妊婦になって芽生えた私の露出願望

この体験談は約 4 分で読めます。

30歳で結婚して、すぐに妊活をしたおかげで半年ほどで妊娠しました。
通える範囲に産婦人科の病院は数軒あり、知人の話や口コミを見て病院選びをしていた頃、夫が、「女医さんが診てくれる病院でないとダメだ」と言いだしました。

2歳下の夫は結婚前から嫉妬深く、ミニスカートや肌の露出が多い服装さえ嫌がり、私が他の男性と楽しそうに話してるだけでも不機嫌になりました。
そんな夫なので、そう言われる予感はしていたのですが、残念ながら通える範囲に女医さんの産婦人科はなかったのです。

そこで夫と話し合い、おじいちゃん先生がやっている小さな個人病院に通うことになりました。
ベテランなので評判も良く、先生がおじいちゃんなので夫も許してくれたのです。

数日後、診察を受けに行きました。
おじいちゃん先生は、おじいちゃんと言うほど高齢ではなく、私の親と変わらないくらいの年齢でしたので、何となくリラックスできました。
最近の内科等での診察は、聴診器や打診だけなのでがっつり胸を晒すこともなく、ブラ着用や薄手のシャツのままでもいい事が多いのですが、産婦人科ではブラも外されて胸を丸出しにされました。

その後は診察台に乗っての内診です。
下着を脱いで足を大きく開く例の格好なのですが、私は元々お医者さんに裸を見られることに全く抵抗がなく、むしろ元気な赤ちゃんを産むために、(異常がないか、しっかり見てくださいね)というくらいの気持ちでした。
ところが「妻の裸を他の男には見せたくない」という夫の話をふと思い出し、なぜか急に・・・。

(ああ、夫以外の男の人に胸やおまんこを見られて、触られてる・・・)

という気持ちになってしまったのです。
一度そんなことを思うと、だんだんたまらなく恥ずかしくなってきたのですが、足を拘束されているので股を閉じることも出来ず、数分間なすがままでした。

そうか、夫はこの事を言っていたのね。
相手がお医者さんでなければ、夫以外の男性にこんな姿は見せられないわよね。
お医者さんでも、患者さんの胸やおまんこを性的な気持ちで見ることってあるのかな?
もしエロい気持ちで見られたら、恥ずかしいだろうな・・・。

その日は1日、(彼氏でも夫でもない男性に全てを見られた)という気持ちになってしまい、もやもやしていました。
しかしそれは嫌悪や後悔ではなく、夫の言葉のせいで、“羞恥”とか“背徳感”のような気持ちでした。

産婦人科に通ううち、(今、私の胸を触っている先生が、大きく足を開いて私のおまんこを見ている先生が、他の人だったらどうしよう・・・)という妄想を抱くようになりました。
頭の中に浮かんでくる妄想の男性は、OL時代の同僚や学生時代の男友達です。

こんな恰好、恥ずかしい。
他の男の人におまんこを見せてます・・・あなた、ごめんなさい。
もしもこんな姿を夫に見られたらどうしよう・・・。

妄想がエスカレートして、濡れてきたり声が出ると困るので、診察中は妄想を抑えるのに必死でした。
さすがに私も30歳なので、少女のような恥じらいはありませんが、まさか自分にこんな性癖があるとは気づきませんでした。
恥ずかしい気持ちと夫への背徳感がいつしか、性の興奮と快感に変わってしまっていました。

お腹の膨らみが目立ちだし、誰の目から見ても妊婦さんだと分かるくらいになった頃、夫が会社に行っている昼間に1人、全裸の自分を姿見に映しました。
Dカップだった胸はFカップくらいになっています。
爆乳ですが、乳輪は黒く大きくなって綺麗ではありません。
でもそれは、大きなお腹の中には愛する夫の赤ちゃんがいて、元気な赤ちゃんを産むためです。

私は意を決してベランダの窓際に立ち、一気にカーテンを開けました。
マンションの3階なので、道行く人にははっきり見えないでしょう。
でも前の道路は店が立ち並ぶ賑やかな通りなので、人はたくさん歩いています。

誰かが見上げて私の裸を見たかもしれない。
向かいのビルからも見えてるかもしれない。
乳首も立ってるし、おまんこが熱くなるのを感じる・・・。

私は腰が砕けるようにその場に座り込みました。
そしてそのまま足をめいっぱい開き、M字開脚の状態で窓の外を見ました。
座り込んでいるので外から見られることはありませんが、外に向かって素っ裸で股を開いている自分に興奮し、おまんこはびちゃびちゃになっています。
そのままクリトリスを擦ると、あっという間にイッてしまいました。
それ以来、窓際オナニーは日課になりました。

この頃には、診察で病院に行くことが楽しみになり、アンダーヘアもデルタだけ残し、おまんこの周りはツルツルにしました。
夫には「清潔にするため」と説明していましたが、お腹が大きくなるにつれて夫は、「赤ちゃんにもしも何かあったら」と心配して、私の性欲に反して夫婦の営みをしなくなりました。

アンダーヘアの処理をして初めての診察の時、病院の受付で・・・。

「今日は先生が不在なので、若先生に診てもらうことになります」

「若先生?」

「院長先生のご長男で、病院の後継ぎとして来月からこの病院で働く予定なんですよ」

「・・・」

診察室に入って若先生を見た時、私は一瞬で凍りつきました。
中学時代の2年上の先輩だったのです。
先輩は目立つタイプだったので私は知っていますが、おそらく相手は私のことは覚えていないと思います。
よく知っている人の前で裸になるのは勇気がいりました。
しかもおまんこはツルツルです。
もちろん何事もなく診察は終わりましたが・・・。

先輩は私のおっぱいを見て、どう思ったんだろう?
ツルツルのおまんこを見て、エロい女だと思われたかしら?

その日の私はいつものより数倍興奮してしまい、家に帰って即、オナニーをしました。

「ああ!私の恥ずかしい姿をもっと見てっ!」

今までにないぐらい感じてしまい、私の中で何かが弾けました。
その日から、家では全裸で過ごし、宅配便など人が来た時は慌ててマキシワンピを着て対応するようになりました。
薄手のマキシワンピではお腹の出っ張りと胸の膨らみ、乳首の形もはっきり分かります。
宅配やデリバリーの人の視線がチラチラと胸に来るのを感じ、服は着ているものの全裸を見られているような気分になっておまんこがウズウズします。
その頃の私は、何度オナニーしてもムラムラが募るばかりでした。