24歳まで童貞だった僕の“ちょんの間”体験記

この体験談は約 6 分で読めます。

ちょうど10年前、女性に全く縁のないまま24歳になった。
彼女はもちろん、女友達すら一度もいたことがなく、話をしたこともなかった。
完全なる真性童貞で女性の身体に指一本触れたこともなかったが性欲だけは一人前で、2日に1回はAV女優のグラビアを見ながらオナニーしていた。

その前年から働き始め、低収入ながら小金が財布に貯まるようになったのを機に、何回かストリップに行くようになった。
インターネットなど知らず、裏本も買ったことがないので、ストリップで生まれて初めて女のアソコを見たことになる。
オマンコを客席で眺めながら、ふと自分みたいな男でも風俗に行けば生身の女性とセックスできるのではないかという考えが浮かんだ。

今まで自分が現実の女性を抱くなどということは想像すらしていなかったし、死ぬまで童貞であろうと思っていたが、一度その可能性を考えると今すぐにでも行きたくなってきた。
本屋で風俗情報誌を買い求め、対人恐怖症気味で容姿や服装に強いコンプレックスのある自分でも行けそうな風俗を探す。
いかにもという感じの普通の店舗型風俗に入るのはハードルが高いように感じた。

すると通勤途中で少し寄り道したところに、ちょんの間街があることを知る。
今思うと、仮にも当局から営業許可を得た普通の風俗店より、半ば黙認とは言え、非合法の裏風俗に初心者が行こうとしたのは変かもしれないが、その時は呼び込みのオバサンとちょっと話をして即上がって、さっと事を済ませるのが自分にあっている気がしたし、入りやすいように思えた。

10月下旬、少し肌寒く感じる季節に行くことにした。
3日間のオナ禁を自分に課し、休みの前日に決行。
いつも通り仕事を終え、4万円ほどの軍資金を持ち、途中の駅で乗り換え、目的の地に着く。
まずは下見のつもりで場所を探す。
駅前商店街から少し横に入ったところにそれらしき店舗が広がっている。
思ったよりあっさり見つかった。

足を踏み入れるとオバサンが店から、「お兄さん、どう?」などと声を掛けてくる。
数十メートル歩いたが、すぐには上がらずひとまず引きあげる。
初めての風俗街巡りの割には、思ったほど緊張せずに見回ることができた。
これなら行けるという思いを持ちつつ、再び電車に乗り、繁華街のあるターミナル駅にまで戻り、食事をとった。
とんかつ屋で定食を食い、あまり飲めないが、緊張を和らげるつもりでビールを1本飲んだ。
食べ終わり、決心を固め、再びちょんの間街のある駅に向かった。

駅に降り、街に入り、ぶらぶらと歩いていく。
呼び込みのオバサンが何人も声を掛けてくる。
女性の顔見せをやっているのだから見て選べばいいのだろうが、とてもじゃないが女性の方を見られない。
ちらちらと店の方に一瞬視線をやるだけで通り過ぎる。
・・・迷っていてもしょうがない。
とにかくどこかに入ることだ。
入る直前になってやっと性病の危険が頭をかすめた。
しかしゴムを付ければ、それほど危険もないはずだと思い直す。

いよいよ自分のつまらない人生で大きな区切りを迎えるのだと自覚しつつ、街の端から真ん中辺りにまで来たところで思いきって近くの店に飛び込んだ。
まったくもって適当に選んだ店。
屋号は忘れた。
さて、店には入ったものの、どうしていいか分からない。
オバサンが「いらっしゃい」と言う。
店には3人の女性が座っていた。
普通は客が誰にするか選ぶのだろうが、何も言えずまごついていると、オバサンがその内の1人に合図して、その人が立ち上がった。
指名がない場合に備えて、あらかじめ順番が決まっていたのだろうか。

オバサンに促され、その女性と2階に上がっていく。
小さめの部屋に布団が敷いてある。
暖房がちょうどいいくらいにしてあった。
オバサンに料金の説明を受ける。
思ったより高かったので、一番短い30分コースを選ぶ。
値段は1万7、8千円くらいだったろうか。
2万円はしなかったと思う。

自分が最初に触れる女性となる相手と向き合う。
顔を思い出そうと努力してみたが、思い出せなかった。
童貞を奪ってもらった相手の名前はもちろん、顔さえ思い出せないのは我ながら物悲しい人生だなと思うが、こんな生き方だからしょうがない。
その他の特徴もさっぱり記憶にない。
年は20代後半から30代前半くらいか。
ちょっとぽっちゃり目の体型だったが、女性経験なしの自分には何の不満もなかったことだけは確かだ。

座って、しばし雑談。
これが一番苦手だ。

「今日はお仕事帰り?」とか女性が話し掛けてくれる。

こっちは「うん」とか「いや」とか、聞かれたことに一言二言答えるだけ。
ろくに視線も合わせず、俯き加減で、時々相手の顔を見る。
緊張で挙動不審と化す。
こちらが童貞であることは言わなかった。
プレイ中に丸わかりだったと思われる・・・。

相手の、「それじゃ始めようか」との一言で解放される。
女性が電気を消し、服を脱ぎ始める。
薄暗い中で着替えを眺める。
もちろん女性の着替えを見るのは初めて。
自分もドキドキしながら、仕事用の安いスーツを脱いだ。

「それじゃ布団に寝てください」

気恥ずかしさと緊張が合わさって、何を考えたかパンツだけ着けたまま横になろうとして、「あっ、パンツも脱いでね」と言われる。
ちなみにそのときの下着は、いい年して白ブリーフ。
女性が寝転んだ自分の左側に座り、チンポを手に取る。
皮を剥いて口に咥えてくれた。
生まれて初めてフェラチオ。
ほんの数秒咥えただけで、「ゴム付けていい?」と聞かれた。

「うん」と答えると、まだ勃起していないチンポに器用に装着。

仮性包茎で、仕事帰りなので風呂は昨日入ったきりで、しかも少し前にトイレを済ましておこうと駅で小便したから、かなり臭かったんじゃないかと思う。

ゴムを付けたチンポが再び咥えられた。
今まで経験したことのない奇妙な感覚が全身を走った。
ただ、すぐにイッてしまいそうな快感はなく、むしろ緊張のためか、なかなか勃起しない。
少しだけ焦りを感じるが、気持ちを落ち着けてチンポに感覚を集中させると勃起してきた。

「もう大丈夫?じゃあ、上がいい?下がいい?」

最初は正常位でしたかったので、仰向けで寝てもらう。
いよいよ挿入だ。
チンポに手を添え女性の股間へ近づける。
やはり最初なので少し戸惑う。
暗いこともあって2回ほど挿入失敗。
想像していたよりも女性器が下の方にあることを知る。
その時、「あれっ、あれっ」とお約束の情けない声を出してしまった。
暗くてよく見えないが、それらしい所にチンポを押し付けると、意外にもあっさり入った。
挿入成功!
・・・しかし何か違和感あり。
思っていたような、“締まり”や“温かさ”をまるで感じない。

「は、入った?」

童貞丸出しで聞くと、「うん、入ってる」と言うのだが、こちらにはその実感がない。

とりあえず身体を倒し、女性に覆いかぶさる。
必死で腰を動かす。
目の前に大きな乳房がある。
夢に見た現実の女性の胸だ。
夢中になって揉み、乳首を吸おうとする。
だが・・・何か変だ。
大きめの乳輪を舐めているが、陥没しているらしく乳首らしきものが見当たらない。
これには相当ガックリきた。
しかし気を取り直し、手と唇で胸の感触をできるだけ楽しむ。

この機会にファーストキスも体験してみたかった。
女性を見ると顔を背けて、「あん、あん」と喘いでる。
たぶん嫌がられるだろうと思い、キスの要求はできなかった。
仕方ないので首筋を舐めようとししたが、舌がうまく届かず、肩の辺りをべたーっと舐める。
これは気持ち悪がられたかも。

先程から腰を振り続けているが、どうも思うような快感が得られない。
よく童貞が挿入後、一瞬でイッてしまったという話があるが、自分はむしろオナニーのし過ぎによる遅漏なのかもしれない。
身体を起こし、神経を集中させて腰を動かすものの、どうも快感が高まらない。
AVのように女性の両足を持ち上げ、屈位姿勢を取ろうとも思ったが、重い・・・。
到底持ち上がりそうもないので諦める。

そのうち、膝がシーツと擦れて痛くなってきた。
(後で見たら軽く傷が出来ていた)
何とか射精しようと腰を振り、5分ほど経ったのだろうか。
疲れて動きが鈍ってきた。

すると女性が、「イッた?」と聞くので、「いや、まだ」と答えると、「私が上になろうか?」と言われる。

実は騎乗位は全然好きではない。
AVを観てても騎乗位のシーンは即飛ばすし、オナニーの妄想でも使わない。

しかし、そんなことを言ってる場合ではないので素直に従う。
仰向けになった自分の上に女性が跨がり、チンポに手を添えて性器に入れる。
そして喘ぎ声を出しながら、かなり激しく上下に動き始める。
チンポへの刺激は正常位より強いが、自分でコントロールできない分、むしろ痛い。
2、3分経っても、感じるのはチンポへの痛みだけで全くイク気配がなかったので、「あ、ごめん、もういいよ」と言ってやめてもらう。

「えっ、いいの?」と聞かれたので、「うん、ちょっと痛くなってきた」と正直に返した。

ゴムを外してもらい、電気を点けて、お互い服を着る。
向かい合って座る。

「イッてないのに、ゴメンねぇ」と女性。

何か気まずい雰囲気。
まだ少し時間があるようだ。
雑談タイム。
ただでさえ女性と話したこともなく緊張するのに会話は嫌だ。
さっさと帰りたかった。
今思うと、むしろそうした方が良かった。
最初の頃と同じく、こちらはまたもや挙動不審男に。
相手の目を見て話せない。
話しかけられたことに一言返すのが精一杯。

女性が下に行ってお茶を取って来てくれた。
緊張して下の椀置をくっつけたまま飲んで、彼女に笑われた。
その後、やっとブザーが鳴って解放。

「ごめんねぇ」
「ありがとうねぇ」

彼女とオバサンの声を後に聞きながら、逃げるように店から立ち去った。
不完全燃焼に終わった虚しさと、これでは童貞喪失とは言えないのではないかという苦い思いを胸に家路に就いた。

帰宅後、風呂に入ってからオナニー。
先程の行為を思い出して興奮したわけでなく、単に3日間溜めていたので義務的に放出しただけ。
以上、真性童貞を捨てられたのか捨てられなかったのかよくわからない、半分失敗の初体験話でした。

タイトルとURLをコピーしました