屋根裏部屋で知った父と俺の類似点

この体験談は約 3 分で読めます。

父親が死んだ後、暑いさなか物置の屋根裏を整理していたら、いろいろ子供に見られては不都合なものが出てきた。

昔の名刺サイズの変色した白黒写真がおびただしく、なんかな~と思って手に取ると男女の絡む姿態が・・・。
その男が若い日の父で、若い女・・・母ではない。
化粧から察するに水商売系(?)と、まさにやってる最中を色々。
背景を見ると旅館の一室?
相手の女も父と微笑んで繋がっている。

父は長らく小学校の教員を勤め、定年後は市の教育委員をやっていた。
若い日は結構生活も苦しかったから個人旅行は出来なかったから、同僚と行く職員旅行でのお楽しみの記録だったと思われる。
当時の写真らしく、女の唇にピンクの色が施してあったり、アノ場所にもピンク色が・・・。
温泉芸者(?)の裾をまくり、後ろから攻めているのや、芸者の足を広げさせ写させたのや、父のモノを咥えさせたのやら、屋根裏部屋の暑さを忘れて見入ってしまった。

普段は家の家族は謹厳実直と言うほどではないが、父が他人に後ろ指を指されないよう心掛けていて結構辛いものがあった。

勉強も人並み以上に出来て当然、近所の人の「先生の子はいいなあ、親に教えてもらえるから・・」という嫌みもよく言われた。
父は習字が専門だったから、英語も数学もなんの役にも立たなかった。
まったく先生の子供なんて生きにくい世の中だった。

そんな父も息抜きにこんな事でもやらなきゃストレスが溜まってたんだな・・と今更ながら思うし、人間で若い男なら、教師仲間でも三人寄れば考える事は皆同じなんだなと思いつつ、ポケットにくだんの写真を仕舞った。

お次に出てきたのは『百手秘戯図』と書いてある体位集であった。
ひとつだけ、紹介すると、「股すかし」なる体位、今で言う「対面座位」であるが・・。

『女を横抱きにして両足を男の腕にて抱え上げ、女の両腕で男の首を巻き、右手で女の背を抱いて充分に気をもたせ、陰門より淫水の溢れ出るのを待ってから一気にぐっと根元まで押し込み、女のカラダを振り動かして激しく抜き挿しすると女は狂気したごとく興奮し、辺り構わず大声でよがりながら男にしがみつき・・・』

なにせ終戦前後の手刷りらしくガリ版刷りで、今でいえば興奮するというよりノスタルジックな趣がある代物であった。

その中に鉛筆で◯印が打ってある1ページがあった。
どうもこれが父の愛用の体位なのか、母のいきやすいソレなのか、いわゆる「屈曲位」で、女が脚を上げてマングリ返し状態の上に男が覆いかぶさり、女の脚を肩に抱き、あらわになったオマンコに根元までズブリと突き刺すアレである。

説明に『女は臀を左右に揺すりながら、腰を使うので男もその入れ心地のよさに夢中になり、九浅三深、左右の襞や陰核等をこすれば女はたちまち前後不覚になり、気をやるものなり。』とある。

はあ~、オヤジこれが好きだったのかあ~!

俺も家内に足を上げさせオマンコ満開させて垂直にズブ~ッが大好きなのだ。
これって・・・。