小柄で茶髪のJKを雑木林に押し倒して

この体験談は約 5 分で読めます。

さっき、女子高生をレイプした。
小柄で茶髪、だらしない歩き方をしていたバカそうな女子高生だった。
最寄駅方面へ続く、遊歩道みたいな道なので車は通らない。
通勤通学の時間帯は結構人通りも多いのだが、この大雨のせいか、歩いていたのはこの女子高生1人だった。
別に・・・見かけた時はレイプしようとは考えなかった。
だけど、あの後ろ姿を見ていたら・・・。

俺は周りを見渡して人が居ないことを確認しながら後をつけた。
ピンクの傘が徐々に近くなっていく。
同時に俺の心臓もバクバクしてきたのが分かった。
ほぼ真後ろに迫っても、女子高生は全く気付いてない感じだった。
俺は勢いよく、女子高生を突き飛ばした。
前のめりに倒れ、はずみで白いパンティが見えた。

「キャッ・・・!?」

俺は口を塞ぎながら脅した。

「大人しくしろよっ・・・!!」

「ヤダッ・・・ヤダッ・・・」

女子高生を立ち上がらせて雑木林の奥へと連れていく。

「痛い・・・痛いから・・・」

お構いなしに歩かせて、遊歩道から見えない所で押し倒した。

「キャッ・・・」

俺は首に手を掛けて再び脅した。

「大人しくしねえと・・・分かったのかよっ!」

かなり怯えた目で、何度も小さく頷いていた。
もう随分と前だが、俺はレイプしたことがある。
さすがにヤバいと思ってやめていたのだが・・・この女子高生で何人目かも分からない。
だけど、心臓のバクバク感と緊張感はいつものことだった。
俺は女子高生に覆い被さり、短いスカートの裾からパンティの中へ手を入れた。

「痛っ・・・痛い・・・足が・・・」

突き飛ばした時に膝を擦り剥いたのか、血が滲んでいた。
構わずパンティの中に手を入れた。
指先には陰毛の感触・・・そして女の割れ目・・・。
俺はオマンコへと指先を這わした。

「うぅーーーっ」

固く目を閉じて小刻みに首を横に振る女子高生。
オマンコに中指を入れると、僅かな湿り気が指先に感じた。
相変わらず俺の心臓はバクバクしたままだった。
何回ヤッても慣れることなどなかった。
あまり潤っていないオマンコに思い切り指先をピストンさせた。

「痛いっ・・・!」

女子高生の手が俺の手を掴み、手マンを拒もうとしてきた。
俺は手マンをやめて、パンティのお尻の方に手を掛けて下ろそうとした。
短いスカートは捲れあがり、白いパンティが丸見えの状態になっていた。

「ヤダヤダヤダっ!ヤメてっヤメてっ!」

ここで女子高生が初めて抵抗してきた。
パンティを下ろされまいと、両手で自分のパンティを掴んだ。

バシッ!

俺は女子高生の横っ面を張り倒した。

「痛っ!」

「大人しくしろやっ!」

パンティを足首まで下げて片足だけ脱がせた。
両膝を広げて、女子高生のオマンコをマジマジ見た。
オマンコはクッキリと見えた。
今まではほとんどが夜間のレイプだったので、女のオマンコをマジマジと見たのは初めてだった。
小柄な女子高生という先入観もあるだろうが、可愛いオマンコが目の前にあった。
堪らずに俺は舐めまくった。
女子高生は両足を閉じようとしたが男の腕力には敵わない。
両手が頭に触れ何とか引き離そうとしているが、所詮は女子高生の力。

「やだぁ・・・やめてよぉ・・・やめてよぉ・・・」

構わずオマンコを舐めた。
ある書き込みで『勃起しない』とあったが、俺はいつもフル勃起した。
今日も襲う前から勃起したままだった。
だけど、『女子高生は意外と大人しい』というのには同意する。
しかし、この女子高生は違った。
オマンコから顔を離して、ズボンとパンツを脱ごうとした時だった。
上体を起こしながら突然・・・。

「誰かっーーー!」

すぐに口を塞ぎ、頭を地面に叩きつけた。
横っ面を張り倒した。
自分でも頭に血が上っているのが分かった。
首に手を掛けて力を込めた。

「んぐっ・・・ぐっ・・・ぐほっ・・・ぐほっ・・・」

目を見開き、咳き込んだところで手を離した。
さすがにマズイと思い、遊歩道の方をしばらく見ていた。
幸いにして人が来る気配はなかった。
体を横に向けて、時おり咳き込む女子高生を仰向けにさせて馬乗りになった。

「この野郎・・・滅茶苦茶にしてやるよ・・・」

拳を振りかざすと、咄嗟に顔を背けた女子高生。
まず羽織っていた紺色のカーディガンを強引に左右に広げた。
白いブラウスの襟元から、やはり同様に広げた。

ぶちぶちぶちっ!

ブラウスのボタンが飛び散り、白いブラジャーが見えた。
派手っぽい外見とは裏腹に、ブラジャーとパンティはごく普通っぽい白だった。
ブラジャーを上にずらすと、小柄な体と同じく小ぶりなオッパイが露わになった。

「うぅ・・・うぅ・・・うっ・・・」

ついに泣き出した女子高生。
お構いなしにオッパイを揉みまくり舐め回した。

「グスッ・・・グスッ・・・ヒッ・・・ヒッ・・・」

女子高生の嗚咽を聞きながらオッパイを弄ぶ。
やはり女子高生の肌は違う。
大人の女とは明らかに違う感触が手のひらに伝わる。
首筋を舐めると、薄っすらと香水の匂いがした。
フニャチンになっていたが、瞬く間にフル勃起してきた。
顔を背けていた女子高生の顎を掴み、こっちに向かせて言ってやった。

「今度騒いだら・・・」

泣きながら頷く。

「お願いです・・・痛く・・・しないで下さい・・・お願いです・・・」

懇願の表情・・・俺は更に興奮してきた。
俺はズボンとパンツを脱ぎ、女子高生の両足を広げて腰を落とした。
すっかり渇いたオマンコに唾をかけてから、フル勃起したペニスを宛てがう。

「うぅ・・・うぅ・・・うぅ・・・」

両手で顔を覆って泣いている女子高生を見ながら、俺はゆっくりと腰を沈めた。
やはり小柄な女子高生という先入観があるのか、かなりきつく感じる。
そこに俺のペニスが半分近く挿入されている。
ゆっくりと前後させたが、潤ってないせいか、なかなか完全に挿入できない。
焦れったくなったので、体重をかけて一気に腰を沈めた。

「ひっ!うっ!うぅーーー!痛っ!痛いっ・・・!」

顔を覆っていた手をどけて、女子高生の泣き顔を見ながら腰を振った。
俺のペニスは完全に根元まで挿入され、強く激しくがむしゃらに腰を打ちつけた。
小ぶりのオッパイを鷲掴みにしながら奥深くまで突きまくった。
俺のピストンに合わせて小柄な女子高生の体が揺れている。
無惨にも引き裂かれたカーディガンとブラウスは落葉と土で汚れている。
ずらされた白いブラジャーから小ぶりなオッパイが露わになり、片足首には、やはり土で汚れてしまった白いパンティがあった。
捲られた短いスカートの下では俺のペニスが激しく奥深くピストンしている。
すぐに興奮は頂点に近付き、俺はピストンをやめて女子高生の耳元で囁いてやった。

「中によぉ・・・思いっきり中に出してやるからよぉ・・・」

顔を横に背けて泣いていた女子高生が、俺を見ながら目を半開きにして小さく首を横に振った。

「グスッ・・・グスッ・・・お願いです・・・中には出さないで・・・下さい・・・お願いです・・・」

俺が再びピストンを始めると、女子高生の両手が腰の辺りに伸びてきた。
力ない両手で俺の体を離そうとでもしているのか。
今思えば、もう周りのことなど全く気にしていなかった。
目の前の・・・俺にレイプされている小柄な女子高生しか頭にはなかった。
俺は少しだけ体をずらし、女子高生の膝裏から腕をまわして抱え込むようにしながら腰を振った。
俺の激しいピストンに合わせて女子高生の体も激しく揺れている。
泣きじゃくり、大きく左右に首を振る女子高生。

「ダメっ!お願いっ!お願いですっ!・・・本当に・・・」

「イクぞ・・・中に出してやるよ・・・中になっ!」

興奮度が頂点に達して、快感が突き抜けた感じだった。
気持ち良さが全然違う。
俺は女子高生のオマンコに中出しした。

泣きじゃくる女子高生を尻目に俺はズボンとパンツを穿いた。
露わになった下半身、オマンコからは俺の精液が少し垂れている。
鞄を漁り、生徒手帳で学校と自宅を確認。
それを手にしながら女子高生に言ってやった。

「黙ってろよ・・・分かったな・・・」

すると、泣きながら女子高生は言った。

「うぅ・・・言えるわけ・・・ないでしょ・・・うぅ・・・うぅ・・・」

数年ぶりのレイプだったが、女子高生はいいな。
また癖になりそうだ。
今こうして思い出しただけでも勃起してきた。
今夜も大雨なら、またヤリたい気分だ。