「ウマ男」と呼ばれた男の風俗デビュー

この体験談は約 8 分で読めます。

高校生の頃、『ウマ(馬)男』というあだ名の男がいた。
そいつは陸上部のエースだった。
エースというと聞こえはいいが、顔は普通、身長も高くない。
ただ足だけは速く、表向きの『ウマ男』の由来は、足が速いことから来ていると思われていた。
確かにそれも理由の一つだった。
しかし、実は、もう一つ理由があった。
ウマ男のアソコが異常なくらいデカかったのだ。
馬並み、それがあだ名の真の由来だった。

馬並みの巨根なのが判明したのは高1の夏だった。
週末、友達5人で、俺の家に泊まる日があった。
高1の男5人が集まって話すことと言えば、女とシモの話。
次第にアソコの大きさの話になった。
そして皆がそれぞれ見せ合うことになった。

順番に一人ずつアソコを見せていった。
最初に見せた男は普通だった。
二番目は俺だった。
最初の男と同サイズくらいだった。
三番目に見せた男は真正包茎だった。

「絶対剥いた方がいいよ!」

そんな声があがった。
四番目に見せた男は粗チンだった。
粗チンで、しかも真正包茎だった。
勃起していない状態とはいえ、手の小指よりも小さくて細い。
全員、何て言ってよいか分からなくなっている感じだった。

「俺、小さいから・・・」

四番目の男が小声でつぶやいた。
気まずい空気が流れた。

そして五番目に、ウマ男がズボンを下ろした。
デカかった。
勃起していない通常の状態なのに、太くて長い。
俺が勃起した時より大きい気がした。
さっきとは逆の意味で全員が言葉を失っていた。
直前に見たチンポが粗チンだったせいもあって、その異常なデカさが際立っていた。
全員が言葉を失う不気味な沈黙の後、「スゲー!」と誰かが発言したことをきっかけに・・・。

「デケー!何だよそれ!」
「やばいだろ!それ!」

それぞれが驚きの声をあげた。
俺も、そのデカさに驚いていた。

そこで、ウマ男を勃起させて、大きさを測ろうということになった。
俺の部屋にあったAVを全員で観ることになった。
俺が持っているAVの中でも一番のお気に入りを選んで再生した。
余計な部分は早送りして、抜きどころのシーンから開始した。
画面で繰り広げられる男女のセックス。
鑑賞する5人は全員童貞だ。

それぞれ感想を言いながら鑑賞しているうち、ウマ男が、「俺、勃ってきたわ」と言った。
そこで、ズボンを下げて計測することになった。
ウマ男がズボンを下ろすと、ビョンと勃起したチンポが飛び出した。
俺を含む4人は再び驚愕させられた。
デカすぎだった。
太くて長くて、皮も完全に剥けてて、血管が浮き出ていて、何だかグロテスクだった。
その存在感に圧倒された。
俺の倍くらいある気がした。

そして15センチ定規を使って計測してみた。
横幅は、亀頭部分が6センチあった。
長さは、15センチではとても足りなかった。
15センチのところから、再度定規を当てて測った。

15センチ+8センチ、23センチあった。

「お前、そんなので女とヤレんのかよ!」
「絶対入らないだろ!」

そんな風に言われていた。

ウマ男は、「外人だったらこれくらいあるだろ、ちゃんと濡らせば大丈夫だろ」とムキになって反論していた。

俺は高1の時、ウマ男とは同じクラスで仲が良かった。
2年生になってクラスは別れたが、それでも仲が良いのは続いた。
それは高校卒業後も続いた。
地方の高校に通っていた俺たちは東京の大学に進学した。
別々の大学だったが、上京したての頃は頻繁に会っていた。

そして大学一年の夏。
その日、俺の家で2人で飲んでて、「どうやったら彼女が出来るのか?」という話題になった。
特別恰好よくもない俺とウマ男は依然として彼女はおらず、そして童貞だった。
どうやったら彼女が出来るのか?という話は、「どうやったら女とセックスできるのか?」という話題になっていった。
結論として、「手っ取り早いのは風俗じゃないか」ということになった。
2人とも風俗は未体験だった。
そして、「大学生になったんだから、風俗くらい行っておかなきゃな!」となった。

しかし風俗と言っても、どんな店があってどんな店がいいかとか、よくわからない。
とりあえず繁華街のそういったお店があるところをうろつくことにした。
客引きの男から絶えず声を掛けられた。
気軽について行ってよい気もせず、俺たちは案内所に入った。
何人かの客が画面を見て吟味している。
その画面もどう使っていいものか分かりかねていると、店員が来た。
愛想のいい感じの人だった。

「セックスがしたい」
「どういう店があるのかわからない」
「そんなにお金はない」

正直に本当のことを告げると、「本番ありの店はないからさ~」と言われた。
それを聞いた時は、『本番』の意味もよくわかっていなかった。
しかし店員が、「この店だったら・・・一応はね、手と口になりますけど、後は自由恋愛ってこともあるんで」と言って紹介してくれた。

その店は、ホテヘルというものだった。
店で受付して、女性を選び、その後はホテルかレンタルルームに行く。
受付所まで案内してもらった。
着いた受付所。
そこで2人がそれぞれ女性を選んだ。
俺はFカップ巨乳の女性を選んだ。
30分待ちと言われた。

ウマ男は身長140センチ台の、見るからにロリな写真の女性を選んだ。
ウマ男は昔からロリ好きを公言していた。
しかし、その時、俺の頭の中に、高一の夏に目撃したウマ男の巨大なチンポが頭をよぎった。
あんなデカいもので小さなロリ女子を相手に出来るのか・・・。
だけど手と口と言ってるし・・・。

ウマ男が選んだロリ女子は待機時間なしということだった。
ウマ男は先に受付所を出てレンタルルームに向かった。
30分後、俺もレンタルルームに向かった。
初めての風俗。
初めての女の生の裸体。
多少のアルコールが入っているとはいえ、想像しただけで興奮してきた。
同時に緊張もしていた。
顔写真は見たものの、実際、どんな女性かは会ってみないとわからない。

レンタルルームに入って15分ほどしてドアがノックされた。
ドアを開けた。
写真とはちょっと印象は違ったが、十分に若くて綺麗な女性だった。
そして、強調しているのかどうしてもそうなってしまうのか、豊かな胸元に目が釘付けになってしまった。

部屋に入ると、Fカップ女子は仕事慣れしている感じで、カジュアルな感じで話し掛けてくる。
俺も最初は緊張感からぎちない対応をしていたが、次第に打ち解けた会話をしていった。
しばらしくしてシャワーに誘われた。
恥じらう感じもなく服を脱ぐFカップ女子。
ブラジャーを取ると綺麗な巨乳が現れた。
人生で初めて見る生おっぱいだ。
しかもFカップの巨乳。
俺はすぐに勃起した。
そして俺も服を脱ぐと、勃起している俺の股間を見てFカップ女子は、「元気、元気」と言ってくれた。

シャワーを終えて2人でベッドへ。
俺がベッドに寝転がると、Fカップ女子は俺に馬なりになって全身を舐め始めた。
乳首責めがやばいくらい気持ちよかった。
さらにフェラされている時、彼女の巨乳が俺の太ももや微かに玉の辺りに当たる。
わざとそうしているのか、それがテクニックなのか分からないが、気持ちよかった。

しばらくしてFカップ女子がフェラを中断した。
俺の顔に近づいてきて、「どうする?」と聞いてきた。
俺は意味が分からなかった。
それを察したらしいFカップ女子は、「エッチしたい?」と聞いてきた。

(これが、さっき案内所の男が言っていた自由恋愛ってやつか!)

俺は即座に、「したい!」と言った。
しかしFカップ女子から、「お小遣い、頂戴ね」と言われた。

(・・・そういうことか)

金額を聞くと、ギリギリ払える額だった。
大学一年の俺にとっては痛い金額だったが、それでも人生初のセックスには代えられない。
払う約束をしてセックスをした。
ゴムを装着して、そして入れた。
初めて体験するセックス、そのあまりの気持ちよさに、2、3分ほどで射精してしまった。
それでも気持ちよかった。
十分に満足だった。
人生初のセックスということに感動を覚えていた。

余韻に浸る間もなく、俺はすぐに勃起し始めていた。
Fカップ女子はそれを見て、「あー、やっぱ元気だね」と言う。
俺が、「◯◯さんの身体、興奮するから」と言うと、「嬉しいことを言ってくれたからサービスしてあげるね」と言った。
そして勃起する俺のチンポを掴んでフェラを始めた。
さらに胸で挟んでくれた。

(おお!これがパイズリか!)

セックスに劣らぬ気持ちよさに再び感動を覚えた。
そして俺はそのままパイズリで二度目の射精をした。
人生初のフェラチオと、セックスと、パイズリ。
俺はそれを、このFカップ女子に捧げた。
初体験は好きな人と・・・なんてロマンチックな思いのない俺にとっては、まさに至福の時間だった。
プレイ時間を終え、「また呼んでね」「絶対呼ぶよ!」と会話して、Fカップ女子と別れた。

そしてウマ男と待ち合わせしていた場所に行った。
ウマ男と落ち合って、安い居酒屋に移動した。
至福の時を過ごして興奮気味の俺とは逆に、どこかウマ男は元気がない様子だった。
聞くと、こういうことだったらしい。

ウマ男もレンタルルームに入って15分ほどするとロリ女子が現れた。
それは写真以上にウマ男の好みだったらしい。
やったぜ!となったウマ男は、ロリ女子と会話し、会話中もそのロリ女子からすれていない性格の良さを感じたという。
和やかな会話をした後、シャワーに行こうとして、お互いが服を脱ぐことになった。
その時、事態が急変した。
ウマ男がズボンを脱ぎ、そしてパンツを下ろした時、その時はまだ半勃起だったというが・・・。

「キャーーーーーー!」

ロリ女子の叫び声がこだましたという。
さらに、「えぇ!!何それ!?」と言われ、そしてウマ男の巨根を手に持ち、「え、えぇ?」と再び驚かれる。
さらには、「何か重いんですけど・・・」と言われたらしい。

ウマ男はここで、(これは拒否られるのか?)と思ったらしい。

せっかくの自分好みの可愛いロリ女子。
その娘とこれからあれもこれも出来るかもしれない・・・。
そんな思いを抱いてた中、拒否されるのかもしれない。
ウマ男は、恐怖を感じたという。

しかし、そのロリ女子は性格の良い子だったらしい。
しばらくウマ男の巨根を黙って眺めた後、「これ・・・まだおっきくなるんだよね?ちょっと不安だけど・・・」と言って、一緒にシャワーに行ってくれたそうだ。
シャワーで身体を洗われると、ウマ男は目の前の好みのロリ女子の裸体と彼女の指先の感触にムクムクと勃起していった。
ロリ女子が下半身を洗おうとしたら、勃起したウマ男の巨根を見て、今度は笑って・・・。

「このサイズは初めて(笑)」

それでもシャワーを浴び終えてベッドに行き、ロリ女子から全身を舐められていったウマ男。
積極的な子だったみたいで、乳首を舐められながら手コキされると、ウマ男は早くも射精感を覚えたという。
しかし何とか射精はこらえ、今度はロリ女子からフェラを受ける。
ロリ女子はウマ男の巨根をがっちり掴み、「全然、指が回んない、ほんとスゴい、おっきい」と感嘆している様子だったとのことだ。
しかし口に含んでくれたものの、ロリ女子の小さな口にはウマ男の亀頭を咥えるだけで精一杯だったらしい。
すぐに口から離し、「おっきすぎて上手く出来そうにないよ」と。

それでもこのロリ女子、ちゃんと仕事はこなそうというのか、咥えるのではなく、ウマ男の竿から亀頭、それに玉を舌でビチャビチャと舐めていって唾液まみれにさせ、そして手コキを開始したらしい。
ヌルヌルの感覚と、小さな手でしごいてくれてるロリ女子の姿に、ウマ男は呆気なくイカされたとのことだ。

「よかった!出せたね!」と、ロリ女子も喜んでいたらしい。
いい娘だったんだろう。

しかし余韻タイムに浸っている時、ロリ女子から、「このサイズ、ちゃんと入る子っているの?」と聞かれたらしい。
童貞のウマ男。
何と答えればよいのかわからず、「あ、あぁ・・・」と、ただ、それだけ答えたとのことだ。

『自分はこの先、セックス出来るんだろうか?』

それでウマ男は元気をなくしていたという。
俺は、「お前だって、昔言ってたじゃん、外人だったらお前くらいデカいのがたくさんいるんだしさ、ちゃんと前戯して濡らせば大丈夫だろ、赤ちゃん出てくるところなんだぞ」とか言って励ました。

「そ、そうだよな」と、何とか元気を取り戻したウマ男に、その後、俺の初体験談を話した。

それを聞いたウマ男は猛烈に悔しがった。
そして羨ましがっていた。

この時ほど、自分が普通サイズなチンポでよかったと思えた日はない。