知らなければ良かった妻の過去・前編

この体験談は約 3 分で読めます。

妻は変わってしまいました。
いや、元から淫乱だったことに気づいてしまったのです。
これを書いている今も、妻は色々な男女とありとあらゆる変態プレイを楽しんでいることでしょう。

現在、私は47歳、妻も同い年で、21歳と19歳の娘がおります。
妻とは学生の頃から交際しており、24歳で結婚しました。
お金持ちの家で育った妻は真面目で大人しく、それでいて芯の強い女性でした。
小中高と女子校であったため、私が初めての交際であると言っておりました。

私の方はと言うと、中高大とそれぞれ1人ずつの交際経験がありました。
しかし私がリードしたかと言うと決してそんな事はなく、むしろどちらかと言うと妻がリードしていました。
背は160センチと少し高め、程よい胸の大きさのスリムな美人でした。
しかし私は外見以上に、自分というものをしっかりと持っている妻が好きでしたし、尊敬もしていました。
子供が出来てからは少し太ってしまいましたが、女性としての魅力はむしろ増しているように見えました。
いつも身だしなみをきちんと整えており、近所からも上品な奥様として評判でした。

結婚してからも共稼ぎでしたが、3年前の冬から、娘達の学費を払うため、妻はより給与の高い会社に転職しました。
正規社員でしたので残業も多く、毎日9時頃の帰宅でした。
いつも私の方が早く帰っていたので、夕食は私が作るようになりました。
妻は疲労のせいか夜の営みを拒むようになり、その後半年以上していませんでした。
妻の服装は変わり、ミニスカート、暑化粧で出勤するようになりました。

ある夏の夜のことです。
その日はむせ返るような熱帯夜でした。
いつも10時には寝る私ですが、金曜日でしたので夜更かしをし、リビングで永井荷風の小説を読んでいました。
妻はいつもより遅い12時に帰ってきました。

(ん?)

私は妻の異変に気付きました。
妻の顔は恍惚としており、目の焦点が合っていません。
口からは涎が、鼻からは鼻水が垂れています。
そんな妻はいつもよりどこかエロチックでしたが、同時に獣くさい恐ろしさも感じました。

私は声をかけました。

「おかえり。どうした?」

「うんうん。なんでもない」

カラオケにでも行ったのでしょうか、妻の声はしゃがれていました。
妻はフラフラと廊下を歩いてきます。
妻の股間からは液がポタポタと垂れ、廊下を汚します。
そのまま、リビングのソファーに倒れ込んでしまいました。

「ガーガー」

妻は口を開け、涎を垂らしながら大きなイビキをかきます。
よく見ると目は半開きになっていました。

「おいおい、風邪を引くぞ」

妻を抱きかかえようとした、その時です。

「うっ」

妻の体から銀杏と酸っぱい汗、それにアンモニアが混ざった強烈な匂いが湧き出し、私の鼻を突いてきました。

「おえっ」

私は思わず吐きそうになりました。

その時です。
妻の股の奥からネバネバとした液が堰を切ったように出てきました。
吐き気を抑えながらミニスカートを捲ると、そこには強烈な光景が横たわっていました。
下着を穿いておらず、あそこの毛は全て無くなっていたのです。
しかしそれ以上に驚いたのは、クリトリスと両ラビアにそれぞれ1つずつ、ピアスがはめられていたことです。
おまけに赤い蝶の刺青がされており、よく見ると『淫乱』との文字が。

(なんだこれは!)と思いましたが、私の中の吐き気が急に性欲へと変化し、自分の体を妻の体の上に覆い被せました。

そのまま妻の中に私の一物を入れると、妻が「おっおっ」と低い声で喘ぎ出し、終いには・・・。

「おーーーーー!!ゲヅマンゴイグわあ。ギモヂいいわーー!!」

と叫びながら泡を吹き、白目を剥きながら気絶。
かと思うと、再び起き上がり私に接吻をし、また「おーーーーー!!ゲヅマンゴイグわあ。ギモヂいいわーー!!」と聞くに堪えない下品なセリフを叫びながら気絶しました。

こんな事をまるで寄せては帰る波のように繰り返し、私はクタクタになってしまいました。
娘2人が部活の合宿でいなかったことが、せめてもの幸いでした。
黒いソファーは筋状に白く変色し、リビングいっぱいに色々な男の精液と汗、そして小便の匂いが立ち込めていました。
最後に妻はブピーー!!と水しぶきを上げて失神しました。

妻の顔はまるで魂を抜かれた廃人のようでした。
体はピクリとも動きませんでしたが、それと対照的にあそこだけはヒクヒクと生き物のように蠢き、時折、精液とも本気汁ともつかぬ白い粘液をダラダラと吐き出していました。

(妻は不倫をしている、それも1人や2人ではない)

私は確信しました。
静かな短い夏の夜の夢でした。

<続く>