SNSで知り合ったドMの30歳の女をパイパン調教

この体験談は約 4 分で読めます。

数年前のアダルトSNSが流行ってた頃。
そこで知り合った30歳の『カオリン(ハンドルネーム)』とは気が合い、よくメールのやり取りをした。
Mっ気があり、露出やちょっと変態なSMプレイにも興味があると言ってた。
俺(26歳)も興味があったので話が弾んだ。
お互いネット上だけに大胆な発言も。
それからスカイプで直接会話、さらにビデオチャットへ。

今思うと、ハーフじゃなかったけどホラン千秋に似てた。
胸は小さくてBカップと言ってたが、実際はAカップだった。
好みのタイプだったし、住んでる場所も割りと近かったので、「実際に会おうよ」と誘ってみた。
最初は渋ってたが、休日に会うことに。

新しく出来たショッピングモールで待ち合わせ。
ちょっと緊張してるカオリン。
話し合って決めた、ミニ丈のサマーワンピを着て来てくれた。
ノースリーブで脇の所がざっくり開いてて、下に着ている白いキャミが見えてる。
ピンクのブラも透けて脇から見える。

「そこでコーヒー飲んでるから、ワンピースの下の脱いできて」

「えっ・・・キャミ?下着?」

「全部・・・パンツも・・・。さぁ、早く」

俺が促すと、「は、はい・・・」とトイレへ向かうカオリン。

10分くらいすると戻ってきて向かいの椅子に座った。
顔を真っ赤にして俯いている。

「ちゃんと脱いできた?脱いだの見せて?」

そう言うとトートバッグの中身を見せるカオリン。
白いキャミとピンクの上下の下着が綺麗に畳まれていた。

「勃起した乳首の膨らみが見えてるよ」

「た、勃ってません・・」

腕で胸を隠すカオリン。
脇からオッパイが見えそうだ。

「小さい乳だから横から見えそうだね」

「や、やめて・・・」

両手で胸を隠すカオリン。

「気を付けないとミニだから中も見えちゃうよ」

「いやっ・・」

片手でワンピの裾を掴むカオリン。
そうやって言葉で虐めた。
カフェを出てショッピングモールをブラブラと歩く。

「今の男、見てたよ・・・胸を・・・」
「エスカレータで上がる時、中が丸見えだったよ」
「意外と濃いんだね、全部剃ってあげるよ」

耳元で囁いて虐めた。
終始、真っ赤な顔で俯くカオリン。
何かモジモジしてる・・・濡れてるようだ。
後で確かめると内腿まで垂れるくらい濡れていた。

バックヤードの入り口で死角になってる所で後ろから抱きつき、振り向かせてキスした。
身長差があったので上から覆いかぶさる形で舌を挿れると絡めてきた。
片手を脇からワンピの中へ入れて直接貧乳を揉み、乳首を摘むとビクンビクンするカオリン。
もう片方の手をワンピの裾から入れて股間を触ると、内腿までヌルヌルに濡れていた。
指を割れ目に沿って擦り、クリを撫でると、「あふっ・・・あん・・・」と塞がれた口から色っぽい声を漏らして身体をビクンビクンとさせた。

ビンビンになった股間をカオリンの腰の辺りに擦りつけた。
後ろに手を回してカーゴパンツの上から擦ってくるカオリン。
今でもすぐに交わりたい気持ちだったが、人の気配がしたので離れた。
ちょうど従業員が通った。

場所を移動しようと俺の車が停めてある地下駐車場へ。
車を停めて場所は隅のほうで人気もなかったので、我慢できなかった俺は車のテールゲートに手をつかせて立ちバックでカオリンに挿入した。
ヌルヌルだったので簡単に入った。
熱くてキツくてヌルヌルで気持ち良かった。
それにキュッキュッと締め付けてくる。

「ぅううう!あん!」

声を漏らすカオリン。
斜め下から突き上げる形でガンガン突いた。

「ああん!いや!だめ!あんあん!」

大きな声で喘ぐカオリン。
声が駐車場に響く。

「人に聞かれちゃうよ」と言うと片手で口を抑えるが、「あんあん・・・ぅうあん」と声が漏れる。

膣の締まりがだんだんキツくなってきて、カオリンの身体が小刻みに震えだしてイク寸前だとわかった。
グググッと膣が締まった瞬間に抜いて、外で射精した。
間一髪だった。

イッたカオリンは崩れ落ちそうだったので抱えて助手席に座らせた。
運転席に座り、「舐めてキレイにして」と言うと、トロンとした目でお掃除フェラをしてくれた。

そのままラブホへ直行して2回セックスした。
2回ともナマで、1回目は腹出し、2回目は飲ませた。
飲精は初めてだったらしい。

ソファにM字で拘束して、約束通りに下の毛をキレイに全部剃ってパイパンにしてあげた。
ツルツルのパイパンにすると、貧乳で小柄な身体は少女のように幼なく見えた。

そして目隠しをして、ホテルで買ったローターで虐めた。
身動きできないカオリンを寸止めして虐め抜いた。
スマホで動画と写真も撮影。
言葉でも虐めた。

「イカせて下さい」と泣くカオリンに拘束したまま挿入。

その幼く見える身体とはアンバランスな絶叫系の喘ぎ声をあげまくりイキまくる姿に萌えた。

恥ずかしそうにツルツルのアソコを見つめるカオリンの顔が忘れられない。
すっかり従順なドMちゃんになったカオリン。
今度会う時はお尻を弄っちゃおうか。
そのうちアナル処女も頂くつもり。

「今度会う時までパイパンをキレイにお手入れしてなかったらお仕置きだよ」

そう伝えて駅で別れた。