義父しか知らなかった義母をセックスの虜にした

この体験談は約 3 分で読めます。

妻の母親、つまり義母の虜になっています。
義母は結婚して40年。
早くに結婚したのでまだ五十路後半だが、見た目はかなり若い美魔女。

事の起こりは、俺が結婚する前、つまり妻と婚約中のこと。
義母は自分がセックスで全く感じたことがなく、それゆえ娘(妻)の結婚生活を心配していたらしい。
義母は最初の子供が産まれるまでは、「セックスは痛いとしか思わなかった」と言っていた。
子供を産んでから、痛くないようになったらしい。

誰もいない時に娘のことが心配で、俺にセックスについてどう思っているのか、聞いてきた。
俺は以前から美魔女な義母をいやらしい目で見てて、いつか義母としたいと思っていたので、女の体は感じて狂うように出来ていること。
あなたの娘もセックスすれば半狂乱になるということ。
手を触るだけでも男を意識してアソコが濡れること。

「たとえばこういう風に・・・」

そう言って義母の手を握った。
義母はビクッとしたが、その時はそれ以上はしなかった。
その後、2人だけの時はいつもそんな話をした。
何もしなくても、親密な感じになっていった。

ある日、並んで座り、またそんな話をしていた。
思い切って、義母のブラウスの胸元から手を入れた。
義母は全く抵抗もせず、むしろ待っていたかのようだった。
抱き寄せてキスをした。
義母は貪るようにキスに応じ、抱きついてきた。
ブラウスのボタンを外し、乳房をむき出しにする。
おっぱいは妻よりずっと大きかった。
乳首を吸い、舌で転がした。
義母は夢を見ているように「ああ・・・」と喘いだ。
今の自分が信じられないようで、それがまた余計に気持ちを高ぶらせているようであった。

スカートのホックを外し、パンティの上から義母のおまんこを軽く触る。
義母は抱きつく手にギュッと力を入れてきた。
おまんこを軽く、強く、クリトリスをちょっと触ったり離したりした。
パンティの上からでもマン汁でジュクジュクに濡れているのがよく分かる。
義母はそれが信じられないらしく、「どうしてこんなに濡れるの?」とうわ言のように言った。
全く信じられないことだが、それまで義母は、おまんこがこんなに濡れるということも知らなかった。
義父は、なんとつまらない男なんだと思った。

パンティを剥ぎ取った。
義母は、「アッ」と小さな声を出した。
クリトリスは全然使ってないので非常に小さかった。
こんなに小さなクリトリスがあるのかと思った。

クリを舐め、摘み、転がして刺激を与え続けた。
初めてのクリへの刺激であったが、こちらが驚くほど感じ、狂い、自分で自分がわからなくなり、俺が慌てて口を塞ぐほど声を出し、「入れてっ、入れてっ」と絶叫した。

舐められることなどは初めてで、フェラもしたことがないと言う。
フェラをさせた。
唇、舌を狂おしく動かし、チンポを舐めていることに自分で興奮し、ますます激しく動かした。

「これを、この大きいのを入れて」と言った。

「主人のより、だいぶ大きい」とも言った。

大きいとはよく言われていたので、「思いっきり入れて欲しい?」聞くと、「奥まで、奥まで突っ込んで!」と言う。
足を開き上へ持ち上げ、「俺のものになれ」と言うと、義母は俺をまっすぐに見つめながら大きく頷いた。

焦らして少しだけ入れた。
義母がアソコを突き出してきた。
思いっきり奥まで入れてやった。

「あっ、うぅぅ~」

完全に意識は飛び、失神寸前の義母は訳のわからないことを言ってしがみついてきた。
そしてすぐに、「いい、いい、いい・・・」と朦朧とする意識の中で何度もつぶやいた。
意識が戻り、自分が狂ったことを自分で確認し、またしがみついてきた。
少し落ち着くと、愛おしそうに俺のを口に咥え、ザーメンとおまんこ汁のたっぷりとついたチンポをきれいに舐めた。
そのあと、「これで、女になった」と言った。

こうなると、こちらの都合のつく時はいつでも抱き、狂わせた。
義母はますます俺から離れられなくなった。
俺は義母に、「もう義父とはするな」と言っておいた。

「絶対にしないし、したくもない」と言う。

その証明として「パイパンにしろ」と言うと、パイパンの意味がわかってなかった。

「アソコの毛を剃っておけ、娘もしてるぞ」

そう言うと大きく頷いた。
それ以来、義母はこちらから言わなくても、いつも綺麗に剃ってすぐに見せようとする。
まだ生理もあるが、義母はいつも、「思いっきり奥まで入れて思いっきり中に出して」と言う。
膣奥に当たってドクッ、ドクッと出る、その感覚がたまらないらしい。

「当たってる、当たってる、もっと奥まで入れて、もっともっと出して」

最後はいつも半狂乱状態になる。
乳にはキスマーク、アソコはパイパン。
これが今の義母の日常である。