出前先の奥さんと娘さんの胸チラ

この体験談は約 3 分で読めます。

以前、中華料理屋でアルバイトしてた時の話です。

いつも日曜日に出前を頼んでくれる家があり(川島なおみ風の奥さんで、今時の可愛い中学生の娘がいる)、僕はその家に行くのが楽しみでアルバイトが続いてるような感じでした。
と言うのも、その家に行くと、間違いなくと言っていいほど奥さんと娘さんの胸チラが見られるから。

見るための作戦があって、おかもちから料理を出す時に、できるだけ自分の近くに置くようにするんです。
そうすれば奥さんは自然と前屈みになってお皿を取るので胸チラが拝めるってわけ。
家着なので胸元がユルいし、ツイてるときは、親子並んでなんて日もある。

奥さんは色白で推定B~Cカップ。
ベージュの下着がなんとなくエッチだった。
娘はノーブラが多いので、膨らみかけの胸が可愛い。
当時10代の僕にはたまらなくてズボンはパンパンです。
きれいな奥さんの胸元まで見れるのですから・・・。

ある日、出前の帰りにコンビニに入ったら突然、「寄り道したらダメだぞ」って小柄な女性が話し掛けてきました。
よく見ると、例の胸チラ奥さんでした。
奥さんも買い物に来てるようでした。
あまり化粧はしてない感じだが、やはり綺麗な顔立ち。
挨拶をして少し立ち話をして、「また宜しくお願いします」と別れようとした時でした。

「あんまり、うちの娘の胸を見ちゃダメだぞ(笑)」

怒ってる風ではなかったですが、やっぱりバレてたみたい。

「違うんです違うんです」

「言い訳するってことは、そうなのねやっぱり。正直に言いなさい(笑)」

「いや、あの・・・娘さんもだけど、奥さんが綺麗なんで・・・すみません」

「えっ・・・」

どうやら自分が見られてるとは知らなかったみたいで、照れてる顔がなんとも可愛かった。
謝りながら逃げるようにその場から立ち去りましたが、きっともう出前は取ってくれないだろうなと思うと、恥ずかしさとショックでしばらく立ち直れませんでした。

それから少ししたある平日、出前を頼まれました。
その出前先を見ると、なんとあの奥さんの家でした。
嬉しい反面・・・、行きづらい。
ちょっと悩みましたが、行かないわけにはいかないので、恥を忍んで行くことに。
バイクを走らせながらも逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

気付くと奥さんの家の前。
チャイムを鳴らすのに根性がいりましたが、勢いで押したらすぐに「はぁ~い」と元気な声が聞こえ、ドアが開きました

「いつもありがとうね」

奥さんが出てきました。
玄関に入ると娘さんも奥から出てきて、いつも通りの雰囲気で少しホッとしました。
でも、いつもと違ったのが奥さんでした。
いつものように手前に料理を出して、前屈みになって奥さんと娘さんがお皿を取った時、いつも通り娘さんは可愛い胸は丸見えだったのですが、なんと奥さんがノーブラだったんです。
ユルい胸元から見える四十路の人妻の垂れたおっぱいはとてもいやらしく、すぐに自分のモノはパンパンになってしまいました。

彼女は悪戯な目で微笑んでました。
目を逸らして娘さんを見ると、急に奥さんの目が怖くなった気がしました。
それにしても、あの垂れた胸はすごくいやらしくて綺麗でした。

次の日にお皿を下げに行きましたが、いつもなら玄関に出てるお皿がないので勇気を出してチャイムを鳴らすことにしました。
少し待つと奥さんが出てきて、「ゴメンね、昨日、飲み過ぎちゃって出すの忘れてたの」と。
二日酔いらしく、まだ少しハイテンションな感じがしました。

「お皿、すぐ持ってくるから待ってて。あ、私、まだお酒臭い?」

そう言って奥さんが顔を近づけて、息をふーと吐きかけてきました。
その仕草が可愛すぎるし、顔と顔の距離は10センチ。
ふと気づけば、腕に奥さんの胸が当たってました。
しかもその感触は・・・ノーブラ?!

どうやら僕に褒められたのが嬉しくて調子に乗ったみたい。
勢いでキスしたら受け入れてくれて、そのままディープキスに。
声を殺してシャツを脱がし、夢にまでみた胸にしゃぶりつきました。
結局、玄関で最後までして、終わり際にキスしてた時にちょうど娘さんが帰ってきました。
(自転車の音がしたのでわかりました)

それから2年間、奥さんと続きましたが、僕が娘さんに手を出したのがバレて終わってしまった。
でも、これで良かったのかな、と思っています。