3年通った熟女デリでオキニにも店員にも裏切られた

この体験談は約 4 分で読めます。

いつも行く熟女風俗があるんだが、お気にの嬢を予約する為に電話すると、「突然辞めてしまったんですよー」って店員から告げられた。
3年も通い詰めてたのに、何の別れの挨拶もなしで辞めてしまったことにすげーショックを受けた。
店外デートをしようとか、本番しようとか、そんなことは一度も言ったことはないし、優しくプレイしてたし、俺はこの嬢にとって良い客だという自負があったので超傷ついた。

頭では、あくまで客として接してくれているだけに過ぎないって分かっているけど、やっぱり3年も通っていると心は違う。
お気には俺好みのつり目の美人おばさんで、3年通うと情も愛情も湧いてしまうのが人間だ。

でも、居なくなったものはしょうがない・・・。
何かしら訳ありだったのだろう・・・。

そう自分に言い聞かせて俺は電話を切ろうとした。
電話する前はやる気!元気!チンポ!だったが完全に萎えてしまい、風俗に行く気すらなくなってきたんだが、電話越しに仲良しの店員が、「代わりに、◯◯さん(俺)にオススメのつり目の四十路おばさんいますよー。1回どうです?試してみませんか?」と言ってくる。

3年も通っているから、俺はこの店のお得意様である。
そんな俺に地雷嬢を派遣するわけないだろう。
俺も店員を信頼していたから、萎えた気持ちとチンコにググっと元気を入れて、そのオススメ嬢を派遣してもらうことにした。

そして数時間後、1人でラブホに入って待っていると、ようやく店員オススメのデリ熟女がやってきたんだが、ドアを開けた瞬間に俺は超悲しくなった。
確かにつり目だが、太っていて、人相の悪いつり目なのだ。
店員は俺がつり目美人が好きってことを知っているはずなのに、殺人犯みたいなつり目の太ったババアを寄越しやがった・・・。
3年も通って、俺は店員にも裏切られたのだ。

人相悪いつり目ババアはズカズカと部屋に入り、店員に確認の電話している。
そして電話を切ると俺ににじり寄ってきてキスしてくる。

「さぁ一緒にシャワー浴びましょうねー」

お気にだったつり目美人と違い、繊細さのかけらもないババア。
が、金だけ払ってこのまま帰るのも胸糞悪い。
で、一緒にシャワーを浴びたんだが、二度の裏切りが紳士な俺を変えたのだ。
前のお気には絶対しなかったが、人相が悪い殺人犯みたいなおばさんの垂れた胸を乱暴に揉んでやった。
乳首をぎゅっとつねったり、キスしながら激しくデカ尻を揉みまくったり、便所女を扱うように愛撫してやった。

「あっ、ちょっと~、おっおっ、お客さん激しすぎますよ~、あっぁん」

不細工つり目おばさんを無視して俺はマンコに2本の指を突っ込んで高速手マンをした。
高速手マンは痛いだけで気持ちよくないと常々女性から聞いていたので一度もしたことがなかったが、俺は怒りを発散させるように手マンし続けた。
すると・・・。

「あっ、あぁん、イッ、イクぅ、イッちゃうぅうううう!」

不細工おばさんは潮吹きしながら絶頂しやがった。

(痛くねーのかよ?頑丈なマンコしやがって!)

さらに手マンしてやろうとすると、ババアは俺のチンコを握ってしごいてくる。

「もういいわよー入れて、入れていいよぉ~、好きにしてー、あぁんおちんちん頂戴ぃー」

なんとババアは本番の許可を出しやがった。
3年通ったお気にの嬢とも一度もしたことないのに・・・。

(初対面で全然タイプじゃないデリヘル嬢がこうも簡単にセックスさせてくれるってなんだよ・・・)

複雑な気持ちになりながらも風呂場で、デブで不細工な熟女デリ嬢を立ちバックで犯してやった。

「すごいー、すごい気持ちいいぃー、体の相性抜群かもぉー、あぁー凄いぃいー」

脂肪で弛んだお腹や尻を弾ませながら感じまくっているババア。

(俺が抱きたかったのはこいつじゃない・・・)

そしてまた同じフレーズが頭をよぎる。
お気にとは3年通って1回も本番しなかったのに・・・。
なんでこのブスとは1回目からこんな風になっちまんだよ・・・。
色んな感情がごちゃ混ぜになりながら、俺は腰を振り、コンドームに射精した。

射精してもスッキリしないセックス・・・。
余計にモヤモヤしてしまう。

(もうこの店に連絡することはないな・・・)

まだ時間はたっぷりあったが、帰る用意をしているとババアが呟いてきやがる。

「えーもう終わりにするのー?何か用事でもできたの?そうだ!LINE交換しましょ。プライベートでも抱いてくれる?」

なんだよそれ・・・。
まぁLINE交換したけどさぁ・・・。

ババアはレイプ気味な乱暴なセックスが気に入ったらしく、オフでタダマンさせてくれるって言ってきやがる。
人生ってほんと上手くいかねーなぁって思う。
ムラムラした時、このババアを呼び出して無料でヤラせてもらっているが、ヤッている時にやっぱりお気にだった嬢のことを思い出して虚しさが募る。