足湯で触れた叔母の美しい脚

この体験談は約 7 分で読めます。

春分の日に母方の墓参りに、叔母の文子と出かけた。
母と3人での予定が、母は急用が入り、2人で出かけることになった。
44歳の叔母は痩せ型で背も高く、子供の頃からきれいな女性だと憧れていた。

片道約1時間のドライブは、キャリアウーマンでもある叔母と会話も弾んだ。
帰り道に道の駅に寄って休憩をとると、小さな足湯があり、叔母が「入ってこうよ」と言い出した。
叔母はさっさとストッキングを脱いでスカートを捲り、足湯に浸かった。
透き通るように色が白い露わになった叔母の太腿を見ていると、(触りたい)という欲望が抑え切れなくなった。
叔母の太腿に手のひらで触ると、叔母が体を大きく揺らし、「キャッ」と小さな声を上げた。

「雅之、びっくりするじゃない。こんなオバさんの脚を触ってどうするのよ」

「むちゃくちゃ気持ちいい。すべすべ。お願い、もうちょっと触らせて」

「もー。こんなので良かったら気の済むまで触ってなさい(笑)」

叔母は呆れ顔で、甥の悪ふざけと受け流していた。
周りには叔母と私以外いないことをいいことに、膝から太ももを何度もゆっくりと撫で上げていった。
熟女のしっとりとした肌の柔らかさと弾力が堪らなく気持ちいい。

「ねえ、20歳も年上の女の脚を触って興奮するの?」

「俺の初体験の相手は高校の時のバイト先のパートの人で、今の叔母ちゃんより年上だったから」

「なにそれ?」

「で、今も会社の年配のパートの人と仲良しだし」

「雅之は独身だからいいけど、向こうは不倫でしょ?」

そんな話を続けながら、手のひらは太腿の付け根辺りをゆっくり撫で、徐々に指が布にかかっていった。
化繊のつるりとした感触が伝わってきた。
指先に神経を集中させ、人差し指と中指で叔母の亀裂の上を軽く撫でるように動かしていく。
叔母の呼吸が荒れてきていたが、叔母は止めようともせずに会話を続けた。

「若い子のほうが肌がピチピチしてていいでしょう?」

「俺は、同じ年ぐらいの子と付き合ってもダメなんだ。40過ぎのしっとりした肌のほうが気持ちいい」

亀裂の上をゆっくりゆっくり指先でなぞり続けると、そこは湿り気を帯びてきた。
叔母は目を瞑り、私の手のひらの動きに身を任せていた。
叔母のショーツは思っていたのと違いローライズだった。
思い切って手のひらをゴムの中に潜らせた。
柔らかな茂みの中で亀裂に中指を当てて動かしていく。
叔母のうなじが赤みを帯び、叔母は押し黙ったまま目を閉じていた。
そのとき話し声と足音がして、数人のグループが近づいてきた。
叔母はさっと立ち上がり、「帰ろう」と言って小走りで車に戻った。
助手席に座った叔母は深いため息の後、目を瞑り、シートにもたれた。
長い沈黙が続いた。

「ごめんなさい。叔母さんのこと、随分前から好きだった。だから・・・」

沈黙に耐え切れず声を発した。

「知ってたわよ。雅之が私を女として見てくれてるのは感じてた。だから昨日、2人で行くと分かってから、なんだかウキウキして洋服を選んだの、下着もね。今日だけ。今日が終わったら雅之も全部忘れるんだよ」

叔母は自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

ラブホテルの部屋に入り、ベッドに腰掛けると、叔母の体に手をまわして深い口づけを交わした。
叔母も積極的に舌を動かし、お互いの唾液が糸を引くようなねっとりとしたキスをしながら互いの服を脱がせていった。
叔母が選んだ上下お揃いのワインレッドの下着は、熟れた肢体に映えていた。
ベッドの上でお互いの体を弄りながらキスを続けた。
ちょっとだけ下に垂れた乳房も私の想像通り艶めかしく、今まで出会った熟女の中でも最高の身体だった。
そして、彼女が母親の妹だということが、何にも増して気持ちを昂らせていった。

叔母とのセックスでは、今までの相手に使っていた技巧的な動きをする必要がなかった。
初めてのセックスなのに、お互いの求めることが不思議なくらい分かり合えた。
叔母の中に入っていくと2人の体が包まれるように一体になっていく。
一心に腰を動かさなくても、ただ叔母と抱き合っているだけで湧いてくる安らぎは、今まで抱いた女では味わえなかった悦びを私にもたらした。
叔母は一度、私のモノを吸い込むように頂上に昇り詰めると、そのあとは何度も昇り詰めていった。
自分が昇っていくために柔らかな叔母の身体に猛然と挑みかかると、叔母は今までの抑えた声ではなく、吠えるように「ぁぁあああ!」と声を出し、2人で同時に果てた。

1週間後、叔母から電話が入り、土曜日のランチを約束した。
レストランに入ると、午前中は仕事だった叔母がスーツ姿ですでに座っていた。
叔母の前に座ろうとすると叔母が手を引きベンチシートの横に座らされた。
そして頬杖を突き、覗き込むように言葉を発した。

「雅之は悪い子、1週間もほったらかしで、女から電話させるんだから」

『女』という単語にドキッとさせられた。

「だって叔母さんが・・・」

叔母が私の口に指を当てた。

「フ・ミ・コ」

「文子があのとき言ったから・・・」

嘘ではなかった、あの日から叔母のことしか頭になかったと言ってもいい。
しかし叔母の言った、「今日だけ」という言葉が、連絡することを躊躇わせていた。

「私、なんか言ったっけ・・・。女たらしを気取ってるくせに、雅之は本当は真面目なんだよね。そこが可愛くって好きよ」

叔母はおかしそうに微笑んだ。
そして密着するように体を寄せてきた。

「ねぇ。今日は触らないでいいの?」

叔母が手をとり、私の手をスカートの中に導いた。
するとそこに予想した物はなく、手のひらは素肌の太腿に直接触れていた。

「さっきトイレでストッキングを脱いだの」

叔母が耳元で囁いた。
食事と会話の間に何度も叔母の太腿に手を伸ばし、叔母も私の怒張したモノを指で弄んだ。

部屋に入り、叔母が服を脱ぐと、黒に銀色の刺繍がある下着を身に着けていた。
大人の女を感じさせる、挑発するように薄っすらと透けて見えるものだった。
賞賛の声をあげて私は叔母に抱き着いた。

「気に入ってくれた?今日仕事だったのは嘘。午前中は婦人科で薬をもらって、デパートでこの下着を買ったの」

「薬って?」

「今日は中に出して欲しいの。これを受け止めたいの」

そう言いながら叔母は私の怒張したモノを口に咥え込んだ。
時折音を立てながら口で咥えられて手で刺激されると、立っていられないほどの快感に包まれた。
初めてのセックスの時はほとんど受け身だった叔母が積極的に快感を求め、悦楽の声をあげた。
生身での挿入は前回の時よりもさらに一体になる喜びが増した。
叔母を何度か頂上に導いて、正常位でゆっくりと腰を動かしていると射精感が襲ってきた。

「文子、俺もイク」

「いいよ。中に出して」

叔母は私の背中に手をまわし、脚もホールドするように絡みつかせた。
ほとんど動けないほど叔母と密着したが、ヒクヒクと動く膣が奥に吸い込むように締まってくる。
(叔母に自分の子を産ませる)という欲望と共に、私は一気に精を放出させた。
その瞬間、今までにないほど叔母に締め付けられ、長い快感の時間が続いた。

その日はもう一度、叔母は私の精を吸い込んだ。
そして叔母の家まで車を走らせた。

「あっ。雅之のが少し出てきた。何年ぶりだろう・・・男の物が体に入ってる感覚」

「イヤなの?」

「違うの。幸せな感じ。あと5歳若かったら、全部捨てて雅之の赤ちゃんを産めたのに」

「俺は文子と一緒になれるなら、今からでも全部捨てる」

「ありがとう。秘密・・・秘密にしようね。絶対に誰にも知られたらダメ。私が雅之の女になったことは誰にも知られたらダメ」

叔母は運転席の私にもたれてくると、私の股間を白い指で撫でた。

叔母とは月に2、3回の逢瀬を重ねた。
叔母は5年前に離婚して、娘の麻里と2人で暮らしている。
デートの時は私好みの服を着て、最近ちょっと雰囲気が変わった。
肌の艶も良くなったように思う。
母を車に乗せた時、母が叔母の話を始めた。

「なんかね文子に恋人ができたみたいよ、ひらひらした服を着て口紅も髪の色も変えちゃって」

その話を日曜日に叔母のマンションですると、叔母も苦笑いをしながら話し出した。

「私も言われたは、『若い子と無理して付き合っても、子供を産めないんじゃ結婚できないでしょう、遊ばれて終わりよ』って。『雅之もまた年上の女と付き合ってるみたいだし、あなたからお嫁さんを紹介してよ』って言った後、麻里はどうかなって言ってたわ」

麻里は今年20歳で、まだ学校に通っている。

「私が、『従妹じゃあ血が濃すぎるし』って言ったら、『やっぱり身内同士はまずいわよね』だって」

「後悔してる?」

ソファの横に座っている叔母が首を小さく横に振った。

「雅之が好きなの。雅之が私に飽きるまで離れないから」

叔母は首に手をまわしてきた。
叔母と愛情を確かめ合うように深い口づけを交わした。
口での愛撫を耳元から首へと続けた。
そしてスリーブレスのワンピースから覗く白い左脇へ舌を這わせた。

「また、そんなところ舐めて」

叔母の脱毛した脇はきれいで舐めずにはいられない。
脇への愛撫を恥ずかしがりながら叔母は喘いだ。
叔母の寝室に移り、ワンピースのジッパーを下ろしていく。
ゆっくりと時間をかけて叔母の服を剥ぎ取っていった。
少し弛んだ叔母の肌の気持ちよさを感じながら体中を愛撫しながら舐めていく。
今日の叔母も私好みの服を纏っている。
ワンピースの下にスリップ、そして生足。
スリップだけを着て乱れる叔母を見るのがもっとも興奮する。
シルク地の薄い青紫のスリップから伸びる長い2本の脚が艶かしい。
ふくらはぎから膝の裏を舐めていくと、なぜか恥ずかしがって可愛い声を出す。
時間をかけて叔母を攻め、中がじゅくじゅくになったところで一気に突き上げる。
離婚後、しばらくセックスから離れていた叔母の秘所は、私と体を重ねるごとによく濡れるようになり、一気に奥まで突き入れた瞬間にぐっと締まってくる。
ピタリと寸法の合った叔母とのフィット感と柔らかさが堪らない快感を与えてくれる。
このヴァギナの柔らかさは、子供を産んだ熟した女でないと味わえない。

叔母が何度目かの高まりを迎えると、叔母の身体から嗅いだことのない匂いがしはじめ、奥の方がぬめぬめとしてきた。
叔母の脚を抱え上げて密着を深めると新しい感覚があった。
叔母が、「んん・・・ぅぅう」と唸りをあげて体を震わせる。
その刺激で私も同時に一気に奥深くへと放った。
快感の波が過ぎ去っても、お互いにしばらく体を重ねたまま動けなくなっていた。

「なんだか凄かったよね。私、妊娠したかもしれない」

「うん、なんだか俺もそんな気がする」

叔母が下から抱きついてきた。

「雅之の子供を産んでもいい?」

私も叔母を強く抱き締めた。

「文子と俺の子供を産んで」

私は心から叔母に自分の子供を産ませたいと思っていた。