漫画喫茶で知らないおじさんにスカートの中を覗かれて

この体験談は約 3 分で読めます。

学祭の打ち上げで居酒屋で飲んでいたんですけど、私の家は大学から遠いので、終電に間に合うように一次会でドロンすることにしました。
しかし運悪く帰りの電車が事故で止まり、乗り換えの終電に間に合いません。
結局、早く抜け出した意味がないってゆー(笑)
これなら皆と学祭の打ち上げに残ってればよかったーって凄い後悔。

中途半端な駅で、この近辺には友人もいないし、どうしようと歩いていると、ネカフェ兼漫画喫茶がありました。
しょうがないので、ここで始発まで時間を潰すかと中に入り、いざ漫画を読み始めようとしたのですが、お目当ての漫画がやたらと分かりづらい上に取りづらい。
ようやく見つけたんですが位置が高い!
私は160センチあるんですが、手を伸ばしても無理なんです。
店員さんをわざわざ呼ぶのもなんだか悪いので諦めるつもりでした。

そしたら親切なおじさんが心配して声を掛けてくれました。
どうやら踏み台がセルフサービスのようで(笑)
おじさんも上段にある漫画が読みたいらしく、踏み台を押さえる代わりに読みたい漫画を取って欲しいとのこと。
もちろん引き受けました。

でもおじさんの様子がおかしいんです。
私の足元の踏み台をチラチラ見たり、台を押さえる体勢が変ですし、鼻息がフーフー言ってます。
すぐ気付きました。
スカートの中を覗いてたようです。
そのときはデニムのミニスカでしたが、私は膝の上まであるスパッツを履いてます。
おじさんが覗いてるのはスパッツです。
スパッツの部分は外から見えるのにどうしたの?(笑)

あんまりに必死なので、ちょっとだけ見やすいように脚を動かしてあげました。
視線がデリケートなとこに刺さります。
スパッツですが(笑)
もう少しだけ動かします。
チラ見をやめてガン見です。
話し掛けるとビクッとしてます。

私の顔も赤くなってたかもしれません。
支離滅裂な漫画を何冊も渡しました。
無駄に戻しもしましたし(笑)

時折、スパッツや膝の裏に何かが当たります。
おじさん、偶然を装って手の甲を当ててるみたい。
私はつい反応しそうになるのをこらえて本棚とにらめっこ。

するとおじさん、指を押し付けてじっとしています。
私もじっとしていると指でなぞり始めました。
上から下へ何度か往復します。
すごく恐かったです。
私が逃げないのを良いことに今度は手のひらで撫で始めました。
気づくと両手でお尻のすぐ下を優しく揉んできます。

おじさんに危ないから降りるように言われ、頷いてしまいました。
ニットの中に手を入れられ、胸の下や脇を指が撫でてきます。
突然おじさんは手を止めて、自分の座席に来るように誘ってきました。
私の返事を待たずに手を引かれ、そのまま連れ込まれてしまいました。

靴を脱いで上がると、おじさんは外から見えないように毛布をドアに掛けました。
ぼーっとしてると、口を塞がれました。
おじさんの前に跪かされて、しゃぶらされました。
私が、「彼氏にもしてあげたことがないのに」って言ったら、とても嬉しそうでした。

おじさんは私のスパッツを脱がそうとしましたが上手くいきません。
ちぎられそうな勢いだったので自分で脱ぎました。

「よく見せて」と頼まれて、脚を広げました。

恥ずかしくて目を瞑ってました。
あそこにすごく熱い吐息がかかって、どれくらいおじさんの顔が近いかがわかります。
いきなり口をつけられました。
ビックリして脚を閉じようとしても、開かれた状態でしっかり押さえられてて閉じれません。
声が出ないように歯を食いしばってました。

おじさんの膝の上に乗っかるように言われ、乗りました。
お腹の中でグニグニしてるのがわかります。
たくさん突き上げられました。
私が何か叫びそうになるたびに口を塞がれます。
最初は優しくでしたが、だんだん荒っぽくなってきました。

「誰かに見られちゃうかも」「声、聞かれてるかも」と言われたらめちゃくちゃ興奮しちゃって、最後の方は自分から腰を振ってしまいました。

軽く意識が飛びかけて、おじさんは何か言いながら私のお尻を押さえて突き上げて終わりました。

身支度をしてすぐに漫画喫茶を一緒に出て、そのあとホテルでたっぷりいじめてもらいました。
もうこの漫画喫茶には恥ずかしくて行けません(笑)