セックスの才能が半端ないドMのブス

この体験談は約 5 分で読めます。

美穂:身長155センチ、体重60キロ、B98・W80・H95。
シャイな性格だがドMで敏感ですぐにイク女。

美穂とやるときはいつも風呂から始まる。
まずは美穂の巨乳からだ。
バカデカいFカップの巨乳を好きなように無茶苦茶に揉みまくる。
手で鷲掴みにし、乳首を舐め、噛み、顔を埋める。

美穂は敏感な女だ。
セックスの才能は伊達じゃない。
だから1、2分もすればマンコはドロドロになり、足はガクガクになり、淫声をあげる。

「んんんんんんん」

キスしながら巨乳を揉むと頭は真っ白だ。
美穂の手を取り、俺のペニスを触らせる。
恥ずかしそうに体をびくっとさせながらもペニスを扱き始める。
慣れてない感じがたまらない。
美穂の頭をペニスの前に押さえつけ、口を開かせ、無理やりねじ込む。

「んん!!!」

腰を振ってオナホみたいに使うと気持ち良すぎて俺も頭が真っ白になる。

一旦口から出してパイズリへ。
ローションを胸に垂らせて扱かせる。
胸で扱かせながらフェラをさせる。
ほんとにバカになりそうになる。
何度もイキかけるが我慢する。

そしてラストにイラマチオだ。
唇と喉で俺のペニスを扱かせる。
どんな声を上げようとお構いなしに扱き続け、出る瞬間に口から出し、美穂に扱かせる。

ドクドクドクドクドクドク!!!

「!!!!!!!!」

美穂のビックリした声と共に大量の精液を口の中で爆発させる。
その精液を美穂はすべて飲み込む。
教えてもいなければ強制もしていないのにだ!!

そのあとは俺のペニスを口で綺麗にさせシャワーを浴びる。
風呂からあがりベッドへ。
さっきのイラマチオで完全に興奮状態の美穂。

「早く。早く美穂にもしてください」

盛りのついた雌犬のように身体を押し付けてくる。
さっそく胸を揉みながら美穂のマンコを触る。
案の定、もうグチョグチョだ。
最初はただただマンコを撫でてやる。
優しく、強く、優しく、強く。

「あんん。んんんん。意地悪しないでください。もっと。もっと触って」

懇願する美穂の願いなどお構いなく焦らす。
クリを優しく触り、摘み、擦り、マンコを撫でる。

「んんんんんんん。やだ。やだ。もっと触って。イキたい。イキたいよぉぉぉぉ」

美穂がイキそうになったら触るのをやめ、落ち着くまで胸を責め、キスをする。
そしてまた触る。
次は中だ。
美穂のグチャグチャのマンコに指をいきなり突っ込んでやる。

「ああああああああああああああああ」

大声をあげて悶絶する美穂。
ローターをマンコに一気に突っ込みながらアナルを舐めてやる。

「ふああああああ。あああああああああ。だめぇぇぇぇぇ。だめぇぇぇぇぇぇぇ。いぐぅぅぅぅぅ。いぐぅぅぅぅぅ。いぐぅぅぅぅ」

指をアナルに入れ掻き回し、ローターをもう一つマンコに押し込み、クリを摘みあげてやる。

「ひいいいいいいい。だめぇぇぇぇ。だめぇぇぇぇぇぇ。お尻だめぇぇぇぇぇ。いぐ。いぐ。いぐぅっぅぅぅぅぅ」

だが決してイカせない。

「やだやだやだ。いぎだい。いがぜでぇぇぇぇぇぇ。もうじんじゃう。がばんでぎない。いがぜでぇぇぇぇ」

こんなことを1時間も続けたら美穂は完全にバカになっている。
バカにしておかないと後々のお楽しみがなくなってしまう。

「おでがいじまず。だんでもじまずからいがぜでぇぇぇぇ。おでがいぃぃぃ。だんでもいいがらいがぜでぇぇぇ」

「なんでもいいのか?ほんとになんでもいいのか?美穂の中に全部出してもいいのか?」

「いい。中にだじでもいいがらおねがいじまず。いがぜで。いがぜでぇぇぇぇぇ」

ここまで言わせればこっちの思うツボだ。
一晩中、何をしたってOKだ。
どんなに中で出そうが、マンコにローター突っ込みながらアナルに突っ込み全部中で出そうが合法だ。
あんただってそう思うだろ?

いよいよ美穂にゴムなし生挿入だ。
ローターを力任せに引き抜き、チンコをマンコに当てる。
美穂のマンコはホントに絶品だ。
どんなにローターやバイブを突っ込んでもいつまでもギチギチキツキツのままだ。
そんな美穂のマンコに一気に挿入し、ガンガン腰を振る。

「あああああああああ。いぐいぐいぐいぐいぐいぐぅぅぅぅぅぅぅ」

半狂乱の状態の美穂の声はSの人間にはたまらない。
たまらなくエロい。
しかもマンコもギチギチだ。
1分も経たないうちにイキそうになる。

「ああああ。いい。いい。いぐぅ。いぐぅ。いぐぅぅぅぅぅぅ」

「美穂もうイクぞ。出すぞ。美穂の中に全部出すぞ」

「だじでぇぇ。だじでぇぇぇ。美穂のながにだじでぇぇぇ。いぐぅいぐぅぅぅぅ」

ドクドクドクドクドクドク!!!!

「ああああああああああああああああああああああああああ」

俺はどちらかというと絶倫気味だ。
だから一晩で5、6回はできる。
精子の量も多い。
美穂のマンコはそんな俺の精子でいっぱいだ。
チンコを引き抜くと大量の精子がマンコから流れ落ちる。
1時間、焦らしに焦らされた美穂は身体を痙攣させながら倒れている。
そんな美穂にお掃除フェラをさせる。
無理やり頭を持ってきてチンコを舐めさせる。

「ほら、早く舐めろ。イカしてもらったんだから早く御奉仕しろ。全部、綺麗に舐めろ」

美穂は何も考えられない状態でひたすら俺のチンコを舐めている。
舌で亀頭から玉までいやらしく舐め、それが終わると口でひたすらチンコをしごいている。
そんなレイプ後の放心状態のような美穂のフェラで俺のチンコはまたギンギンになり、また美穂をベッドに押し倒し、俺はまた美穂を犯し始める。
美穂の口とマンコで中出しをしたが、俺のチンコはいまだギンギンだ。
未だ放心状態気味の美穂を四つん這いにし、3発目の中出しを始める。

「美穂ちゃーん?聞こえてますか?今から美穂ちゃんのアナルにチンコ突っ込むからね。美穂ちゃーん?聞こえてるーー?」

反応のない美穂のマンコにバイブを突っ込む。

「ひぃぃぃぃぃぃぃ。だべぇぇぇぇ。いっだばっだりだからだべぇぇぇぇ」

力任せにバイブを出し入れする。

「そごごっすっじゃだべぇぇぇぇぇぇ。やべでぇぇぇぇ。おでがいぃぃぃ」

「じゃあアナルにチンコ突っ込んでもいい?」

「いい。いいがらそごごずらないでぇぇぇぇ」

美穂のアナルにチンコを当て、思いっきり突っ込む。

「がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。おじりだべぇぇぇぇぇ。おじりはゆるじでぇぇぇぇ。じぬ。じんじゃうぅぅぅぅぅぅ。あだまバガになるぅぅぅぅ」

美穂のアナルが俺のチンコを締め付ける。
肛門で皮を剥かれた亀頭を美穂のアナルの肉壁が締め上げる。
さっきのバイブが入ったまま動き続けて美穂をイカせているから、アナルの中はグチャグチャとうねっているみたいな動きをしている。

「やだぁぁぁぁ。マンゴ脱いでぇぇぇ。おじり脱いでぇぇぇ。じんじゃう。じんじゃうぅぅぅぅ。いっ。いぐっ。まだいぐっっ。あっぐぅぅぅぅ。いぐいぐいぐいぐぅぅぅぅ」

バイブを抜き、代わりにローターを3つ突っ込む。
トゲトゲのついたやつだ。

「っぎゃぁぁぁぁぁ。だべぇぇぇぇ。だべぇぇぇぇぇ。マンゴじぬぅぅぅぅ。マンゴごわれじゃぅぅぅぅ」

そんな美穂の声を無視して、また美穂のアナルを貪る。

「っばぁぁ。うぁぁぁぁ。おじりやべでぇぇぇ。おでがいおでがいぃぃぃ。マンゴごわれるぅぅぅ。おじりごわれちゃうぅぅぅぅ」

そろそろ限界だ。
3回目だが30分も持たない。
美穂を無理やり何度も強制的にイカしながら美穂の懇願する淫声を聞いてたから俺のチンコも興奮しすぎでギンギン。
これ以上は無理だ。

「美穂そろそろイクぞ。お前の尻の穴にぶちまけるぞ!!!!」

「いっでぇぇぇ。いっでぐだざぃぃぃぃ。美穂のおじりにだじでぇぇぇ。っぎゃぁぁぁぁ。いぐいぐいぐいぐいぐいぐいいぐいぐいぐいぐぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」

腰を一心不乱に振りながら美穂の首を絞める。
さっきよりもアナルの締めもキツくなり千切られそうだ。
キンタマの中身を全部美穂の中に出す。

ドクドクドクドクドクドクドクドク!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

美穂のギチギチのアナルに3回目の中出しをした。
首を絞められながら美穂は何回目かわからない絶頂をし、痙攣しながらベッドに倒れた。
そんな美穂を置いて俺はシャワーを浴び、部屋を後にした。