遠い過去の話 その1 「奈津子と妹」

この体験談は約 3 分で読めます。

若いころの話で楽しかった頃の話です。

看護婦の女友達の貴とセフレの関係で楽しんでいた頃、「やれる女紹介してよ」の一言で紹介されたのが“奈津子”でした。

海に遊びに行くという口実でアパートに前の晩に誘い、迎えに行くと、前評判通りすぐ奈津子とやれました。
作戦も何も必要なく、堤防で涼む口実で薄暗い土手に行き、強引に押さえつけ服の下のCカップが出てきたときにはこれはいけると思い、そのまま最後まで・・・。
かなりのヤリマンのようで、その後もセフレというよりも性欲処理用として利用していました。

そのうち仲間内でも性欲処理用として使われるようになり、ある時仲間内での飲み会で奈津子を的に射精大会をしてしまってからは乱交が当たり前になり、奈津子のアパートには常に男がたむろっていました。
アパートには、週末には知らない男もいて、順番待ちのような状態でした。

奈津子にも飽きてきていたので、奈津子の妹も同様な淫乱なのか試してみたくなり、高校生の妹を週末奈津子のアパートへ呼び出しました。
そして、奈津子1人で5人の男の相手をしている姿を見て唖然としている妹を送っていくふりで、車に連れ込み裸にしました。

ここから実験で、奈津子のようにヤリマンになるのか試してみたくなり、最後の一線は奈津子の前でと思い、奈津子が乱交しているアパートへ裸のまま妹を連れ込みました。
そこで妹を貫き楽しんだ後、泣いている妹を男5人に渡し、奈津子と楽しみながら観察していました。

そこはやはり姉妹なんでしょうか。
処女を失い6人の男受け入れた妹は、朝には淫乱な女と化しました。
奈津子とやりにくる男どもに次々やられ、その日のうちに何十人もの男の公衆便所と化してました。
それからの週末には妹と奈津子は並んで男どもの便所となっておりました。

飽きてきた頃、貴に奈津子の現状を話すと「見に行きたい」と言い、週末に見に行きました。
いつも通り奈津子と妹は便所になっており、それを見た貴はビデオ撮影を始めました。
そのビデオどうするつもりかと聞いたところ、「別に」と答えてました。

いつしか奈津子とも連絡しなくなり、貴とも縁遠くなり10年経ちました。

ふと記憶を辿り、貴に連絡を取りました。
人妻となっており、早速いただいてしまいました。
またセフレの関係に逆戻りし、以前のビデオはどうしたのかと聞くと、まだ持っておりました。
ビデオの中の奈津子は相変わらず淫乱で、興奮しました。

貴が興奮しているのに気付いたのか、「奈津子の連絡先が欲しい?」と聞いてきました。

当然連絡先を聞き、ビデオをコピーし、奈津子に連絡しました。
昔とは違い、会うことを拒んだので、「妹に会いに行く」と伝えるとしぶしぶ会うことが出来ました。
昔のCカップは、その後なにがあったのかIカップになっており、興奮が止まらず襲いかかったところ、拒まれてしまいました。
そこで切り札のビデオを見せ、10年ぶりに奈津子の体を堪能しました。

今もたまに呼び出し、接待用のコンパニオンとして宴会では重宝しています。
宴会の席では、マイクロミニにチビTで頑張っています。
下着は野球拳などで取り上げ、屈むたびに丸見えです。
宴会のとりとして、射精大会、盛り上がった時には仲居さんも居る中でやりまくり、楽しむことも・・・。

奈津子はいつまでも淫乱でヤリマンです。

もし自分の近くに“奈津子”がいたら誘ってみてください。

もしかしたら、この奈津子かも・・・。

タイトルとURLをコピーしました