プライベートで触診してくれたアラサーの女医さん

この体験談は約 3 分で読めます。

最近朝立ちも元気なくて、(インポになったのか?)と不安になる。
チンコの勃起率が悪いと全てに自信がなくなるのが男である。

意を決し、勤務先近くの病院へ。
とりあえず健康診断してもらうつもりで。

緊張したまま診察室へ・・・。

内科では珍しい女医さんだった。
年の頃は30代前半で、結構イケている。
女医なんて大体がババ臭いのが相場だが、この先生はスレンダーで長い黒髪をかきあげ、花柄のスカートなんか穿いていてなんとも色っぽい・・・。

「お名前は?」

緊張して上手く答えられないでいると、クスッと笑いながら俺の手を握った。

「どうしました?今日は」

「いや、けっ、健康診断です・・・」

「そうでしたね。じゃあ、まずお腹を見せて下さい」

お決まりの聴診器による触診と目の触診の後・・・。

「どこか悪いところはないですか?」

俯いて黙っていると・・・。

「私じゃ話しづらいかしら?」

「いえ、実は・・・」

上記の件を恐る恐る相談すると・・・。

「判りました。ちょっと見せてもらえますか?」

「えっ、ここで?」

「大丈夫ですよ。誰も来ませんから」

そう言うと俺を立たせてズボンとパンツを素早く脱がし、「失礼」と言いながら触診を始めた。
先生のいい匂いが鼻を突き、みるみるジュニアは硬直してしまった。

「う~ん、触診の感じでは異常ないですね。病気もないようですよ」

「でも、いざ女性との交わりの時になるとダメになるんです」

「今、特定のパートナーはいらっしゃるの?」

「いえ、ここ半年は全く女性との関係はないんです」

「そうですか。詳しく調べてみますか?」

「はい」

「今日は結構です。お疲れ様」

型通りの診察で、少々がっかりしながら診察室を出る。
支払いを済ませ、外に出て1時間くらい経った頃、携帯が鳴った。
見たことない番号だ。
出ると、さっきの女医さんだった。

「あの、なにか?」

「さっき忘れ物しましたよ」

「えっ?」

「私は今日は午前中だけの診察だから、後で届けてあげますよ」

「いや、今から戻りますよ」

「ゴメンなさい。後の患者さんが立て込んでるの。電話切るわね」

おかしな人だと思いながら、仕方なく近くの茶店で時間潰し。
しばらくすると、また電話。
待ち合わせ場所を伝えると、程なく彼女は現れた。

「えっと、何か忘れ物しましたっけ?」

「とにかく出ましょ」

彼女の車に乗せられ、しばしドライブ。
しばらくすると車を停め、おもむろに俺の股間を弄り出した。
唖然としているとチャックを下ろし、いきなりの触診。
またすぐに硬くなる。

「ねえ、私の治療受けてみる?」

上目遣いで色っぽい声を出しながら手は俺の股間をしごいている。
抵抗できないし、今にもイキそうになる。

「続きは・・・ねっ」

そう言うと速攻で近くのラブホへ。

「私、いつもこんな事しているんじゃないわよ。あなたが気に入ったからよ」

そう言うと速攻で俺の硬いモノを口に含んだ。
あまりの気持ちよさにそのまま口内発射。

「やっぱり大丈夫みたいね。さあ、今度は私を気持ちよくしてね」

半年ぶりの女性である。
無我夢中で先生の胸を吸い、揉み、やがてオマンコに・・・。
きれいなピンク色のクリを刺激すると大量の失禁。
頃合いを見てスキンを付けた。
すると・・・。

「今日は大丈夫だから、そのまま来て」

なんとナマOKのお誘い。
遠慮なく硬くなったジュニアを女医の中にブスリと差し込む。
自分でも信じられないくらい硬く、持続力も凄い。
体位を変えながらガンガン突きまくった。
先生は歓喜の奇声を上げながら目を白黒。
やがて2回目の射精感。

「イキます」

「来て!」

股間に締め付けを感じながら先生の中に半年ぶりの射精。
射精の度に先生はグイグイと締め付けてくるので気持ちよさも最高だった。

「できるじゃない!いっぱい出てるわよ、私の中に」

オマンコから流れ出すザーメンを指ですくいながらにっこりと笑っている。

「もう先生でしかイケないかも・・・」

「あらっ、それってプロポーズ?」

「お、おかしいですか?」

「いいの。私もそろそろなんて考えていたし」

その後、婚姻届を出し、一緒に暮らし始めた。
いつか先生を妊娠させたいと、日夜頑張って中出ししている。