妻が同僚に寝取られる一部始終を覗き見した・中編

この体験談は約 8 分で読めます。

「あれっ、奥さん、さっきの全部飲んじゃったの?そりゃ効くわ」

Sの呆れ声。
気のせいか、Sの声もさっきの一気のせいか、やや高揚しているように聞こえました。

「すみませんでしたぁ」

ガクンと大袈裟に頭を下げる妻が見えます。

「いいっすよ、俺の膝の上でよければどうぞ」

膝を差し出し叩いて見せるS。
おいおいおい・・・と思いつつも、もちろんそれがSのジョークであることぐらい私も分かっているので、苦笑いをしながら事の次第を見つめ続けていたのです。

「じゃ、お言葉に甘えて・・・」

腰掛けるフリをして見せる妻の姿が見えました。
しかし足下がおぼつかず、おっととっと・・・という感じで後ろに下がると、すとんとSの膝の上に本当に腰を下ろしてしまったのです。
勢い余って椅子が後ろに傾き、Sは妻を抱き締めるような格好で体勢を立て直しました。
ドキンと心臓の音がして、口から飛び出そうになったのを今でも鮮明に覚えています。

「おっとぉ、奥さん大サービス」

そう言ったSの声は笑いながらも上擦っていて、欲情と理性がせめぎ合っているのが見てとれました。

「ご、ごめぇん、あっとと・・・いけない、本当に酔ってるわ」

妻は何度か立ち上がろうとするものの、やや腰を浮かせてはSの膝に座り込むという繰り返しで、そのユラユラと動かす腰つきが刺激したのか、「お、奥さん」と、Sがくぐもった声を漏らしたのを覚えています。
そして思わず妻の腰を引き寄せるSの腕を見た時、ガタガタと震えが止まらなくなりました。

「ちょ、やぁだ、もうっ」

Sの下半身を振り返って見る妻の視線で、どうやらSが発情して勃起しているらしいということが想像できました。
あの時に妻が、「やめて!」とか、私の名を呼ぶようなことがありさえすれば、私は間違いなく飛び出していき、彼を殴っていたことでしょう。
ヘタレと誹られることもなかったと思います。
しかし私はどうしても、彼女自身が「止めてくれ!」と言ってくれるまでは、それを確認するまでは、動くことができなかったのです。
最後まで見届けなければ、たとえ過ちを未然に防いだとしても、私は永遠に、夫が寝ている隣室で過ちを犯したかもしれない女として添い遂げなければなりませんから。

ただそういった理屈とは全く違った意味で、このとき私がすでに勃起していたことも付け加えておかねばフェアじゃないと思いますので、あえて告白しておきます。
あろう事かこの時、私は思わず射精してしまいそうになり堪えるのに必死でした。

「だ、だって奥さんがそんなにするから・・・俺のせいじゃないよ」

そう言いつつも、妻が立とうするたびにSの腕がさりげなく酔いでおぼつかない妻の腰を引き寄せます。
Sの表情は背後からなので確認することが出来ませんでしたが、声は笑っているように聞こえました。

「ちょっとやめて、聞こえちゃう」

そう言って後ろを指さす妻。
Sは確認するように後ろを振り向きました。
私は即座に身を隠します。

(「聞こえちゃう」からどうなんだろうか?)

私は妻の言葉に少なからず憤りを感じました。

(じゃあ、聞こえなかったらどうなんだろう?)

そんな苛立ちの中で射精寸前まで昇り詰める私のペニス。
妻が寝取られる寸前にありながら、なぜこんなに私のペニスは昇り詰めるのか?
男として極めて性的な情報が乏しい私には自分の身に起きてる現象が理解できず、ただただ戸惑うしかありません。

「危ないから支えてあげてるだけだって、大丈夫?もう少し休んでけば?」

そらぞらしいSの声。
やはり語尾に笑い声が混じり、意図的に妻を弄んでいることは明白です。
確かにSの手は立ち上がる時に妻の腰を支えてあげてるようにも見えますが、腕の動きからすれば立ち上がる瞬間に軽く引き戻してるようにも見えて、酔いで足下がおぼつかない妻は軽い力でも簡単にSの膝の上に尻餅をついてしまうようなのです。

「だっ・・・硬く・・・」

妻は言葉を濁しながら再びSの下半身に目をやりました。

(Sは勃起してるんだ、間違いない)

それで私は確信を持てました。
妻の体はSの広い背中に覆い隠されていてほとんど確認できませんでした。
ただ妻の体が上下する度にSの肩辺りから髪を後ろに束ねた妻の頭がピョコピョコと見え隠れして見えました。

「だ、だって奥さんが動くから・・・そんなにされたら・・・だ、誰だってこうなるよ」

Sは苦しい言い訳をしながらも、ハァハァという荒い息遣いに発情を隠すことができません。

「わ、私じゃないわ、Sさんが動かしててるのよ、ほら、今だって動いてるじゃないの」

そう言って、モジモジと腰を動かし、腰を掴むSの手を振り解いて立ち上がろうとする妻。

「だ、だって・・・奥さんが腰を揺するから感じてきちゃって・・・」

「シー!聞こえる」

妻の声。
ハァハァというSの荒い息遣いだけが寝室にも聞こえてきます。
じわじわと妻に体を密着させていくS。
スポーツジムで鍛えた屈強な二の腕が、妻のくびれた腰に絡み付いていくのが見えました。

「もうおしまい、ね?お遊びはおしまいにしましょ」

そう言ってSの腕をつかむ妻の手はあまりにか細く、自らの力で振り解くことが不可能なのは一目瞭然です。

「奥さ・・・◯◯そぅ・・・」

Sの声が聞こえてきたのですが、Sが妻の背中に顔を密着させているからなのか声がくぐもっていてよく聞き取れませんでした。
ただ、その言葉を聞いた途端、妻が「ばか!」と言ってSの腕を強くピシャと叩いたところをみると、おそらく「出ちゃいそう」と言ったのだと思われます。

「もう少しだからっ・・・ね?・・・もう少しだから・・・」

切羽詰ったようなSの声が聞こえてきました。
もう恥も外聞もなく自我を忘れてヘコヘコと妻の尻に向かって求愛行為を繰り返すSの憎たらしい腰つきを思い出すと、私はこれを書きながらも頭がクラクラして手が止まってしまいます。

「な、何がもう少しなの・・・や、やめよ?もう・・・ね?奥さんに怒られちゃうわよ・・・ね?」

諭すような妻の声。
この言葉の少し前辺りから、ハァハァというSの息遣いの中に妻の呼吸音が混じっていたように思います。
時おり小さく「アッ」とか「アン」とかいう声が混じりだしている気がして・・・。
ただ私も異常に興奮していることを自覚していましたから、もしかしたら幻聴かもしれないと思って、それを聞き逃すまいと必死に耳をそばだてていたのを今でもハッキリ思い出します。
というか私は泥酔していたのにも関わらず、ここら辺りからの情景を、椅子の色形からテーブルで揺れていたビールの銘柄に至るまで、今でも完全な状態で思い出すことができます。

「す、すぐ終わるから・・・ね?奥さん・・・すぐ終わるから・・・頼む・・・」

情けない声でそう言うと、屈強な腰を上下にゆさゆさと揺すりはじめるS。
妻はテーブルに上半身を押し付けられ、ガタガタと空き瓶やグラスが大袈裟な音を立てました。

「あん!・・・やっダメ・・・Sさん、聞こえちゃう・・・子供が起きちゃう・・・」

妻の苦しげな声。
しかしこの時に私は、はっきりと妻が「アン!」と発情を表す甘い女の喘ぎ声を聞いたのです。
Sの膝下辺りから辛うじて妻のふくらはぎから下が左右に開いて見え、Sの腰の動きに合わせて靴下越しに足の指先がぎゅっと踏みしめるように力がこもっていくのが見てとれました。

(なぜ「やめて!」と叫ばない!)

私の心の中に憎悪と欲情が交錯していて、自分の身の処し方を統括できない状態に陥っていました。

「す、すぐ終わる、すぐ終わるから・・・ね?あ、あと少しだから・・・奥さん・・・」

ブルルブルルと急に腰を細かく振りはじめるS。

「だ、だめよぉ・・・あん・・・だめ・・・だってば・・・あっ」

悩ましげな妻の声。
私の視界からは確認できないだけに、むしろいったいどういう表情をしているのか想像を駆り立て、異常な興奮状態に陥っていきました。

「奥さん・・・あっあっ・・・俺・・・お、俺・・・」

上下主体に動かしていたSの動きが前後へと移行して、背後から見ると、まるで本当のセックスをしているかのようでした。

「ハァハァハァ・・・だ、だめ・・・Sさん、いけないわ・・・。やめましょ?ね?・・・こんな・・・あっ!ハァハァハァハァ」

(「あなた助けて!」と、なぜ叫ばないんだ!)

私は再び心の中で妻をなじりました。
しかし私は、この悪夢のような光景すら、Sがかりそめの性行為を果たし、射精を終えてしまえば終わりを告げるものだとばかり思い込んでいたのです。
まったくもってお笑い草としか言いようがありません。
何しろ私はこの期に及んでも、明日どう妻を問い詰めてやろうかと、そんなトンチンカンなことを考えていたのですから。

「私が悪酔いして身動き取れないからって君は何をしてたんだ!」

そう問い詰めた時の妻の泣いて謝る姿を想像してたのですから、まったくもって始末に終えません。
しかしすぐ、その私の目論見が甘かったことが明らかになったのです。

勢い余ったSの動きに妻の体が横にズレて、初めて妻の下半身が見てとれました。
何とローライズのジーンズを穿いていた妻の尻はSの腕の動きで半ばまで押し下げられていたのです。
それを確認した時の私の心境はどう表現したら良いのでしょうか。
私の拙い語彙力ではとても表現できません。
妻のムッチリした双臀部の肉が露わになり、あと少しそれを引きずり下ろしてしまえば、私にしか見ることを許されぬはずの領域が息を潜めて待っているのです。
ドキン!と心臓が一際強く高鳴り、口から飛び出しそうな程の衝撃を覚えたこの気持ちは経験者にしかとても理解することはできないでしょう。

(やられる!)

初めて私がSに妻を寝取られることを意識した瞬間でした。
妻がSの腕を振り解こうとしているとばかり思っていたその手が、ずり落ちそうになるジーンズを引き上げようとしていたのだと、このとき初めて気づいたわけです。

(やられる!妻がSに寝取られる!)

そう思った瞬間、私の震えは下腹部から上昇して顎まで達してしまい、カチカチと歯が鳴りそうになるのでパカッと口を大きく開いて防ごうとしていたその有り様を、もし誰かが見たらかなり滑稽だったに違いありません。
今でも覚えているのが、自分の認識が甘いと気づいた時の私の脳内の動きです。
職業病なのか『Deleteキーを叩け』というパルスが何度も何度も送られてきました。
『初期化』という言葉も何度も脳内を駆け巡りました。
まるでそれをすれば全てがチャラになるかのように。
もしかしたら苦痛を和らげるための現実逃避作用だったのかもしれません。

「お、奥さん・・・す、すぐだから・・・じっとしてればすぐだから・・・ね?・・・」

逃げられぬようにSは妻の腹に腕をフックさせ、下半身を完全に支配しようという様子が窺えました。

「あ、ああ・・・ダメダメ・・・ダメよ・・・Sさん、やめて・・・ほんと、夫に聞かれちゃう・・・」

「ハァハァハァ・・・お、奥さんがいけないんですよ・・・奥さんが俺を誘惑するから・・・ハァハァハァ」

Sは余程興奮していたのか声が裏返り、言葉と同時にヒィヒィというような変な声が漏れていたのを覚えています。
今にもずり落ちそうなジーンズを必死に引き上げようとする妻。
その細い手首を掴んでそれをさせないS。

「だ・・・だめ・・・Sさん、そ、それはダメ・・・ね?・・・分かるでしょ?・・・夫がいるのよ、やめて」

「お、奥さん・・・奥さん・・・俺・・・俺もう・・・」

そう言うなり妻のジーンズを鷲掴みにしてぐいと強引に引きずり下ろそうとしています。
彼の二の腕の筋肉がモリモリと隆起して血管の青筋が何本も浮かんでいるのが見えました。
『やりたい!セックスしたい!』というSのあからさまなシグナルを妻に初めて示した瞬間です。

「いやぁ、アッ、アア!・・・」

妻の悲鳴。
私は思わず息子が起きるのではないかと後ろを振り返りました。
可愛い我が息子は母親の絶体絶命の窮地とも知らずスヤスヤと寝息を立てています。

(息子が起きてくれればいい、そういう終わらせ方ならありかもしれない)

そんな私の甘い期待は脆くも崩れ去ります。
視線を襖の隙間に戻すと、Sも妻の声に心配になったのか後ろを振り向くところでした。
私は慌てて身を隠しました。
ほんの数秒時間がズレたら私は見つかっていたに違いありません。

「アッ、いやぁ、アアッ・・・アッ・・・アァ・・・やぁ・・・」

妻の声が心なしか、か細くなり、同時にパサッという布の落ちる音が聞こえてきました。

(ま、まさか・・・)

私の心に戦慄が走ります。
息を押し殺し、再び襖の隙間を覗き込むために身を乗り出しました。
ああ・・・、思い返すと指が震えてきて、キーが思うように叩けない・・・。
そうです、妻の足元に彼女のジーンズが落ちているのが見えたのです。
あ~、ダメだ、思考が止まってしまう・・・。

「オォ・・・オォォォ・・・オォ・・・ォォ・・・」

まるで犬が低く唸るようなSの声が脳を駆け巡って頭がグチャグチャになります。
Sは寝巻き用に穿いていた私のスウェットをあたふたとトランクスごと膝まで脱ぎ、途中で脱ぐのも面倒になったのか足の指でそれを擦り下ろしました。
鍛えられて隆起した彼の尻が目の前に見え、その下に彼の憎たらしい睾丸が見えました。
毛深い太腿とか脛とか・・・ああ、思い出すだけでも吐きそうです。

「ああ、Sさん、ダメ・・・そ、それだけはダメよ・・・ダメダメ・・・いや、いやぁ・・・やめて、いやぁ」

妻の、か細い声。
Sがやや身を引いた瞬間、何も遮るものがなくなった妻の下半身が見えました。
両脚を開いた妻の尻の間から覗く割れ目は蛍光灯に照らされてヌメヌメと光っていました。

ショックでした。
妻が、「いやだいやだ」と言いつつも感じているだろういうことは、助けを呼ばない時点で薄々分かっていたことではありますが・・・。
現実を目の当たりにすると、やはり相当なショックでした。
ねっとりとした粘液が陰部一帯にこびり付いている様を思い出すと、今でも鬱になりそうです。
負け犬の心境と言いますか、『男としての魅力でお前は負けたんだ』と宣告されたような心境でした。

<続く>