビュ・・・。

私の中にその振動が埋もれていった。
そして変な感じが甘い刺激に変わる。

(いや・・・いやっ・・・ぁぁぁぁ・・・いやだ・・・いや・・・こんなの・・・)

内臓がグイグイと押された。
普段入ったことのない深さにまで塊が入る。
うねうねと動き、刺激を伝える。

(いや・・・いや・・・っっぁぁ・・・)

嫌で嫌で仕方なかったが、身体は素直だった。
彼氏とのセックスでも感じたことのない、物凄い刺激が何度か波を打って訪れた。

(やぁっ・・・やぁっ、いやぁ・・・)

じんじんと股間が痺れる。

(もう・・・もう・・・いやだ・・・ぁぁぁ・・・)

そう思った時、身体中が変な感じになり、ふわっとしたような気がした。
そしてそこから続く長い感覚。
それはこの上なく身体を貫いた。

(いや・・・嫌なのに・・・)

自分の股間が自分で無いような感じ。
感覚がおかしくなるくらいに気持ち良かった。

(ああ・・・あああ・・・)

腰がガクガクと震えた。
大きな塊は相変わらず私の内臓をうねって刺激し続けていた。
また次の波がやってきそうだった。

「・・・っっぁぁぁ・・・!」
「いや・・・っっぁぁ・・・!!!!」
「い・・・い・・・イク・・・ぅぅぅぅ!!!」
「ぅぅっ・・・」

数え切れないくらいの絶頂のあと、口に詰められたタオルと顔を覆う目隠しが取られた。
気持ちよさに支配された私はすっかり抵抗する気もそがれ、ただただ店長の言いなりになっていた。
だから店長が私の顔に跨がって、「舐めて」と言った時は、自分から舌を差し出した。

「んん・・・んぷ・・・」

店長が遠慮なく股間を押し付けた。
口に広がるしょっぱい味。
女の人のを舐めたのは初めてだった。

「ぁぁ・・・絢子ちゃん・・・いいわ・・・」

店長の手が私の胸を散々に揉みしだいた。

タイトルとURLをコピーしました