ガリブサメンの童貞が風俗に通い詰めて・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

まず俺のスペック。
21歳、180センチ、60キロのガリブサメン大学生。
彼女いない歴=年齢の童貞。

大学生になったら彼女が出来ると思って入学したが、1年経っても彼女が出来なかった俺の性欲は爆発寸前だったんだ。
そんな時、事件が起きた。
俺の童貞友達が全員彼女を作ったのだ。
友達から聞かされる生々しい性体験。
もうこの性欲を1人では処理しきれないと思った俺は風俗に行くことを決意した。

一昨年の12月の寒い夜、俺は風俗街に諭吉を握り締めて行った。
下調べはしなかった。
俺の作戦は、居酒屋のキャッチと同じ要領で声を掛けられて、値段交渉で安くしようというものだった。
そして歩くこと30分。
ついに薄汚い親父に話しかけられる。

親父「お兄ちゃん!この娘どうだい!今なら本番もあるよ!」

そこに見えたのは素人目にも分かるフォトショ修正されたゴブリンだった。
それでも性欲がピークに達していた俺は「本番」という言葉に負けて聞き返してしまった。

俺「・・・いくらですか?」

親父「2万でどうだ」

俺「今、手持ちが少ないんですよ」

親父「じゃあ1万5000円でどうだい?」

俺「1万円しか持ってないんですが」

親父「え、1万!?それじゃダメだ。帰れ帰れ」

俺「本番は無しでいいんで!」

胸倉を掴まれた。
あぁ・・・これはダメなんだなと察した。

親父「てめー舐めとんのかあ」

俺「サ、サーセン」

親父「この界隈じゃそんな金じゃ出来ねーンだよ、ぼけ」

よくわからない罵声を浴びせられる。
その後、平謝りでその場を抜けた俺は、風俗にはもっとお金が必要だと理解し、出直すことにした。

それから1週間、俺は2chの風俗スレを見ながら相場と優良店を探した。
しかしこの時、性欲任せの勢いは失われ、恐怖心が自分の中で増えていた。
そして辿り着いた結論が、手コキ→ヘルス→ソープの順でレベルを上げていけば風俗に慣れることができるということだった。
上に行くほど値段が上がるので、貯めつつ行こうと思ったのだ。

そしてついに俺は行動に移した。
手コキ30分3Kの店へ行った。
前回のような受動的なキャッチとは違い、自発的に風俗店に入るのはとても恥ずかしかった。
学生に思われたくなかった俺はスーツで行った。
下らない見栄である。

手コキ店の周りで俺は1時間以上ぶらぶらしていた。
その間、キャッチの兄さんに声を掛けられまくるが全て無視だ。
ついにキャッチの兄さんに何してるのか聞かれ、手コキ店に入るのが恥ずかしいことを伝えたら一緒に来てくれたw
テラいい兄さんwww

兄さん「この子、30分フリーでお願いできる?」

などと兄さんが話をつけてくれた。
そして俺は野口3枚と別れを告げた。

注意事項を聞かされた俺は部屋に案内された。
一番安いこのコースは純粋な手コキのみでお触りは禁止だった。
下調べしても知らなかった情報に俺は少しショックを覚えた。

4畳程の小さな部屋に椅子と机とテレビ。
テレビにはAVが置いてある。
嬢が来るまでの間、俺はとりあえず椅子に座り、そのAVを観ていた。
緊張で勃起なんかしなかった。

体感では10分くらい経って嬢が入ってきた。
俺は就活生が面接を受けているかのような姿勢になった。
嬢は黒木メイサ似の黒髪Cカップくらいの胸。
年齢は25歳くらい?
香水がきつかった。

メイサ「初めてなんだってー、ありがとねー」

俺「イエ!ヨロシャッス」

メイサ「うわー、心臓バクバクいってるー!」

俺「緊張してます・・・」

メイサ「あなたの初風俗いただき!」

俺「ア、アリガトウゴザイマス」

メイサ「なんでうちの店に来てくれたの?」

俺「値段が・・・安くて」

メイサ嬢「あーわかる!うちのお客さん、みんなそれ言うんだよねー!」

などと話をしながら俺の息子へ手が伸びる。

メイサ「うわーギンギン!」

ここ最近、こんなに至近距離で女と話す経験なんてない俺はすでに勃起してた。
ここでメイサがタイマーをセット、慣れた手つきで俺のズボンを下ろす。
そして人生で初めて他人に見られる勃起状態の息子。

メイサ「こうやって触るだけでもっとおっきくなるなんて変態だねーw」

俺「ハヒッ」

亀頭をクリクリされ、玉の裏を撫でられ、俺はすでに爆発寸前だった。
ちなみにここに来るために3日間オナ禁していた。

メイサ「もっと体見たいなー」

そう言いながら俺のワイシャツを脱がしていく。
お触りはNGのはずなので動揺する俺。

メイサ「私が触るぶんにはオッケーでしょ?」

上半身も裸になった。
ついに露わになる俺の体。
メイサが俺の乳首を責める(指で)。
その時、ドレス越しに嬢の胸が俺の体に当たる。

メイサ「あぁーおっぱい当たっちゃった♪」

今までも当たっちゃったりしたことはあるが、ここまでしっかりとおっぱいが俺の体に密着したのは初めてだ。
当然股間は反応。

メイサ「あれれ、おっぱいに反応しちゃったの?エッチなんだからw」

そして乳首責めしていた手が股間に、思わず声が漏れる。

俺「アフゥ!」

メイサ「あはは、エッチな声wもっと声出させちゃおう♪そーいえばここが痒いんだけど、君ちょっと掻いてくれない?」

そう言って俺の手を取って胸に押し当てた。

俺「ヒャッ!でもこれって・・・」

メイサ「いいのいいのwww痒いんだからwww」

そう言いながらブラの中に手を入れた。
生おっぱいを生お触り。

メイサ「うわーwww超反応してるーwww一番痒いのは、頂点のポチってしてる所だよー」

俺「いいんですか?ヌフ!」

こうして俺はおっぱいに触りながら手コキをしてもらい、もう限界だった。

俺「ウゥ。イキます!イキます!」

メイサ「いいよ!出して」

こうして嬢の手の中で果てた。
こんなに出たのは中学の時以来だと思うくらいの量だった。

メイサ「うわぁ、いっぱい出たねぇw今拭くからちょっと待っててね」

手の中だけでは収まらなかった種達は俺の腹の上にも出てた。
このコントロールはプロだったなぁと後日俺は思った。

処理されながら、メイサの「手コキ店だから性病の心配がない」っていう話に相槌を打ちながら賢者タイムを迎えていた。
しかし賢者タイムなのに、(何やってんだろ・・・俺・・・)という感じではない。

(俺・・・ついに女の味がわかったぞ・・・)といった感じになっていた。

そう、俺の風俗への恐怖心はなくなったのだ。
店を出た俺は家に帰って、この思い出で抜いた。

次は女の裸が見たいと思い、ネットで情報収集をした。
俺は、興奮するAVランキングトップ5入りしていて、人生で一度はやりたかったマットプレイが出来るヘルスに狙いを定めた。

手コキから1週間後、俺はマットヘルスの店に来た。
前回のように店の前でブラつくことはもうなかった。
手慣れた気分で受付でフリー入場をした。
手コキ店ではそのまま部屋で待機させられたが、ヘルスでは待合室で待機することとなる。
待合室には先客が3人。
汚い親父2人と、中間管理職といった感じのサラリーマンだ。

俺は明らかに浮いていた。
見栄を張るためにスーツを着ているとはいえ、どう見ても新入社員といった年齢だ。
しかし先客は歴戦の兵だった。
そんな俺を一瞥しただけで物珍しい目で見ることはなかった。
そんな先客達との静寂なる待機時間を終え、俺の番号が呼ばれる。
注意事項は前回と違い、本番行為の強要についてを念押しされた。

扉が開いた先にはキタエリのような嬢がいた。
年齢は20代前半、胸は小さめだ。
先に言っとくと、俺は興奮出来たんだけど、エリは事務的なプレイで有名な子だった。

エリ「今日はよろしくねー」

俺「ヨロシクオナシャス」

エリは俺の手を取り部屋へ入って行った。
部屋は人が2人寝れるシャワールームとベッドがあるシンプルな構造。
築年数は結構経っているのだろうか、所々汚い。
などと部屋を観察してると、エリが服を脱ぐのを促す。
全裸になる俺。
俺の服を畳んだら、エリもすぐに服を脱ぐ。

(おおおおお、生の女の体だー!)

俺はフル勃起した。

エリ「マット準備するからちょっと座って待っててねー」

俺はベッドに座り、準備しているエリをガン見していた。
本物のアソコが見えた。
フル勃起の限界突破を体感した。
先述のように12月だった当時はとても寒く、震えていたが、それはこれから触れるであろうこのエリの体に対する武者震いであると錯覚していた。

そうこうしてると準備が完了したらしく、エリからマットにうつ伏せになるように言われた。
もうこの時点で俺は天元突破フル勃起していた。

エリ「うわ、めっちゃ勃起してるwwwマットが破けちゃうかもwww」

俺「実は・・・こういう所は初めてで・・・」

エリ「え、マジwなんで初めてなのにイメヘルに行かなかったの?マットって普通のプレイに飽きた人が来るんだよ?」

俺「マットプレイに憧れてて・・・それに・・・彼女とか出来そうになくて・・・」

エリ「へー変わってるねーw」

などと会話をしつつ、俺の体にローションが塗りたくられる。
そしてエリが俺の体の上に乗った。
おっぱいが背中に当たってるwww
ぽつんとしてるコレが乳首かwww
背中を舐められたり、ローションまみれの体が行き来したりと、すっかりマットプレイを堪能していた俺。

エリから仰向けになるように指示。
背中を超える刺激がそこにはあった。
乳首を責められると声が漏れる。

俺「アッ、フッ」

足やら手やらに股間を押し付けるエリ。
その度に、(当たってるwww当たってるwww)と興奮する俺。
しかし、ここである出来事が。
プレイも盛り上がってるところで俺は失敗を犯してしまう。

「絶対に動かないで」と言われていたのに、あまりの気持ちよさに動いてしまい、エリがマットから落ちてしまった。

俺「ア、だだ、大丈夫ですか?アワワ・・・」

エリの顔が一瞬怖い顔になっていたのが見えた。

エリ「もー、動かないでって言ったでしょー。ヌルヌルだからマットから落ちちゃうんだからー」

それ以降のプレイは、やらかしてしまった罪悪感が残ってしまった。
会話もほとんどなくなり、いよいよ気まずくなる。
それでも出すもんは出したいのである。
ローションプレイだからこそできる素股で果てた。
体への刺激だけで頂点に達したのだった。
プレイ後はローションを洗い流し、帰り際にエリからキスをされた。
が、初キスではないし、こんな事務的なキスは嬉しくなかった。

俺は家に帰って2回抜いた。
そして、2回の風俗での反省点を自分の中で吟味した。

その結果、エリからも言われたように、普通の風俗に行くことにした。
まだちゃんと体を見たこともないし、おっぱいにしゃぶりついたこともない。
エリとのプレイは全て受け身だったからだ。

そしてその2週間後、給料の入った俺は、エリの店の近くのイメヘルに行くことを決意した。

<続く>