欲求不満なヤリマン女の口に大量放出

この体験談は約 5 分で読めます。

半年ほど前、1年前くらいによく飲んでたメンバーと久々に飲むことになって、新宿の居酒屋で10人くらいで飲んでました。
男7人女3人だったかな?
(途中で来たやつとか、ちょこっといて帰ったやつとかいて人数はよくわかりません)
俺は1時間くらい後れて合流しました。

そのときにすでに一人の女が出来上がってて、「D君、おーそーいーよー、こっちに来て挨拶しなさい!」てな感じで彼女の横に座りました。
みんな久しぶりだったので、その後も速いペースで飲んでました。
1時間ほどするとみんな仕事とか終電とかで帰ろうか、という話になりました。
その頃、彼女は飲みすぎたのかいつの間にか寝てしまっていました。

なんとか彼女を起こして会計をして店をでたのですが、彼女が「私もっと飲みたーい!飲みに行く人~!」と言いだしました。
ある一人が、「お前飲み過ぎだから帰ったほうがいいよ~」と言うと、「やだ!もっと飲む!」と言ってギャーギャー騒ぎ出しました。
みんな面倒くさいのと、明日もあるということで、電車が同じ俺が連れて帰るということになりました。

なだめたりしてつれて帰ろうかと思ったのですが、酔ってて言うこと聞かないし、俺も少し酔ってたので、「それじゃあどっかでちょっと飲もうか?」ということで個室バーみたいなところに入りました。
ちょっとした摘みとカクテルを頼んで他愛もない話をしていたのですが、彼女が突然、「最近エッチしてる?」って聞いてきました。
そのとき俺は彼女もいなかったので、「ここのところは全然してないねー」と言いました。

彼女「エッチしたい?」

俺「そりゃエッチはしたいけどねー」

彼女は、「そっかー」と言うと、突然俺の腿に手を伸ばして触ってきました。

俺「◯◯、エッチしたいの?」

彼女「最近全然してないんだよねー」

そう言うと、いきなり俺もモノに手を伸ばしてきました。

彼女「ふふふ、なんかおっきくなってきたー。こんなところでおっきくなったらズボンの上からでもわかっちゃうねー」

などと言ってどんどん激しく触ってきました。

俺「ここじゃまずいだろー。やるなら別の場所じゃなきゃだめだよー」

冗談ぽく言いましたが、それでも酒を飲みながら俺のを触り続けていました。
酒がなくなり、「もう一杯くらい飲んだら出ようか?」と言いました。

彼女「そうだねー。もう一杯くらい飲もうかー、私同じのね」

ボタンを押して店員を呼んだんですが、ボタンを押した後もずっと触り続けていました。
もう俺のモノはビンビンになっていました。
店員に見られるとさすがにまずいので、彼女の手をとってモノから離させました。

彼女「あーこんなになってるのにそんなことしていいの~!?口でしちゃうぞ~!」

それはもうデカい声で・・・。
もう彼女は酩酊状態でした。
注文をした酒が来ると、「もうこれで邪魔者は来ないねー」と言い、とファスナーを下ろし始めました。
俺も酒が回ってきて、だんだんどーでもいいや状態になってきたので、「ここでイカせてくれたら、あとで俺もいっぱいイカせてあげる~」みたいなことを言いました。

彼女「OK。じゃあいっぱい気持ちよくしてあげるねぇ」

彼女は軽く口にキスしたあと、カクテルの氷を口に入れて俺のモノを咥えてきました。
氷の冷たさと、彼女の舌の温度の差がものすごい気持ちよくて、場所を忘れて彼女の胸を触ったり、彼女の乳首に氷をつけたりしました。
彼女もだんだん気持ちよくなってきたのか、フェラのスピードが上がってきました。

彼女「ねぇ、私ももっと気持ちよくなりたいよ・・・ホテル行こ?」

俺「ここでイカせてくれたら後でいっぱい気持ちよくしてあげるよ」

そう俺が言うと、さっきよりも激しくフェラをしてきました。
口に唾液を含んで、ジュポジュポと音を立てながら激しくフェラをされました。

彼女「ねぇまだイカない?早くイッて・・・口に出していいから・・・」

彼女は場所も忘れたのかものすごい音を立てながら舌を激しく動かし、必死に俺をイカそうとフェラをしました。

俺「ん、もうイキそう。口に出すよ!」

彼女「ん・・・早く出して・・・」

ジュポジュポジュポ・・・!

俺「イクよ!」

彼女「んーーー」

久々だったので、すごい量を彼女の口に出してしまいました。
彼女はちょっとむせながら、俺の出したものを全部飲んでしまいました。

彼女「いっぱい出たー。すごい濃かったよ~、味すごい濃かった。次は私の番ね~」

俺「んじゃ、ここじゃなくてホテルでゆっくりね」

彼女「え~それじゃ早くホテル行こうよ!」

彼女に手を引かれて店から出ました。
ホテルに入ると彼女はすぐに服を脱ぎだし、俺の服も脱がし始めました。

彼女のスペック。
身長150センチ、Eカップ(?)。
痩せてるわけでもなく太ってるわけでもなく普通の体型だと思います。

彼女「汗かいちゃったからシャワー浴びようねー」

一緒にバスルームに入ってキスをしながらお互いの体をボディシャンプーで洗いました。
そのときすでに彼女のはビショビショでした。

彼女「あぁ気持ちいい・・・さっき焦らされたから、んっ、もっと気持ちよくして・・・」

俺は彼女の乳首を舐めながらクリを撫で回しました。

彼女「あっあっあっ凄い気持ちいい!もう立ってられないよ~」

俺「だめだよ~もっと気持ちよくしてあげるから、壁に手をついて我慢してごらん」

バックから彼女の中に指を入れて激しく動かしました。

彼女「もうだめ・・・私も久しぶりだからおかしくなっちゃう・・・」

彼女の腰が動き始めて、足はすでにガクガク、なんかつま先立ち状態になっていました。
バスルームにローションがあったので彼女の胸にローションをつけ、両手で揉みしだきながら俺のモノで彼女のを擦りつけました。

彼女「もうだめ、早く入れて!おかしくなっちゃうよ~~」

俺「だめだよ、一回イッてからじゃなきゃ入れてあげないよ」

彼女「もういっぱいイッてるもん、だめ、イッちゃう、もうおかしくなっちゃう早く入れて!」

俺「そんなに欲しいの?どこに入れて欲しいの?」

彼女「私の中に早く入れて!わかってるくせに・・・」

俺「何を◯◯のどこに入れて欲しいの?」

彼女「・・・おちんちんが欲しいの!」

俺「どこに欲しいの?」

彼女「私の・・・お・・・おまんこに入れて!」

俺「それじゃ入れてあげる」

彼女の奥まで挿入すると、彼女はよほど気持ちよかったのか一気に愛液が溢れてきました。

彼女「あ~、すごいよ~」

もう絶叫状態です。
激しく後ろから突いていると、すでに彼女はわけわからない状態で、腰を激しく動かしていました。

俺「だめだよ、そんなに自分で動かしちゃ。約束通り俺が気持ちよくさせてあげるんだから」

彼女「だって・・・」

俺「そんなに気持ちがいいの?」

彼女「すごい・・・」

俺は奥まで挿入して激しく突きました。
彼女はもう悲鳴に近い声で喘いでいました。

彼女「もうだめ・・・もういっぱいイッちゃった。もうだめ・・・」

もう彼女の中はヌルヌルで熱くなっていました。
久しぶりの生だったので、そろそろ俺も限界になってきました。

俺「ねぇ。どこに出したらいい?」

彼女「中はだめ!中じゃなかったらどこでもいいよ・・・。口でもいいよ・・・イキそうになった教えてね」

俺「うん・・・もうすぐイキそう」

ラストスパートをかけると、彼女はもう声になっていませんでした。

俺「イクよっ!」

彼女の口にモノを入れて一気に放出しました。
彼女は最後の一滴を絞りだすように強く吸ってきてました。

彼女「さっきいっぱい出したのに・・・こんなにいっぱい・・・すごい気持ちよかったよ。でもさっきよりちょっと薄いみたい。ふふふっ」

シャワーを浴びせようと彼女を立たせると、足がおぼつかないのかへたり込んでしまいました。

俺「なんだー、もう立てないの?」

彼女「だって、すごいかったんだもん。もう腰が立たないよー」

先にシャワー浴びて俺は先にシャワーを浴びて、ベッドで横になっていました。
彼女がバスルームから出てきてベッドに潜り込んできました。

彼女「さっきはすごかったよー。久々にエッチしたから眠くなっちゃった。ゆっくり寝ようね、お休みー」

俺「お休みー」

朝、起きて一緒に朝ごはんを食べて、「また今度エッチしようね」と言って別れました。
今でもたまーにあって、飲んだりセックスしたりしますが、このときが一番燃えたセックスでした。