私のことを一番愛してくれる夫の歪んだ性癖

この体験談は約 8 分で読めます。

私と夫との馴れ初めは運命的なものでもロマンチックなものでもなく、ごくありふれたお見合いのようなものだった。

高校を卒業後、私は某派遣会社に登録し、秘書検定にチャレンジしたり、様々な研修なども積極的に受講して、ある企業の総合受付スタッフとして勤務していた。
受付嬢、会社の顔とも言うべきこの仕事に私は誇りと責任を持って取り組んでいた。

そんなある日、昼食休憩から戻ってきた直後、受付にある内線電話が突然鳴った。
急いで、でも丁寧に受話器を取ると社長からだった。
社長自らが、わざわざ受付に電話をしてくるなんて、かなりレアなケースだった。
そのせいか緊張で受話器を持つ手が震えた。

「すぐに社長室に来るように」と言われた。

いったい何なのだろうと心臓をバクバクさせながら社長室をノックした。
部屋の中に入ると、社長ともう1人の男性が立ち上がって笑顔で私を出迎えてくれた。
頭の中に『?』を浮かべていると・・・。

「受付でお見かけして、どうしてもお話がしたくて、失礼だとは思いましたが社長にお願いしてしまいました」

その男性が照れたような笑顔で言った。
これが夫との出会いだった。

当時、私は21歳、夫は40歳で、年の差がかなりあった。
それでも、「一目惚れしました」と素直に頭を下げる夫は、それまで受付で私を口説いてきた男性達と比べると、かなりの好印象だった。
また、夫は父親の会社を継いだ2代目社長で、私が受付をしている会社にとっては、かなり重要なお客様だった。
そのため、社長や営業部の偉い方、また派遣元の営業の方などからもかなり押しに押されて、何度かデートをし、そしてついには結婚することになったのだ。

夫は結婚初夜から、その片鱗を少しだけ見せ始めた。
私は女子校出身だったことや、家が貧しくて遊ぶお金がなかったこともあって、20歳過ぎても完全に処女だった。
キスさえしたことはなかった。
だから初夜の時は、部屋の電気を全て消して暗闇の中、恐る恐る夫の腕の中に入った。
私が処女であることは夫にも打ち明けてあったためか、夫はとても優しく私の身体を撫で、唇で愛撫してくれた。
私は最初こそ緊張していたが、いつの間にか安心して夫に身を任せていた。

しかし突然、夫は豹変した。
夫は枕元の電気を点けてから、リモコン操作で部屋中の明かりを一気に点けていった。
そして部屋が昼間のように明るくなると、私の手首を掴んで強引にベッドに押さえ付けた。

「いや、やめて!」

そう叫んでも夫はやめてはくれず、それどころか明るみの下で身体の全てを見せるようにと要求してきた。
あまりにも思いやりのない言葉にがっかりしてしまい、私は暴れまくって夫の拘束を解くと、急いでバスルームに逃げ込んだ。
少しは反省したのか、夫はドアの向こうで、「ごめん、すまない」と何度も謝った。
ずっとバスルームにいるわけにもいかなかったので、仕方ないから許してあげた。
夫は私をお姫様のように扱い、慌てて電気を全て消した。

バスルームから出てきた時、夫のアソコが恐ろしい程に勃起していることには気づいていた。
ベッドに入ってからも、猫撫で声でただただ謝り続ける夫のことが妙に愛おしく感じた私は、「いいよ」と言って身体から力を抜いて夫に身を任せた。
その晩は普通に抱かれただけだったが、夫は私の身体を気に入ったのか、何度も「素晴らしかった」とか「最高だった」とか言うので、恥ずかしいし、かなりしつこかったので、次の晩は抱かれてあげなかった。

結婚後、夫が初夜の時のような暴挙をすることは二度となかった。
しかし朝から私の身体に触れてきたり、会社から帰宅してすぐにキスを求めてきたりはしょっちゅうだった。
その度に私は声を荒げて、「夜まで待って!」と拒んでいた。

ところが先月のこと、父がお酒を飲んで自転車でお年寄りを轢いて怪我をさせてしまうという事件が起こった。
本当に大変なことになってしまった。
車であれば保険に入っているが、自転車だったので保険も適用されず、実家は弟に障害があることもあり、私が大学に進学できないくらい貧しかった。
そのため、被害者への保障などがどうにもならず、仕方なく私が夫に頭を下げてお願いすることになった。
事情を話すと、夫はあっさり、「いいよ」と言ってくれた。

夫の優しさや頼もしさに感動して涙を滲ませる私を、夫は抱き寄せ口づけしてきた。
まだ日も落ちていない真昼間だったが、夫に感動していたので好きなようにさせていると、夫は調子に乗ってブラウスのボタンを外していき、ブラジャーの隙間に手を突っ込んできた。

「ちょ、ちょっと待って!」

慌ててストップを掛けると、夫は耳元で囁いた。

「明日、全額振り込むから」

(は?)

真顔で言っている夫のことが心底怖くなった。
夫に触れられないように胸の前で腕を交差するようにガードしていると、夫は「分かったよ!」と言って自分の部屋に行ってしまった。

次の日、母からお金が振り込まれていないと連絡があり、びっくりして自室に籠っている夫に問いただした。
すると夫はドアも開けずに、「当たり前だろ」と部屋の中から吐き捨てるように言った。

「昨日のこと?昨日のことを根に持ってるの?」

「夫を慰め、癒やすのが妻の役目だろ?それが出来ない妻ならいらない。この家から出て行け」

(え?!)

聞いた瞬間、足元から崩れるような感覚に陥り、あまりのことに何も言葉に出せずにいると・・・。

「お前とは離婚する。もう弁護士と相談してるから」

「そ、そんな・・・」

私はそれだけ言葉に出すと、その場にへたり込んでしまった。
様々なことが頭を過った。
この先どうやって生きていくかとか、貧しいながらも苦労して育ててくれた両親に申し訳ないとか。
様々なことが頭に浮かんだ。
すぐに謝って許してもらおうと思いながらも、何も出来ずにいると電話が鳴った。
母からだった。
お金のことを心配している母に離婚話をされたことを素直に話すと、「すぐに謝って許してもらいなさい!」と怒鳴られた。
良いタイミングで背中を押されて、夫の部屋の前まで行った。

「ご、ごめんなさい」

割と大きな声で謝ったが、夫の部屋はシーンとしたままだった。

「私はあなたのことを愛しています、だから。とにかく話をしたいので部屋に入れてください」

ここまで言っても夫は何も返事をしてくれなかった。

「お願いです。話を聞いてください」

いつの間にか泣き声で叫んでいた。
部屋の前でしばらく泣き叫んでいると、突然、ガチャっと鍵が開く音がした。

「鍵は開けてやるよ」

「あ、あなた!」

嬉しくて思わず声が弾んだ。

「裸でなら、全裸になって入ってくるなら話を聞いてやる」

(え?今なんて?)

「入る入らないは、お前の自由だ」

そう言ったきり夫は何も話さなくなってしまった。
無言の中で私は考えた。

「許して下さい」と夫の部屋をノックした時から、すでに覚悟は決めていたはずだった。

夫をこんな風にしてしまった責任は全て私にある。
私のせいなのだ。
私はそう考えながら服を脱いでいった。

「これだけは許して」

恥ずかしさを誤魔化すため、私は夫に貰ったハリーウィンストンのネックレスを夫に見せつけるように摘まみながらドアを開けた。
しかし夫はネックレスなど目に入らないかのように私の乳房、続いて下半身に目を向けた。

「か、隠くしてないんだ」

それは唾液の絡んだ、くぐもったような夫の声だった。
黙って頷くと、夫は椅子に座ったまま、「こっちに来て」と言った。
言われた通りに傍に行くと、夫は恐る恐るといった具合に手を伸ばし、優しく恥毛を撫でてきた。

「火焔型って言うんだよな、これ」

そう言いながら夫は鼻の穴を膨らませた。
今思えば、きちんと見せたのは、これが初めてのことだった。
思わず、「ごめんなさい」と言葉が出た。
心から出た。
しかし夫は何も答えずに、ただ愛おしげに私の下腹部を撫で、太股を撫で回すだけだった。

突然、それまで下半身に集中されていた夫の視線が上に向いて私と目が合った。
夫は恥ずかしそうに目を逸らしてから、「色、こんなに白いんだな。思った通りだよ、凄く綺麗な身体だよ」と呟くように言いながら立ち上がった。
夫は私と視線を合わせずに、はっきりした声で言った。

「俺は浮気もしてないし、いつもお前のことを一番に考えてきた」

「はい」

自然に返事をしていた。
確かにその通りだった。
夫は一途だった。
一途過ぎたのだ・・・。

「それなのに、それなのに、お前は!」

急に言葉を荒げながら、夫は私の手首を掴んで頭上に上げさせた。

「そのままだ!そのままバンザイしたままでいろ!足もだ!足も、もう少し開けよ!」

ただならぬ夫の雰囲気と自分の立場を思うと、逆らうという選択肢はなかった。
私は言われた通りに両手を上げ足を開き、ちょうど大の字のような格好をした。
恥ずかしかった。
とても屈辱的だった。
夫は至近距離から私の腋の下や乳房をじっくり凝視し、時々しゃがみ込んでは足の間に顔を入れて、ワレメも好きなように弄り回した。
あまりにも恥ずかしすぎて目をギュッと閉じながらただただ耐えていると・・・。

「恥ずかしいのか?」

夫の優しい声だった。

「これからも浮気はしないよ。だけど時々、お前のことを一番には考えずに、こうやって自分のしたいようにする」

そう夫は言った。
その意味を瞬時に理解した私は、「それって離婚しないってこと?」と聞いてみた。
夫はそれには答えずに、「そこへ座れ」とだけ言った。

(ウソでしょ!こんなの恥ずかしすぎるよ!)

夫の目の前で私は文字通りの全開にさせられた。
椅子に座って脚をM字のように広げさせられたのだ。
夫の鼻先がクンクンと音をさせながらワレメを擦った瞬間、私は「いやっ!」と叫んで足を閉じそうになった。
しかしその前に、「お義父さん、うちで働けるように手配したから」と、夫が気になることを言った。

「え?」

「今回の事件で、今の会社は辞めなきゃならないだろ。だから次の働き先だよ」

私は全く考えてもいなかった。
今後の父の暮らしのことなど。
しかし夫はきちんと考えてくれていたのだ。

「どう考えても、お前には勿体無い人じゃないの」

母の台詞が頭を過った。
気付いた時には私は、本当に限界まで脚を広げながら夫に懇願していた。

「お願いです。何でもするから離婚しないで!」

夫はしばらく私のワレメを開いたり閉じたり弄っていたかと思うと、突然裸になって私を貫いた。
それは、それまで一度もしたことのない体位だった。
なぜだか私は今までにないくらい感じまくって、夫の背中に腕を回しながら喘ぎ狂った。

「お前の顔を見ながら、こうやってやるのが夢だったんだよ」

夫は呟くと、私の顔に向けて射精した。
夫の熱い液体が顔に掛かって目に入りそうになると、夫は慌てて拭いてくれた。
顔を綺麗に拭いた後、夫はいつも通りの正常位で私の顔を舐めながら腰を振った。
そして何度か私の中に射精すると、「咥えてくれ」と言ってアソコを私に向けて突き出した。
明るいところで顔を晒してやるのは初めてだった。
しかし、言われた通りに一生懸命頬張っていると突然、夫に頬を撫でられた。

「本当に整った綺麗な顔だよな。こんな顔して俺のをしゃぶってるんだよな」

そう呟いてから夫は、「離婚はやめた、酷いこと言ってごめんな」と言った。
私は喉の奥に夫のアソコが当たるのと、許された嬉しさとで涙を流しながら、この優しい夫を喜ばせたくて顔と舌を必死に動かした。

その日以降、夫は朝食を摂らなくなった。
いや、朝、食事をしなくなったというのが正確かもしれない。
なぜなら夫は朝、しっかりとダイニングテーブルの上の私を頂くから。
夫はダイニングテーブルの上で私の身体を好きなように開いて弄り回すことを非常に好む。
だから私は朝食を作る代わりに、シャワーを浴びて身を清めてからテーブルの上で裸体を開いて仰向けになる。
夫は、「朝日を浴びた輝くような裸体が最高に良い」と言っては、朝食を採る時間さえ勿体無いとばかりに、時間ギリギリまで散々私の身体を弄び、最後に私の口の中で自分の分身を清めてから出社する。
毎朝しっかり抜いてスッキリしてるせいで仕事に集中できるとかで、早くも業績が上がりだしたそうだ。

今朝、「弟君も、うちに入社しないか?彼の将来のことを考えると、そのほうが何かと良いだろ?」などと嬉しいことを言ってくれた。
私は夫が覗き込んでいるお尻の穴に力を入れて、さらに広げながら、「ありがとう、そのことが昔からずっと悩みだったの」と返事をした。

「じゃあさ、悩みも解消したんだし、いよいよアナル、いいだろ?なあ今晩、頼むよ」

お尻の穴に入れられるなんて屈辱すぎる。
だから拒み続けてきた。
そこだけは、ずっと拒み続けてきた。
しかし先日も、父がかなり迷惑を掛けていると母から聞いたばかりだった。
今度は弟まで・・・。

「分かったわ」

そう返事をすると夫は、「やったー!」と子供みたいにはしゃいで、ペロペロとお尻の穴を舐めだした。

「あ、っあ~ん」

その日も私の大きな喘ぎ声がリビングに響き渡り、朝の番組の女子アナの声が完全に打ち消された。