無防備すぎる私のスリリングな日常

この体験談は約 3 分で読めます。

私は42歳の人妻です。
他の女性と比べて無防備なようです。
確かに私は、パンチラや裸を見られることがあまり恥ずかしくありません。
それも育った環境にあるんでしょうか?

私の実家は田舎の旧家で、大家族でした。
風呂も薪風呂で、風呂の外で誰かが薪を焚きながら、「どうだ湯加減は?」なんていう感じで裸をお爺ちゃんや父親、時には兄、弟にまで見られていましたし、大人数だったこともあり、弟や兄とは中学まで一緒に風呂に入っていました。
正月やお盆は更に混み合い、いとこの男の子数人と一緒に入ることも当たり前で、体を洗いっこしたりしながら楽しく過ごしていたんです。
兄弟は3人で女性は私だけでしたし、いとこも皆男ばかりで、女性であることを忘れていたのかも知れません。

話は戻りますが、私はよく男の人に好まれるようです。
先日、風呂に入っていると配達の人が訪れました。
急いでタオルを体に巻き付け玄関先に向かうと、玄関の戸を開けたんです。
驚いた表情の30代の男性が、「お届け物です」と言い玄関先に入って来ました。
男性は私をチラチラ見ながら顔を赤らめ、「ここに置きますね」と言い、私の足元に荷物を置いたんです。
私は中が気になり段ボールを開けていると、男性が私の後ろにしゃがみ込んでいました。
よく考えれば私はタオル一枚だけを撒いた姿で、配達人にお尻を突き出し、しゃがみ込んでいるんです。
お尻はすっかり見えていたんでしょう。

彼はそんな私の姿に興奮したのか、股間は大きく張り出していました。
そんな姿を曝け出しても、私は恥ずかしいとは思いませんし、むしろ、(こんなおばさんの裸で良いなら何度でも見せますよ!)って感じでしょうか?
そそくさと玄関を出て行く男性を見送りながら、(可愛いのね)と思った私です。

まぁそんな感じの私ですから、世の男達は私の興味があるんでしょうね。
ミニスカートで足を組んだりしゃがんだりと公共の場でもすぐにしちゃうから、前にいる男性の視線は釘付け。

そんな私ですから、電車で痴漢されても嫌に思ったことが一度もありません。
(触りたいならどうぞ!)って感じですから、好き放題に指を入れられたり、胸を揉まれることなどしょっちゅうです。
でも、不感症ではないのですが、それほど感じません。
汁をダラダラって感じでもありません。

夫が近くにいる時でも痴漢されるので、夫は嫌がっています。

「お前、もう少し気をつけろ!」って怒られることもありますが、あまり気にならない私にはどうしようもありません。

汗っかきなところもあって、掃除や洗濯を済ませる頃には汗を掻くのでシャワーを浴びるのが日課ですが、隣のお爺ちゃんはいつもお風呂を覗いているんです。
私は湯気を出すために窓を全開で入浴するから外からは丸見えです。
人気は感じていましたが、実家は当たり前の光景で何も気にならないからお爺ちゃんに見せてあげています。

そんな私ですから、何度も犯されたことがあるんです。
そのときの内容を書きますね。

夫と子供の3人で海に出掛けた時でした。
車の陰で着替えをしていると、数人の男性に見られていたことがあったんです。
夫と子供は海で楽しく泳いでいたので、私は車に忘れ物を取りに戻っていました。

ちょっとオシッコがしたくなった私が、林の中に入って用を足していると、さっきの男性が近づいて来て、「おばさん!こんな所でオシッコするなんて、俺達を挑発しているんだろ?」って言いがかりを付けてきたんです。
さらに奥の林に連れて行かれると、ビキニを剥ぎ取られ、バックからパンパンと差し込まれたんです。

「やめて・・・」

「まだまだ!いっぱい楽しませてもらうからな」

そう言う男性に2度3度と挿し込まれ、私は体中に精液をかけられました。
急いで体をタオルで拭くと、私は何事もなかったように夫のもとに戻ったんです。
そのときの心境ですが、私は夫以外にも数人との経験もあったので、(ま、仕方ないか・・・)程度にしか感じていませんでした。
他にも、キャンプ場に来ていた若い男性に輪姦されたり、息子の通う学校の不良達に犯されたり・・・。

夫とはもう数年セックスのない私ですが、犯されるたびにマンコは緩々になりつつあります。
きっと近々、隣のお爺ちゃんにも犯されるんでしょうね(笑)